【責任】を引き受ける人間だけが、【自由】という権利を獲得する。

今日のテーマは、『責任を引き受ける人間だけが、自由という権利を獲得する』です。

 

 

今朝は、クライアントの女性が主催する『オンライン朝活』に参加しました。

 

 

遂に、朝活すら『オンライン開催』が常識となりました。

 

 

完全に『時代』ですね(笑)

 

 

私自身、

 

 

人生全体通して『リアル(対面)』を大切にしたい方針は、

今までもそうだったし、これからも変わらないと思います。

 

 

ただ、

 

 

『オンライン』を頭から否定するつもりなど、全くなく、

そこに『メリット』が存在することも、理解しています。

 

 

事実、

 

 

面談受講後『クライアント』になって頂いた方の限定セミナーは、

私自身、昨年(2020年)から完全にオンライン化しています。

 

 

既に、

 

 

『信頼関係』が強固に成り立っている方に対しては、この手段が、

場合によっては『リアル』を凌駕することも有り得ると考えます。

 

 

例えば、

 

 

私の『クライアントさん』は、関西圏に留まらず全国にいますが、

限定セミナー受講に、大阪までお越し頂くのは簡単な事ではない。

 

 

初回面談については、お互いの『雰囲気』を確かめる意味でも、

『リアル(対面)』でお会いしたいということは変わりません。

 

 

また、

 

 

家庭を築かれて、『お子さん』がいらっしゃる方々については、

『ちょっとした外出』も、想像以上にハードルが高くなります。

 

 

その点、

 

 

周囲の『受講環境』を極力機にすることなく受講できる事は、

ご家庭・お子さんをお持ちの方々にも『メリット』ですよね。

 

 

更に、

 

 

『オンライン化』の利点は、『距離』のハードルも超えることで、

今朝の朝活も、大阪にいながら、首都圏の方々と交流できました。

 

 

かと言って、

 

 

全てを『オンライン化』することがベストだとは考えませんが、

『リアル』とのバランスを取りながら、活動したいと思います。

 

 

『前置き』が長くなりました(笑)

 

 

それで、

 

 

今朝の朝活で、『自由』と『責任』について話したのですが、

参加者の『会社員』の方が、とても感銘受けて下さりました。

 

 

『今まで、そんなことを考えた事なかった』、と。

 

 

決して、未だ20代そこそこの若者という訳でなく、

40代後半から50歳ほどに見える男性参加者です。

 

 

朝っぱらから、まあまあ真剣な話をしてますね(笑)

 

 

『権利』を引き受ける人間だけが、『自由』という権利を獲得する。

 

 

タイトル通りの言葉です。

 

 

前述の方のように、『会社員』を長年継続した方々であれば、

人生に制限が多すぎて、『自由』の概念がないかも知れない。

 

 

確かに、

 

 

『自由』を獲得する最初のステップとして挙げられるのは、

何より、自らの『不自由さ』を自覚して、認識する事です。

 

 

私がよくする質問を、ここでもしてみましょう。

 

 

『時間』『場所』『お金』『人脈』『行動』etc.

あなたの人生で『自由』に決定できるものは有りますか??

 

 

恐らく、

 

 

『従業員』という立場では、自由に選択できるものはゼロです。

 

 

これは、簡単に証明することが出来ますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『時間』:就業時間にコアタイムがあり、会社に行かなければ怒られます。

 

『場所』:出勤する場所が決まっており、遠すぎる場所には住めません。

 

『お金』:給与は決まっており、『もっとくれ!』と言ったら怒られます。

 

『人脈』:仕事に支配される時間が大半の為、人脈の範囲も制限されます。

 

『行動』:業務内容は決まっている為、それ以外のことをしたら怒られます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

どうですか??

 

 

『会社員』という立場の方々が『自由』に生きようとしたら、

大人にも関わらず、まあまあの確率、怒られるんですね(笑)

 

 

『会社員』という立場の方々、ご自身の人生に『自由』がなく、

『主導権』を放棄して生きてしまっていることが分かりますか。

 

 

ストレートに『真実』を突き付けて、グリグリ突くと、

それが『正論』であればあるほど、怒られますね(笑)

 

 

ただ、

 

 

先ず『現実』を正しく捉えて、『現在地』を理解しないと、

その後、何かを『改善』することすら出来ないと思います。

 

 

繰り返しますが、

 

 

会社員の方々は、『自由(主導権)』を放棄する代わりに、

檻の中で生活する条件付きで『安定』を保障されています。

 

 

もしも、

 

 

自らの人生に『自由(主導権)』を取り戻したいと思うなら、

『安定』を捨てる代わりに、『責任』を引き受けることです。

 

 

同様のことで、

 

 

『義務』と『権利』の関係性も、良く言われていますよね。

 

 

世の中、

 

 

『義務』を果たさずに、『権利』のみ主張する人も多いですが、

『自由』と『責任』同様、どちらか一方だけは手に入りません。

 

 

その事実を、しっかりと理解してください。

 

 

昨日の公式ブログは、『新型ウイルス』を巡る対応を見たときに、

日本政府に対して、『年金』期待をしてはいけないと言いました。

 

 

私自身、

 

 

『新型コロナ』への対応や『年金問題』について憤りは感じますが、

本音を言えば、初めから期待も依存もしていないので、構いません。

 

 

ずっと以前から、

 

 

自らの人生に対して、『責任』を引き受ける生き方をしており、

『自由(主導権)』を得ているため、全く関係がないからです。

 

 

もちろん、

 

 

国民としての義務(?)を果たす為、年金保険料は納付しますが、

将来的には、『貰えたらラッキー♪』くらいしか考えていません。

 

 

人生において、唯一、購入(強制課金?)している『宝くじ』ですね(涙)

 

 

果たして、あなたは、どちらに魅力を感じるでしょうか??

 

 

『責任』を引き受けることなく、『自由』を放棄する代わり、

条件・制限付きの『安定』を求めることで一生を終えるのか。

 

 

それとも、

 

 

そもそも、自然界に存在しない『安定』が幻想と気付いて、

『責任』を引き受けて、『自由(主導権)』を獲得するか。

 

 

それぞれの『価値観』なので、善・悪はないと思います。

 

 

何かを感じ取られた方は、『具体的アクション』を起こしてみて下さい。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile