いよいよ、『ニーゼロ・ニーゼロ(2020年)』が幕開けです!

今日のテーマは、『いよいよ、ニーゼロ・ニーゼロ(2020年)が幕開けです!』

 

 

昨日の公式ブログでは、1点、致命的な間違いをしています。

 

 

もしかしたら、気が付かれた方もいらっしゃるかもですね。

 

 

記事中で、

 

 

『日本・米国市場ともに大納会を迎えて』という旨発言しましたが、

正確には、米国市場は『12月31日』まで取引継続していました(笑)

 

 

最終的に、

 

 

米国市場の代表指数『NYダウ平均株価』は、前日比『+76.30ドル』、

年末値としては過去最高値となる『2万8,538.44ドル』で取引終了です。

 

 

11年前、

 

 

サブプライム・ショックが発生した2008年においては、

一時、同指数は『7,000ドル台』まで落ち込みましたが、

このような未来が待っている事は、誰も予想していませんでした。

 

 

この状況を、

 

 

単純に『回復した』と表現することには違和感を覚えますが、

少なくとも、当時懸念された『経済的メルトダウン』は、今のところ免れています。

 

 

昨日の記事中でも展開しましたが、

 

 

昨年(2019年)1年間は、日本・米国両市場だけに留まらず、

世界全体として、あらゆる市場が上昇する『異次元』的な年となりました。

 

 

上記で、

 

 

『株式』という枕詞を付けずに、単純に『市場』と表記したのがミソで、

言葉とおり、『株式』に限定せず、あらゆる『市場』で資金流入が続いています。

 

 

原則的に、

 

 

『株式市場』と『債権市場』は、反比例関係が成立している為、

前者が上昇している局面で、後者も同時に上昇する事は、理屈上有り得ません。

 

 

少しだけ説明すると、

 

 

世間一般が『リスク志向(株式投資)』に傾いている局面で、

同時に、『リスク嫌気(債権投資)』的選択肢が選ばれる事は考えにくいのです。

 

 

また、

 

 

『株式市場』の循環サイクルと『コモディティ』のそれは、若干ズレており、

こちらの2対象についても、同時上昇する局面というのは、そう有りません。

 

 

昨年(2019年)の場合、

 

 

先ほど『異次元』と表現した理由は、この辺りにあって、

市場間格差はあるものの、前年比として、全市場が上昇するロジックは説明不能です。

 

 

言うなれば、

 

 

『ゼロ・サムゲーム(勝ち・負けの総和が常にゼロ)』をしているにも関わらず、

『敗者』はほとんど存在せず、ほとんどの人間が『勝者』となっている状況です。

 

 

これは、どういう『理屈』なのか??

 

 

結局、

 

 

現在、『勝者』のように映っている人間の中にも『潜在的敗者』がおり、

パーティー終焉のタイミングを以って『真の勝者』が分かる仕組みです。

 

 

一時的に、

 

 

『含み益』という形で利益(?)を上げている方々もいますが、

利益確定していない現時点で、本当に『勝者』と表現して良いか分からないのです。

 

 

しかし、

 

 

もしそれが『虚像』だと分かっていたとしても、

『熱狂的なパーティー』は、刺激的で、参加していてとても楽しいですよね。

 

 

この辺り、

 

 

昨年1年間で最も『リターン』を得られた市場に注目して、

少しだけ、振り返ってみることにしましょう。

 

 

2019年、最も投資リターンをもたらした市場は『ロシア』です。

 

 

世界の覇権国、

 

 

米国から複数回にわたる『経済制裁』を受けながらも、

通貨『ルーブル』の対ドル高という要因もあり、

株式市場は平均『50%超』という大幅上昇を見せます。

 

 

要因として、

 

 

『原油価格』が、年間通して比較的安定的に推移したことと、

中央銀行が「利下げ』を5回敢行し、『経済回復』を全面的に支えていました。

 

 

前述の通り、

 

 

『コモディティ市場』にも、多額の投資マネーが流入する昨今、

『資源国』としての強みが発揮されたことも、大きかったと考えます。

 

 

何れにせよ、

 

 

市場平均が『年間50%超』も上昇する相場にもそう巡り合えず、

ロシア国民(投資家)を中心に、昨年は『良い時間』を過ごしたことが想像できます。

 

 

それに続く第二位は、

 

 

約8年前『欧州危機』の起点となり、存続すら危ぶまれた『ギリシャ』で、

『平均株価』の年初来リターンは、驚愕の『約40%』を記録しました。

 

 

根本的には、

 

 

『財政健全化』の根本的課題が何も解決されていない『ゾンビ国家』ですが、

年半のルール変更による『緩和マネー』で、株式・債権両市場とも見事に上昇。

 

 

特に『債権市場』では、

 

 

ブルームバーグ追跡調査の主要19市場『年初来上昇率』で、

『10年物国債相場』が世界ナンバーワンを上げるという快挙。

 

 

ECB(欧州中央銀行)からの潤沢な緩和マネーにも支えられて、

『EU連合』の一員であることのメリットを最も享受しています。

 

 

番外編としては、

 

 

これまで殆ど話題にはがることの無かった国『ウクライナ』が、

ブルームバーグ調査の130ローカル通貨中『最高リターン』を記録。

(*ウクライナ自国通貨『フリブナ』。)

 

 

情勢不安もあり、

 

 

ここ数年、非常に不安定な動きとなっていた事も起因しますが、

対米ドル比で、年初来リターンとして『20%超』の上昇を見せています。

 

 

例えば、

 

 

上記3投資対象に資金拠出していれば、『仮想通貨バブル』とはいかないまでも、

『1年間』という短期間のうち、保有資産を激増させる事も出来たと思います。

 

 

しかし、

 

 

それは、過去を振り返った際の『結果論』であるという事に加えて、

もしも『先見性』があったとしても、あなた自身は手を出すべきではない。

 

 

個人的考えですが、

 

 

『経済成長』に対する『超過リターン』を求めようとする行動は、

どこまで行っても『ギャンブル』としての領域を抜ける事はなく、

運よく『勝つ』ことが出来たとしても、一過性しか有りません。

 

 

本家『ギャンブル』同様に、

 

 

『ビギナーズ・ラック』で不運にも、序盤で味をしめてしまうと、

その後、必ず遭遇する『敗戦』の傷跡が大きくなり、立ち直れなくなります。

 

 

いよいよ、『ニーゼロ・ニーゼロ(2020年)』が幕開けします。

 

 

今年の『相場動向』がどのようなものになるか、現時点では、

正確に予測できる人間は、地球上には誰も存在していません。

 

 

『2019年』を継続し、『(異次元)上昇相場』の道をひた走るのか??

 

 

それとも、

 

 

何が『トリガー(引き金)』になるのかは分かりませんが、

早々に『宴』が終焉し、過去の金融危機級の『ショック』を迎えるのか??

 

 

『楽観ムード』に浮かれ過ぎることなく、地に足を付けて、

冷静な視点をもって『資産形成』に臨まれることを願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile