あなたは、『保険』を見抜くことが出来ますか??

今日のテーマは、『あなたは、保険を見抜くことが出来ますか??』です。

 

 

冒頭、予めお伝えしておくと、挑戦的な話をします(笑)

 

 

昨今、

 

 

大都市の中心圏、主要駅の構内・駅前や、

ショッピング・モールまで出店拡大して、

『保険ショップ』等も、その認知を急速に高めていますよね。

 

 

生命保険会社各社が、

 

 

自前の営業職員比率を『53.7%(6年前比15%減)』と下げた一方、

代理店における新規獲得率は『17.8%(同11%増)』と高めました。

 

 

メディアCMでは、

 

 

好感度の高い芸能人・著名人を登用することにより、

そのブランド・イメージも、財に物を言わせて『爽やか』にしています。

 

 

誠実なイメージのある著名人が、

 

 

『親身になってくれた』『自分にあったものを』とCM内で言うと、あたかも、

数多の保険商品の中から、『ベスト』を選択してくれたような印象を受けます。

 

 

一般的に、

 

 

『保険営業マン』による勧誘を嫌われる方々は多いと推測しますが、

『保険ショップ』への相談は、心理的抵抗が薄まりつつあるのでは無いでしょうか??

 

 

実際、

 

 

私も『潜入調査』として某代理店に飛び込み面談依頼しましたが、

『アポイント制で、予約が詰まっているから』と断られてしまいました。

 

 

『都心部』にある店舗という事もあるでしょうが、

それだけ『相談希望者』が多くいるという事です。

 

 

結婚したから、子供ができたから、マイホームを購入したからetc….

 

 

日本人が『保険』という金融商品に、あまりに無抵抗な事は、

以前の『公式ブログ』でもご紹介させていただいていますが、

ライフイベントの変化する場面で、直ぐに契約しようとします。

 

 

ただ、

 

 

本当に『保険』という金融商品保有が必須かと言えば、そうではなく、

むしろ、その過剰(数・金額)契約は『資産形成』の『阻害要因』にもなり得ます。

 

 

何故かと言えば、

 

 

日本で販売される『保険』に内包される『手数料』は、

世界スタンダードから見ても『突出』していて、ずば抜けた『粗悪品』となっています。

 

 

事実、

 

 

同様の『保障内容(例えば、同額の死亡保障等)』を購入する場面を考えた際、

米国、カナダで販売されているそれの『保険料』は、日本の『半分以下』です。

 

 

その状況で、

 

 

『高い保険料』の支払いを選択をする『お人好し』は存在するはずがなく、

必然、私は『日本の保険』を購入する気には、まったくもってなれません。

 

 

私たちの感覚からすれば『意外』なのですが、

この事実を知らない『日本人』は、想像している以上に多いです。

 

 

『一般人』どころか、

 

 

『日本の保険』を売っている営業マン自体が(その事実を)知らないので、

これは、ある程度、しょうがないことなのかも知れません。

 

 

ただ、そういう『事実』があることはご認識ください。

 

 

ここで1つ疑問が出てくるのですが、それでは、

何故、『日本の保険』は世界スタンダードと比較して『粗悪品』なのでしょうか??

 

 

これも、

 

 

少し『思考回路』を回転させてみれば、意外にシンプルで、

単純に、運営コストが掛かり過ぎて『手数料率』が莫大になっているからです。

 

 

業界の内情をお伝えすると、

 

 

『保険ショップ』は、相談者から『保険契約』を勝ち取る(?)ことで、

元々の『保険商品』を組成している会社(日生、第一生命etc.)からバック・マージンを受け取ります。

 

 

これが、主流な『収入源』です。

 

 

当然、

 

 

『保険ショップ』も慈善団体のボランティア集団では無いですから、

自身の『ランニング・コスト』を無視して、事業を継続していく事は出来ません。

 

 

そこで考えて欲しいのですが、

 

 

都市部一等地の『(高額な)テナント賃料』、常駐する社員の『人件費』、

著名人を登用したCMによる『(莫大な)宣伝広告費』等、誰が資金拠出しているのでしょうか??

 

 

もう、お分かりですよね??

 

 

そう、『保険契約』をされた、皆さんが負担されているのです。

 

 

このような構造になっているので、

 

 

『保険ショップ』サイドも、『手数料収入』を無視した勧誘行動を取るはずがなく、

提案される商品は、間違いなく、その時点で『手数料収入』が、最も高いものです。

 

 

メーカー勤務の方は理解されると思いますが、

 

 

『販売代理店』という中継点を通って商品販売する場合、

『メーカー(製造者)』は、代理店サイドの販売利益に対して、

予め、『決められた(マージン)基準』を提示しています。

 

 

しかし、

 

 

販売促進策として『キャンペーン』等を導入することで、

期間限定(*)で『手数料率』をアップさせる施策は打っているはずです。

*『今月』『今週(末)』の契約については、手数料率◉%アップ等。

 

 

そうなると、

 

 

その時々によって、『販売手数料』の基準(大小)が入れ替わることになり、

そういう事情で、提案される『保険商品』が変化しているように見えるのです。

 

 

この『カラクリ』を知らなければ、あたかも、

『自分のことを親身に考えて、選んでくれた』と勘違いしてしまいそうですよね(笑)

 

 

基本的に、

 

 

『海外金融機関』は、日本のそれと『常識』が全く異なり、

運営に関わる『無駄なコスト』というものを、一切、排除する方向性で動いています。

 

 

悲しい哉、

 

 

『日本人』のように、海外の顧客は『馬鹿』では無いので、

そのような『無駄なコスト』が、自身の『不利益』に直結することを理解しています。

 

 

つまり、

 

 

企業サイドの『無駄なコスト』が、そのまま商品内包の『手数料』に加わり、

契約者視点で考えた際、『メリット(利益)』が薄まると知っているのです。

 

 

先日、

 

 

某日本生命が発表した『代理店』向けの施策が、

流石に業界内でも『節操ない』と批判が集中し、取り下げられる騒ぎがありました。

 

 

どのようなものか??

 

 

優秀代理店には、五輪観戦(開会式・男子100M決勝等)ツアー進呈

 

 

いや、誰がその『お金』出してるねん!!(笑)

 

 

抽選にチャレンジされた方々なら分かるでしょうが、

開会式、男子100M決勝等は、『観戦料』としても莫大な金額になりますよね??

 

 

そんな『お金(手数料)』があるのであれば、

本来は、『契約者』に対してメリットある商品提供するよう改善に使うべきです。

 

 

あなたは、『保険』を見抜くことが出来ますか??

 

 

メディアによる『印象操作』や、世間一般の『常識』に囚われる事なく、

正しく、冷静に、ご自身の『眼』で見抜いていただく事を願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮7月29日(月)、大阪・梅田7月30日(火)の日程で開催します。

 

 

■2019年7月29日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年7月30日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile