あなたは、迫り来る『大失業時代』に準備をしていますか??

今日のテーマは、『あなたは、迫り来る大失業時代に準備をしていますか??』です。

 

 

一部地域、局地的な『例外』を除いて、日本全国的に、

『新型ウイルス』の感染者数が減少し続けていますね。

 

 

最近では、

 

 

『新規感染者数』を『退院患者数』が超過する日が連続しており、

現在感染者数は、遂に『1500人』を下回る水準が射程圏に入りました。

 

 

感染者数推移グラフを見ても、明らかに『収束』の兆しを見せています。

 

 

当然、

 

 

『完全終息』はまだまだ先の事になると考えますが、

『緊急事態宣言』発令直前の2ヶ月前から考えれば、『空気感』がまるで違います。

 

 

普段は、

 

 

揶揄として使うことの多い『島国特有の民族性』という言葉ですが、

今回は、その利点を最大限活かして、解決へと向かえば嬉しいです。

 

 

しかし、

 

 

経済活動が『完全復活』を遂げる日は、まだまだ遠いです。

 

 

一般的な感覚として、

 

 

『緊急事態宣言』『外出自粛』『休業要請』等は解かれましたが、

このタイミングで突然『ビフォー・コロナ』には戻れませんよね。

 

 

実際、

 

 

『人』『モノ』『お金』の循環スピードは減少したままで、

2020年第一四半期の実質GDP速報値は、

前年比『▲3.4%』の落込みを見せました。

 

 

更に、

 

 

コロナ危機が直接的な影響を見せる第二四半期(4月ー6月期)は、

前年比『5%程度(年率換算20%超)』の数字と予測されています。

 

 

それを表すように、

 

 

総務省発表の4月度『労働力調査』では、『非正規労働者』を中心に、

日本全国の雇用が、前年同月比『▲97万人』規模で減少しています。

 

 

特に、

 

 

影響をダイレクトに喰らったのが観光業・サービス業といった業種ですが、

上記2業種だけで、4月度は『46万人』もの雇用が全国で失われました。

 

 

流石に、

 

 

『正社員』の雇用は、『非正規』よりも幾分守られている面があり、

『解雇』『雇い止め』総数は『1万6000件』程度に留まります。

 

 

しかし、

 

 

『少数派』と考えられる、『経済的体力』がある企業にて、

休業中に関わらず、給与が支給され続けている人々もいる。

 

 

それでも、

 

 

この状況が続けば、その方々も『雇用』を失うわけですが、

謂わば『失業予備軍』は、全国で『約600万人』も存在しています。

 

 

最悪の場合、

 

 

日本全体で見れば、『700万人』レベルの失業者が生まれてしまいます。

 

 

因みに、

 

 

2020年4月末現在、総務省公表の雇用者数は『5923万人』で、

就業者数(雇用者+自営業者等)は『6628万人』とされています。

 

 

もし仮に、

 

 

全国で『700万人』規模の失業者が出るとしたら、

雇用者数ベース『約12%』、就業者ベース『10%超』の失業率に達します。

 

 

それでも、

 

 

国家的有事が訪れた際、海外諸国の『失業率』よりマシですが、

少なくとも、私たちが未経験の『大失業時代』が到来することは確かです。

 

 

先日、

 

 

『雇用調整助成金』の上限額引き上げを盛り込んだ、

『第2次補正予算案』が閣議決定され、今後、実行に移されます。

 

 

しかし、

 

 

以前の公式ブログでもご紹介した通り、『個人』も『企業』も、

あらゆる組織において『資金ショート』すれば終焉を迎えます。

 

 

果たして、『雇用助成金』が間に合う企業が、どれほどあるのか??

 

 

そして、

 

 

実際に、『雇用助成金』が支払われるのを待つことが出来ず、

『倒産』してしまう企業も、全国で続出してくることが考えられます。

 

 

奇しくも、

 

 

『株式市場』は堅調な推移を続けており、日経平均株価は、

本日の取引で『2万2000円台』の節目を突破して終えています。

 

 

しかし、

 

 

皮肉なことに、『コロナ関連倒産200社超』の報道も流れており、

その増加ペースは、今後も、留まるところを知らないのが真実です。

 

 

希望的観測では、

 

 

『新規・現在感染者数』は、このまま収束するかも知れませんが、

『新型ウイルス』の、『日本経済』に対する影響は、今後も継続します。

 

 

少なくとも2020年内は、『大倒産・大失業時代』が訪れます。

 

 

あなたは、それに対する『準備』が出来ていますか??

 

 

『アリとキリギリス』の童謡よろしく、

何も『準備』することなく『冬』を迎えたら、挽回不可能です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、『6月』以降も、暫くの期間、

大阪・神戸ともに『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆さんのご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile