あなたは、『最高の宿題』に対してどう回答しますか??

今日のテーマは、『あなたは、最高の宿題に対してどう回答しますか??』です。

 

 

あっという間に、『4月』も終わりを告げようとしています。

 

 

直近2ヶ月程は、

 

 

世界中を『新型コロナ・ウイルス』の情報が席巻し、

『時間経過』の自覚ないまま、一瞬で過ぎ去ってしまった感がありますね。

 

 

例年であれば、

 

 

『ゴールデン・ウィーク』の大型連休を目前に控えて、

世間全体として、『浮き足立った雰囲気』が蔓延しているシーズンです。

 

 

しかし、

 

 

今年ばかりは、連休中も『外出自粛』傾向が続くでしょうから、

ただただ、『時間』を持て余すという方々も、多いのではないでしょうか。

 

 

日本に限らず、

 

 

世界中で、『新型ウイルス』に関する情報が錯綜し、

『善』『悪』の判断も、急激に変化する毎日を、私たちは過ごしています。

 

 

例えば、

 

 

基本的に、欧州各国では、これまで『マスク着用者』は、

『ウイルス感染者』を意味する為に、敬遠されましたが、

今では、『マスク着用』が義務化される国まで出て来ています。

 

 

私自身、

 

 

冬の時期、常に『マスク』着用する方に対して、良く感じておらず、

話をする時など、『マスクを取れ!』と内心感じる事もありました。

 

 

しかし、

 

 

『新型ウイルス』が蔓延する現在、街中で『マスク未着用』であったり、

その状況で会話する方々に対して、反対に『嫌悪感』を抱くようになっています。

 

 

これまでと、解釈がまったく『逆』ですね。

 

 

特に、

 

 

今回の『新型ウイルス』の場合、『飛沫感染』が叫ばれていますから、

面と向かって、口を全開で会話している方々など、理解に苦しみます。

 

 

つい2ヶ月前とは、全く『意見・解釈』が変わっている訳で、

つくづく、『人』というのは、勝手な生き物だと痛感します。

 

 

また、

 

 

現時点、世界の大勢を占める『ロック・ダウン肯定派』ですが、

これも、日に日に『意見・解釈』が変化しているのが実情です。

 

 

例えば、

 

 

高福祉国家として知られる北欧・スウェーデンでは、意外にも日本同様、

ロック・ダウンしない『緩めの規制』により、感染対策を進めているのだとか。

 

 

その対策故、

 

 

同国内感染者は『1万3000人超』、死者数も『1500人』に上りますが、

『完全ロック・ダウン』をしてしまったら、そもそも、経済が立ち行かないと。

 

 

また、

 

 

『倫理観』という意味で、勿論、『賛否両論』存在しているものの、

『活動自粛規制』を厳格化せず、『集団免疫』を獲得する戦略こそ、

最終的には、全体としての『リスク』が最も抑えられるという説も。

 

 

もしも、

 

 

この論の『肯定派』が、世界的に優勢となってくれば、

これまでは『善』とされた『ロック・ダウン戦略』が、

途端に、『対局の評価(悪)』へと覆ってしまいます。

 

 

『コロナ危機』以前からも、

 

 

『物事の解釈・評価』は、流動的である事が『世の常』でしたが、

ここまで『善・悪判断』が急速に変化する局面も、なかなか無い。

 

 

正直、

 

 

何が『正しい』のか、一概に評価することは難しいですが、

大量の情報を得て、自らの目で見て、物事を判断していこうと考えます。

 

 

『前置き』が長くなりました。

 

 

『本題』に入ります。

 

 

後1週間後には『5月』に突入してしまいますが、

実際に、各種助成金等の給付もスタートするとの事で、強く関心を引かれています。

 

 

最もわかりやすいのは、

 

 

日本国民(*正確には、居住者)に対する、一律『現金10万円』給付ですよね。

 

 

先日も、話題にしました。

 

 

前回『金融危機時(一律1万2千円給付)』の記憶があまり無い私としては、

自身の『自覚』として初となるこの試みを、興味を持って、注目しています。

 

 

これ、『お金のセンス』が問われると思うんですよね(笑)

 

 

要は、

 

 

給付を受けた、その『現金10万円』を、どのように使うかで、

受け取った方々の『経済的センス』が、丸分かりになるからです。

 

 

先程、

 

 

『使う』という言葉を用いましたが、個人的に、

最も『センス無し』と判断するのは、この給付を『貯め込む』人ですね。

 

 

つまり、使わない(笑)

 

 

『夢』『希望』という言葉が、消え失せつつある現代日本では、

『センス無し』人間が、大多数を占めてしまうかも知れません。

 

 

これは、

 

 

言葉を変えるのであれば、『自分自身の為だけに使う』という行動です。

 

 

それでも、

 

 

この『10万円』を生活費に充当しなければならない程、

苦境に立たされている方々にとっては、仕方ないかも知れませんが。

 

 

『一律10万円給付』については、実行前の現時点から、

様々な意見が飛び交い、既に、物議も醸されてますよね。

 

 

その中で、

 

 

『富裕層・高所得者は、現金給付を受けるな!』的な論も有りますが、

これ、まったくもって『見当違い』な意見だと、個人的に感じてます。

 

 

と言うのも、

 

 

『富裕層・高所得者』の人間は、仰る通り『10万円』なんて要りませんが、

だからこそ、給付されたお金を『他者』に対して、使うことが出来るんです。

 

 

『医療従者者支援に回そうぜ!』

 

 

『慈善団体に寄付しようぜ!』

 

 

『共感する人間で、基金でも作ろうよ!』

 

 

『地元の活性化の為、全額、地元で支出する!』

 

 

既に、『素敵すぎる意見』が、沢山出て来てると思うんですよね。

 

 

どこぞの自治体長が、

 

 

議員の『現金給付』を徴収・活用するという極論的意見も有りますが、

個々人に『権利』が与えられている以上、それは『美学』に反します。

 

 

私自身、

 

 

未だ、自身の『子供』を持つという経験をしていませんが、

いつか生まれたら、必ず提案したい『夏休みの宿題』が有ります。

 

 

その子に『1万円』を渡して、次のように言うのです。

 

 

『この1万円を、想像できる中で最大限、有効活用をしてごらんよ。』

 

 

『期間は、夏休みが終わるまで。』

 

 

この1問を与えるだけで、子供の『お金のセンス』は格段に上がります。

 

 

個人的な感覚ですが、小学生に対する『1万円』は、結構な大金です。

 

 

きっと、『無限大』ほどにも感じてしまうであろう金額を、

『最大限有効活用』するには、どのように扱ったら良いか。

 

 

勿論、

 

 

単純に『使う(消費する)』のも1つの選択肢です。

 

 

ただ、

 

 

『株式投資(資産運用)』をスタートする子供も、ゼロとは限りません。

 

 

また、

 

 

『人を喜ばせること』に全額投入する子供も、居るかも知れない。

 

 

更には、

 

 

元手の『1万円』を事業準備金として活用し、世界に情報発信する事で、

『莫大な寄附金』を集めることに成功する子も、出て来る可能性がある。

 

 

圧倒的に、『センス』如何で、最終結果が変わります。

 

 

ところで、

 

 

私たち『大人』は、珍しく『日本政府』から提出される、

『最高の宿題』に対して、どのように回答しますか??

 

 

『金持ちは、受け取るな!』なんて、馬鹿なこと言う暇があるのなら、

自分自身の『最高の回答』に対して、頭を捻っては如何でしょう??

 

 

私自身、未だ、『ファイナル・アンサー』を決め兼ねています。

 

 

『停滞ムード』ばかりが漂う、現在の日本(世界全体)ですが、

『思考回路』をフル回転して、『経済』を回していきましょう!

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile