【書籍100日チャレンジ:私のお金の履歴書④】

【書籍100日チャレンジ:私のお金の履歴書④】

 

 

『100日チャレンジ:10日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『私のお金の履歴書④』です。

 

 

早いもので、『書籍100日チャレンジ』も、

スタートしてから10日が経過しました。

 

 

もう、『10分の1』の期間が過ぎた訳です。

 

 

『人生』全体もこれと同じで、

気付いたら一気に過ぎていくので、

日々大切に生きていかなければいけませんね(^_^)

 

 

自らスタートした絶賛開催中企画ですが、

ゴールの『7月25日』に向けて、

どんどん認知度高めて盛り上げていきたいです。

 

 

皆さん、本当にご協力お願いしますね(^_^)

 

 

さて、今日の本題に入ります。

 

 

昨日の記事では、

ダメダメ生活を歩んでいた若き日の私が、

『本』との出会いで変わる話をしました。

 

 

25歳から27歳までの3年間、

本当に、『お金』『ビジネス』と名のつく本は、

目につくものを片っ端から読みましたね。

 

 

平日、仕事しながらも『1日1冊』ペース。

休日だと、『1日2、3冊』は読めます。

 

 

かなりのハイスピードで読んでましたが、

それ以上に、『買うスピード』の方が断然に速い(笑)

 

 

社会人スタート2年目までは、

『浪費』で預貯金がない状態でした。

 

 

それが、社会人3年目は『本』に変わっただけです。

 

 

相変わらず、『お金』はあまり無かったですね(笑)

 

 

どれだけ『本』を買っていたかと言うと、

それを表すエピソードがあります。

 

 

当時、私は1DKの部屋に住んでましたが、

『DK:5畳』スペースは、本で足場がないほど埋め尽くされていました。

 

 

もちろん、本棚もあったのですが、

そちらは読み終わった本を置くスペース。

 

 

大量大人買いしてまだ読んでない本は、

紙袋のままDKスペースに置いていたのです。

 

 

常時、これから読む本が50冊〜100冊ある状態。

 

 

それくらい、読み漁る期間が『3年』ほど続きました。

 

 

そして、

 

 

私の人生における、

最大のターニングポイントは『27歳』の時です。

 

 

親父が、亡くなったこと。

 

 

身近な方々は知っているでしょうが、

1年7ヶ月の闘病の末、亡くなりました。

 

 

人間というのは自己中心的なもので、

まさか、自分の親が死ぬとは思ってないんですね。

 

 

私自身、自分の親は、

もっと長生きすると勝手に考えていました。

 

 

それが、一気に崩れ落ちてしまった。

 

 

当時は、平日は大阪で会社員として働き、

土日は地元・岡山に帰る生活をしていました。

 

 

文字にしたら、それだけですが、

体力的にも、精神的にもキツかったですね。

 

 

正直、最後の数ヶ月は、

記憶があまりありません。

 

 

ただ、

 

 

親父がなくなる前後で、

『人格』が全く変わってしまった事はわかります。

 

 

身近な人が亡くなる経験をすると、

世界の見え方も全く変わってしまいますね。

 

 

この経験を通して、私自身

『人生の本気度』が全く違ってきました。

 

 

『人生は、有限だ』

 

 

どこかの本で読んだ薄っぺらい話でなく、

細胞レベルでそれを『体感』してしまったのです。

 

 

『自分の命は、思っているより短い!』

 

 

『折角生まれてきたなら、才能を発揮しよう!』

 

 

『自分の好きな事をやって生きよう!』

 

 

『失敗より、挑戦しない方がダサい!』

 

 

この時、自分の中で変わってしまった価値観は、

今でも自分の中の根幹を成しています。

 

 

私の父親は、好きな事をやって生きる人間でした。

 

 

『それだから』、かも知れませんが、

周りを囲む人たちも素敵な人たちが多かった。

 

 

この事は、父親もよく自慢してましたね。

『俺の周りは、良い人ばかりやろ』、と。

 

 

実際、葬式でも多くの方々に見送られ、

本当に幸せな最期を送ったと思います。

 

 

そして、

 

 

それを見た私自身も、

『こういう風に、死にたい!』と思ったんですよね。

 

 

『死に方』は『生き方』を映す鏡。

 

 

自分もこのような『死に方』する為には、

まず、しっかり命を燃やして『生きる』必要があります。

 

 

この時から、本当にバシッと変わってしまいました。

 

 

本を大量に読む『意識高い系会社員』から、

実際に『行動』して、夢を『実現』していく人間へ。

 

 

20代前半から後半にかけての大きな変化。

これには、こんなストーリーがあったんです。

 

 

20代、30代、40代の同世代には、

同じように『行動』して欲しいですね!

 

 

明日からは、

実際に『アクション』をスタートした、

私のストーリーをお話させて頂きます。

 

 

また、楽しみにして頂けたら幸いです。

 

 

皆さんに、ご協力頂きたい事があります(^_^)★

 

 

①このFacebook記事をシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile