あなたは、為されるがままに【源泉徴収】されていませんか??

今日のテーマは、『あなたは、為されるがままに源泉徴収されていませんか??』です。

 

 

昨日から、4月がスタートしましたね。

 

 

私自身、独立・開業して7年目のシーズンを過ごすので、

世間一般的な感覚は、正直、分かり難くなって来ました。

 

 

恐らく、

 

 

昨日(4月1日)は、全国的にも新社会人が入社式を迎え、

大変な時期ですが、新生活をスタートしたことでしょうね。

 

 

今から13年前、

 

 

確実に、私にもその時期はあったはずなのですが、

時間経過と共に、記憶は綺麗になくなっています。

 

 

現在も、感覚的には変わっていないと思いますが、

当時は、必死で仕事に食らいついていた感じです。

 

 

心身ともに、ほとんど余裕はなかったですね(笑)

 

 

それでも、

 

 

『20代』に、必死に仕事で食らい付く経験があったから、

独立・開業した今、順調にやって来られたと感じています。

 

 

未だに、

 

 

当時、仕事を通して、私に関わって頂いた方々には、

仕事の仕方を教えていただいた感謝の念が湧きます。

 

 

と言っても、

 

 

あの頃は、ボロカスにドヤされていたことも多かったので、

『当時に戻りたいか?』と問われれば『NO』ですが(笑)

 

 

それを差っ引いても、

 

 

『可愛い子には、旅をさせよ』の言葉は真理と感じていて、

『20代』の経験値で、人生の大半は決定すると思います。

 

 

皆さんは、20代できちんと『キツい経験』をしましたか??

 

 

もしも、

 

 

この質問に対する回答が『NO』であるならば、残念ながら、

あなたは『仕事の出来る人間』には、なれてないと思います。

 

 

社会人をスタートして、『30歳』の節目を迎えるまでの間。

 

 

どれだけ、仕事を通して『キツいこと』を経験して、

どれだけ、『敵わない』と感じる人物に出会ったか。

 

 

それにより、自分自身の『人的資本』も9割がた決定すると考えます。

 

 

話がどんどん逸れていくので、『本題』に入ります。

 

 

前述の通り、

 

 

昨日(4月1日)、世の中に多くの新社会人が生まれましたが、

彼らは、これからの勉強度合いで、人生に大きな差がつきます。

 

 

経験的には、

 

 

大学を含めると約16年間、学生時代にした『お勉強』よりも、

社会人をスタートしてから、自主的に行う『学習』こそ最重要。

 

 

何故なら、

 

 

社会人になってからの『学習』は、経済的メリットに直結して、

費用対効果の『運用リターン』も、学生と比較して抜群に高い。

 

 

私自身、

 

 

『お金の世界は、知っている、知らないで差がつく』と、

クラアントの皆さんには、常日頃からお伝えしています。

 

 

この言葉は『真実』で、ファイナンシャル・プランナーとして、

『知識・情報』を獲得したからこそ、人生を謳歌できています。

 

 

自らの体験・経験則として、本心からお伝え出来ますね。

 

 

もちろん、

 

 

世の中、そして、人生自体も『お金』が全てではないですが、

『経済的概念』を無視して生きることも、それは間違いです。

 

 

何故なら、私たちは、霞を食べては生きていけないからです。

 

 

それで、

 

 

『お金』というテーマは、学ぶべき事が無尽蔵にありますが、

この時期にぴったりなテーマの1つは『源泉徴収制度』です。

 

 

恐らく、新社会人は何一つ理解していないでしょうね(笑)

 

 

いや、

 

 

『新社会人』どころか、『会社員』という立場を続けていたら、

40代以上の年配の方々も、理解しているか非常に怪しいです。

 

 

きっと、9割以上の方々が、理解していないと想像します。

 

 

ざっくり言うと、会社員で『給与所得』を得ている方々が、

所得税・住民税・社会保険料等を予め徴収されるシステム。

 

 

これにより、

 

 

『会社員』という立場の方々は、確定申告の煩わしさから解放されて、

それと同時に、『自由を得る権利』も手放してしまうことになります。

 

 

事実、

 

 

『源泉徴収』が、既定路線の調整システムとなる先進国は珍しく、

原則として、米国などは全国民が『確定申告』を実行しています。

 

 

その結果、

 

 

米国民は、自らが年間で納付する税額の正確な把握は勿論、

自国の税制度についても、比較的、詳しく理解しています。

 

 

また、

 

 

自らが『納付している』という感覚が強くあるからこそ、

政府の税金の使途についても、目を光らせていますよね。

 

 

この観点は、日本人のそれとは、大きく乖離しています。

 

 

更に、

 

 

ルールを把握するからこそ、税制的に有利になる点も抑えていて、

自らに『経済的メリット』ある行動は、積極的に起こしています。

 

 

この点、

 

 

例え『有利なポイント』が存在しても、政府から告知がないのは、

私たちが居住する日本国も、話題にする米国も『同じこと』です。

 

 

だからこそ、自ら『勉強』して、『行動』する必要性があります。

 

 

昨年(2020年)、

 

 

『コロナ禍』で、いっそう加速した印象もありますが、

近年は、日本国内企業でも『副業』が解禁されました。

 

 

いや、

 

 

厳密には、未だに『副業禁止』している企業もあるようですが、

そのような『時代遅れ企業』は、反対に、心配になってきます。

 

 

果たして、

 

 

経団連会長、トップ企業(TOYOTA)が終身雇用廃止を公表する中、

『副業禁止規定』を維持する企業は、勝算があるのでしょうか??

 

 

『謎』を通り越して、完全に『懐疑的』です。

 

 

『税金』『源泉徴収システム』という話題はセンシティブな為、

ここでは、私から『具体的解決策』を記載することは控えます。

 

 

しかし、『ある』ということだけはお伝えしておきます(笑)

 

 

繰り返しますが、

 

 

あなた自身が、『知っている』か『知らない』かによって、

人生全体では、想像を超える『大きな差』がついて来ます。

 

 

そして、

 

 

その事実を『知った』時、どう『行動』するかが重要です。

 

 

具体的にアクションしたいと感じられた方は、

ぜひ、資産形成セミナーを受講してください。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile