あなたは、『市民権放棄』を選択することが出来ますか??

今日のテーマは、『あなたは、市民権放棄を選択することが出来ますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『世界ナンバーワンのアメリカ合衆国に訪れている異変』と題して、

米国で、『市民権放棄』を選択する人が急増することをご紹介しました。

 

 

その理由は、大きく2つあると言われています。

 

 

1つ目は、主に『新型ウイルス:感染拡大防止』の対応で、

現・トランプ政権に『失望』した人が急増したというもの。

 

 

確かに、

 

 

『累計感染者数』『死者数』共に世界ワーストを記録したことは、

『世界の覇権国』として掲げてきた看板に、泥を塗る形となりました。

 

 

特に、

 

 

『感染者数』については、世界全体の4分の1(500万人超)を占め、

公表値が正しければ、震源地・中国を遥かに抜き去ってしまっています。

 

 

勿論、

 

 

公表される『数字』だけを鵜呑みにする訳ではありませんが、

この結果に、『失望』した米国民がいても不思議ではありません。

 

 

ただ、

 

 

『市民権』を放棄する人が急増する理由は、もう1つ考えられて、

それは、同国の徴税を巡る『無限追尾魚雷システム』の存在です。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

 

米国は、国内居住する人間に対してはもちろんのこと、

国外居住する『市民権保有者』に対しても、

毎年の税申告や、保有資産の報告制度を設けています。

 

 

基本的に、

 

 

私たち『日本人』であれば、『日本国』の居住を外れて、

『非居住者(国外居住)』となれば、日本国への報告義務は負いません。

 

 

何故なら、

 

 

海外諸国でも、原則、徴税は『居住地ベース』で行われる為、

『非居住者』となった時点で、情報入手は無意味になるからです。

 

 

その点、米国のそれ(徴税)は『属国ベース』で行われる為、

国内・国外、居住地の如何に依らず関係することになります。

 

 

昨日の記事中でも触れましたが、

 

 

2020年1月ー6月の半年間において、

『市民権放棄』を申請した米国人は、『5800人』を超えます。

 

 

これまで、

 

 

『年間2000人ペース』で推移してきた状況を見ると、

今年の『年間1万人ペース』は、明らかに急増していますよね。

 

 

ただ、

 

 

『市民権放棄』を選択することが出来ている人物は、その殆どが、

既に、『国外居住』している米国人ということもご紹介しました。

 

 

冷静に考えてみると、これは、少し不思議な現象ですよね。

 

 

『市民権放棄』の理由としてご紹介した『後者』については、

国内・国外居住に関わらず、全ての米国人が平等に不満を感じるはずです。

 

 

しかし、

 

 

『前者』の理由については、明らかに国内居住者に影響があるのに、

『市民権放棄』を選択する人間は、殆どいないという事になります。

 

 

『逆』であれば、すんなりと成立する『ロジック』です。

 

 

これは、一体、どういうことなのでしょうか??

 

 

『市民権放棄』を選択した国外居住者同様(若しくは、それ以上)に、

国内居住者についても、米国に不満を持つ方々は、確実に存在します。

 

 

ただし、

 

 

国内居住として、不満を持つ方々の『ほぼ100%』は、

『市民権放棄』という選択すら、出来ない方々ばかりなのです。

 

 

理由は、こちらも大きく2つあると考えます。

 

 

①そもそも、『国外居住』という選択ができない。

 

 

自ら『価値』を生み出して収入を得ることができない方々は、

『雇用』されることでしか、『収入を得る術』が有りません。

 

 

その場合、国外で『雇用』を得られるかは不確実なので、

『リスク』を負って国外居住することは出来ないのです。

 

 

②保有する資産が、ほぼ全てが『国内』に有る。

 

 

こちらについても、より突き詰めて、考えていけば、

『国外居住出来ない』に含まれるかも知れませんね。

 

 

以上の理由から、

 

 

『国内居住』という選択肢しか持ち得ていない方々は、

どんな『不満』を抱えようと、『市民権放棄』が選択できないのです。

 

 

これは、私たち『日本人』にも当てはまりますよね。

 

 

私自身、

 

 

生まれ育った『日本』という国のことは、勿論、大好きですし、

海外から帰国したらいつも、改めてその『良さ』を実感します。

 

 

しかし、

 

 

もしも、『居住・生活環境』が、今後、悪化していくと仮定したなら、

『国外居住』を選択しなければならない場面も、出てくると考えます。

 

 

『居住・生活環境』とは、何を指しているのか??

 

 

単純に、『居住空間・エリア』のことでは無いですよ(笑)

 

 

以前から、

 

 

公式ブログでは、定期的に情報発信している通り、

これから『日本国』が迎えることになるであろう、

『大増税(社会保険料含む)時代』のことです。

 

 

今でも、

 

 

『会社員』という立場の方々を中心に、源泉徴収システムを活用し、

『茹でガエル方式』で、徐々に、徐々に、税負担は上がっています。

 

 

概算として、

 

 

『会社員』という立場の方々は、額面から『約25%』が徴収され、

『手取り収入』の中から、『消費税』等の二重課税を受けています。

 

 

一説によれば、

 

 

『会社員』の方々の、最終的な『税・社保料負担率』は、

給与額面を基準として『50%』にも迫ると言われます。

 

 

今ですら、この数字です。

 

 

元々、日本国は、毎年負債を積み上げる『借金体質』でしたが、

今年の『コロナ危機』を受けて、その傾向は一気に加速します。

 

 

もし仮に、

 

 

前述の税・社保料負担率が、60%、70%と増加した時、

あなたは、『市民権放棄』を選択することが出来ますか??

 

 

『米国人:市民権放棄』の話題が出てきた今、

『当事者意識』を持って、考えてみても良いかも知れません。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile