ここに来て、異質さを増す『特別会計』というものの存在。

今日のテーマは、『ここに来て、異質さを増す特別会計というものの存在』です。

 

 

日々、大きな『変化』が繰り返されていますね。

 

 

ようやく、『緊急事態宣言』も、正式発表されて、

該当都市では、街を取り巻く環境も、大きく変わろうとしています。

 

 

既に、

 

 

日常の生活・仕事について、『変化』を経験した方も多いと思いますが、

暫く先の『将来』、事態収束した後も、『変化』は続くと予想されます。

 

 

実際、

 

 

先日、キングコングも西野亮廣さんも発信されていましたが、

今回の『コロナ騒動』を通して、従来型の活動自粛が続く中、

『新たな楽しみ』を見つけた人達も、少なからず、存在する。

 

 

例えば、

 

 

最初、『オンライン飲み会』なる企画が話題になった際、

『そんなん、ほんまに楽しめるんか??』と考えた方も、

実際に、実施してみたら、想像以上に楽しいと実感します。

 

 

システムとして、

 

 

『宅飲み』を、オンライン形式で繋いでいる形なので、

飲み物も、食べ物も、周りを気にすることなく、自分の好きなものを用意出来る。

 

 

また、

 

 

食事のペースなども、完全に自分の『ペース』で可能な為、

人によっては『気疲れ』等もしなくなるのかも知れません。

 

 

『コスト』が低く抑えられるのは、当然です。

 

 

更に、

 

 

女性陣であれば、気心知れた方々の『オンライン飲み会』であれば、

わざわざ、お化粧をする必要もない為、労力が掛からないですよね。

 

 

このように、

 

 

数々の『メリット』を、大多数が経験・体験してしまった前後では、

『新型ウイルス問題』が収束しても、『元の状態』には戻りません。

 

 

ここを起点に、また、『新たな潮流』というものが生まれると思います。

 

 

私自身の『仕事』についても、そうですよね。

 

 

これまでは、『大阪』という日本第2都市圏を拠点に活動しており、

『地方都市では、仕事がしにくい!』と考えるところが有りました。

 

 

しかし、

 

 

本格的に、地方都市への『一時疎開』を実行に移すべく行動進めていると、

今は、『もしかしたら、出来るかも知れない』と考えている自分がいます。

 

 

また、

 

 

様々な『活動制限』を受けて、『必要最低限』で仕事を進める中で、

いつの間にか、『無駄な業務』が増えていたという事も、感じています。

 

 

むしろ、

 

 

今回の騒動は、その点においては『メリット』として考える事も出来、

明らかに、『2020年』を起点として、自らの人生スタイルも変化します。

 

 

皆さんは、いかがでしょうか??

 

 

『潮流変化』に、ついていけていますか??

 

 

もしも、

 

 

『新型ウイルス問題』が解決した後も、『元の状態』を求めるなら、

あなたは、残念ながら、確実に『自然淘汰』されると予想されます。

 

 

何故なら、

 

 

生物学者チャールズ・ダーウィンも『種の起源』で示す通り、

時代を超えて、生き延びれるのは、『変化』に順応できる種だからです。

 

 

久々に、『前置き』が長くなりました。

 

 

今月に入り、

 

 

『緊急事態宣言』も正式に発表されて、日本政府より、

国民への『経済支援策』も、まだまだ朧げながら、見えて来ましたね。

 

 

安倍首相自身、

 

 

今回の危機について、『戦後最大の経済危機』との認識を発表しており、

内訳不明瞭ながら、『108兆円』規模の経済対策を実施する意向を示しました。

 

 

久しぶりに、なかなか『もの凄い金額』を聞きましたね(笑)

 

 

多くの『日本国民』にとっては、その数字が大き過ぎて、

何か『比較対象』を示さないと、理解不能だと考えます。

 

 

例えば、

 

 

現在、日本国のGDP(国内総生産)は『年間500兆円』程ですから、

前述『108兆円』は、その『20%』にも相当する金額になります。

 

 

また、

 

 

日本国の国家予算(一般会計予算)が『100兆円超』なので、

1年間の『国家予算(運営資金)』にすら、匹敵する数字です。

 

 

もしも仮に、

 

 

首相が、言葉通り『108兆円』の経済刺激策を展開すれば、

日本国は、今年は『2年分』の国家予算で運営されることになります。

 

 

1ヶ月ほど前、

 

 

米国が『2兆米ドル(約220兆円)』規模の経済刺激策展開を発表しましたが、

対GDP比(*米国のそれは10%程度)から考えても、日本の『大盤振る舞い』が分かります。

 

 

個人的に、

 

 

『その財源は、最終的にどこに行き着くか??』に、強く興味を引かれますが、

兎に角、断行するならば、日本政府の『本気度』が伝わる数字となっています。

 

 

しかし、

 

 

個人的に、もう1つ、常日頃から引っ掛かり続けているのは、

日本国運営に使われる、『特別会計』という『パンドラの箱』の存在です。

 

 

先ほど、

 

 

『一般会計(単年予算)』については『100兆円超』とご紹介しましたが、

こちらは、毎年『通常国会』できちんと討議・審議されて、組まれています。

 

 

しかし、

 

 

日本国運営には、もう1つ、『特別会計』なる本丸が存在しており、

こちらは、『国会審議』等を通ることなく、しれっと成立してしまっているのです。

 

 

しかも、

 

 

その額、『一般会計予算』を遥かに凌ぐ、『年間400兆円』!!

 

 

いや、不謹慎ですが、笑ってしまいますよね。

 

 

『通常国会』を通して、じっくり審議しているのは極一部であり、

『本丸(特別会計)』の方は、政治家・官僚の先生方のさじ加減で、簡単に成立。

 

 

今回、

 

 

経済刺激策として公表された『108兆円』は、

どう考えても、途轍もない規模の『経済対策』であることは、明らかです。

 

 

しかし、

 

 

日本国においては、『アンタッチャブル』な資金も存在しており、

それを本当に活用する気があるのであれば、日本の『V字回復』も可能と考えます。

 

 

*悲しい哉、『特別会計』の原資について、国家中枢の先生方は、

 『自分たちのお金』という認識なので、現実的には『実現不可能』ですが。

 

 

日本国民は、絶対に『賢く』ならないといけません。

 

 

今までの通り、

 

 

『馬鹿なまま』では、これからも、良いようにやられ続けます。

 

 

恐らく、

 

 

『コロナ騒動』の渦中、多くの方々が『時間』は捻出できると思うので、

先ずは、その時間を有効活用して、『勉強』をスタートしてみて下さい。

 

 

尚、

 

 

今月4月度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile