あなたは、『ボーダーレス化』の準備を進めていますか??

今日のテーマは、『あなたは、ボーダーレス化の準備を進めていますか??』です。

 

 

私事ですが、昨日(4月21日)、『36歳』になりました。

 

 

数字だけ見れば、『まあまあ、オッサンになったなあ』と思うものの、

社会全体から見れば、『まだまだ、若輩者やなあ』感が否めない数字。

 

 

何とも、『微妙なお年頃』です。

 

 

このご時世ですので、なかなか、『3密』イベントは開催できず、

今年の『誕生日』は、粛々と過ぎていくのだと想像していました。

 

 

ただ、

 

 

有り難いことに、SNSや個別メール等さまざまな媒体を通して、

100名を超える方々から祝福メッセージを頂き、感無量です。

 

 

私自身、

 

 

果たして、世の中に『価値提供』出来ているか、分からなくなる時もありますが、

この『公式ブログ』も、連日、楽しみにしてくれる方がいるのは、嬉しい事です。

 

 

これからも、

 

 

『資産形成(投資)』をスタートされる際、1つの『きっかけ』に、

『井上耕太』がなれればと考えていますので、引き続き、宜しくお願い致します。

 

 

では、『本題』に入ります。

 

 

昨日も少し触れましたが、先行する7都市圏において、

『緊急事態宣言』が発令されて、『2週間』という時が経過しました。

 

 

それでも、

 

 

今尚、日本国内の『感染者数』は、増大のペースを緩めておらず、

『アフター・コロナ』の兆しすら、見えていないというのが実情です。

 

 

先日出て来た報道では、

 

 

全国に拡大された『緊急事態宣言』の、5月7日以降の処遇については、

今月末からスタートする『GW期間中』に、審議・発表されるとのこと。

 

 

常識的に考えて、正直、『再開』は厳しいでしょうね。

 

 

冷静に考えて、『宣言延長』が妥当なところです。

 

 

本日(4月22日)夕方には、

 

 

兵庫県小野市は、蓬莱務市長が、同市内の小中学校・特別支援学校について、

『夏休みゼロ方針』を早々に打ち出したとの報道が出て、注目されています。

 

 

昨日の記事の中で、

 

 

『全学一斉留年説』について、少しだけ触れましたが、

確かに、『夏休みゼロ方針』を実行すれば、対応可能になるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

この『強行策』も、そもそも、『早急の学校再開』が前提条件であり、

それすら実行できない現状を見れば、実現可能性には疑問が残ります。

 

 

様々な場面で、『前例のない対応』が求められていますね。

 

 

原則として、『過去の判例』を判断基準にする傾向が強い、

『日本国民』としては、最も『苦手分野』かも知れません。

 

 

海外諸国に目を向けると、

 

 

『日本』よりも早期に、厳格な『ロック・ダウン』を敢行した都市も、

北米・欧州を中心に、未だ、その『制限解除』には至っていない状況。

 

 

先日の橋下・元大阪府知事の意見にもありましたが、

該当都市では、『経済的困窮者』が続出しているとの報道も有ります。

 

 

いつもは、

 

 

『天性の陽気さ』を誇る、ラテン民族の方々も、

『本当の危機』に直面しては、『なす術無し』といった所でしょうか。

 

 

それでも、

 

 

海外諸国の『経済支援』は、日本のそれより『まだマシ』であり、

現時点で、『対策未実行』なのは、先進諸国では『日本』だけかも知れません。

 

 

先日、

 

 

ようやく、国民1人あたり『一律:10万円給付』が決定し、

早ければ、GW明け5月7日から給付スタートされるとの報道が出て来ました。

 

 

ただし、

 

 

『アベノマスク』すら、未だ、手元に届いていない現状なので、

安心するのは、本当に給付完了されてからの方が良さそうです。

 

 

この『10万円給付』についても、

 

 

財務・金融担当大臣を務める、某副総理が、

『手上げ制で』という旨の発言をして、世間に物議を醸しました。

 

 

そもそも、

 

 

今回、給付されるお金の『原資』は、私たち国民が納税したものですが、

恐らく、彼ら・彼女らには、『自分のもの』という意識があるようです。

 

 

また、

 

 

これだけ『国民』が困窮しているのに、自ら(政治家)の収入は減らないと、

先生方の『悪事』については、識者の方々が、巷で述べられている通りです。

 

 

なかなか、ふざけた事をやってくれますよね(笑)

 

 

私たち日本国民は、日本を『民主国家』だと認識していますが、

やっている事は、どこかの『独裁国家』と大差無いと感じます。

 

 

これを機に、国民サイドも、反旗を翻して良いのでは無いでしょうか??

 

 

少し気の早い話ですが、

 

 

今回の『コロナ危機』が収束・終息を迎えたとしても、

『日本財政』は既定路線よりも更に悪化し、追加の『増税』は免れません。

 

 

現時点でも、

 

 

『実効税率』という観点では、十分『重税』と言える日本において、

その傾向が強まることは、もはや、国家への『奴隷化』と感じます。

 

 

私たちは、

 

 

江戸時代の『農民階級』が、幕府の重税に苦しんだイメージを持ちますが、

現代日本を生きる私たちの方が、その上をいく可能性は十分にあるのです。

 

 

例えば、

 

 

過去、『夕張メロン』で有名な北海道・夕張市が財政破綻しましたが、

その際、当然ながら、移住可能な住民は、続々市外へと転出しました。

 

 

『市』が財政破綻してしまったことにより、

『公共サービス』等も、ストップするので、

そこに『居住する意味』が無くなってしまったからです。

 

 

メリットある『公共サービス(社会保障等含)』が受けられにのに、

『税金』だけ徴収され続けては、たまったものでは無いですもんね。

 

 

この時は、

 

 

『市外転出』という、割と、身近にイメージ出来る事でしたが、

今後は、少し範囲を広げて、『国外転出』も選択肢になって来ると考えます。

 

 

前述の通り、

 

 

日本国は、今後もどんどん『重税』の傾向を強めていきますが、

それに対する『リターン』には、全く希望が持てないからです。

 

 

それに気付くタイミングが、正に『今』です。

 

 

これだけ『国家的危機』に瀕しているにも関わらず、

政治家の先生方は、『私腹』を肥やすことに真剣で、

国民に対しては、僅かな給付にも『手挙げ制で』などと宣う始末。

 

 

国民サイドからも、『引導』を渡してやりましょう。

 

 

これからの時代、『国家』という枠組みは、もはや機能しません。

 

 

『居住する場所』も、自身が、主導権を持って選択する時代です。

 

 

ところで、

 

 

その『準備』を、あなたは、果たして出来ているでしょうか??

 

 

残念ながら、『準備』が出来ていない人は、取り残されます。

 

 

今回の件で分かった通り、

 

 

まったく『アテ』に出来ない国家から、『主導権』を奪還してもらえたら幸いです。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile