これからの時代に『パーソナル・クレジット』が必要な理由。

今日のテーマは、『これからの時代にパーソナル・クレジットが必要な理由』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、影響力を発揮して生きていますか??』と題して、

社会に対する、あなた自身の『影響力』について問題提起をさせて頂きました。

 

 

人によっては、『耳』が痛いテーマになったかも知れませんね。

 

 

確かに、

 

 

『企業』という『大きな組織』の一部として働く方々が大半を占める現代では、

あなた個人としての『影響力』を発揮しなくても、生きていける事も事実です。

 

 

実際、

 

 

多くの方々が『会社員』として『システム』に組み込まれて働いており、

『その場限り』の『希薄な人間関係』を築く事で、ある程度、社会は成立します。

 

 

その証拠に、

 

 

皆さん、日常的に、自身がどのような『価値』を生んでいるか意識しなくても、

毎月、給料日になれば、自身の金融機関口座に『給料』が振り込まれますよね。

 

 

『会社員』の方々であれば、

 

 

余程の零細企業にお勤めの方を除いて、今月の『給与』の心配や、

来月に迫った『冬の賞与』の心配など、していない方が多いと思います。

 

 

より視点を遠めて見ても、

 

 

恐らく、『半年先』も、あなたは『給与』を受け取るでしょうし、

『1年先』も、かなりの高い確率で『収入』を得ることは出来そうです。

 

 

ただし、

 

 

これが『5年先は??』と聞かれると、少し雲行きが怪しくなってきて、

『10年先はどうですか??』という質問には、暗雲立ち込めて来ます。

 

 

更に、

 

 

『20年先、あなたは今の会社から給与を貰えますか??』という質問には、

かなりの割合の方々が、『NO』と答えざるを得ないのでは無いでしょうか??

 

 

今朝、

 

 

少しまとまった金額を出金する必要性が出てきた為、

国内メインバンクにしている某メガバンクに行ったのですが、驚きましたね。

 

 

半年ぶりの来店だったと思いますが、取引のペーパーレス化が進み、

窓口の人員も、『大幅に』と言うか『殆ど』いなくなっていました。

 

 

自分自身、

 

 

公式ブログでは、『金融機関』への風当たりの強さを話題にしていましたが、

やはり、『百聞は一見に如かず』の言葉通り、その『真意』を理解しました。

 

 

これまでも書いてきましたが、

 

 

たかだか10年から15年ほど前でさえ、『金融機関』と言えば、

幾つか存在する『一生安泰』の代名詞とも言える、代表的な業界だったはずです。

 

 

それが、短期間のうちに様変わりしてしまった。

 

 

また、他にも『タイムリーな話題』が出てきています。

 

 

『みずほファイナンシャル・グループ 53歳以下の企業年金減額』

 

 

一見、

 

 

『企業年金』の話題かと思いきや、勿論、そちらも関連するものの、

大きく見れば『早期退職(リストラ)』まで関連するイベントです。

 

 

具体的には、

 

 

前述みずほFGが、2020年10月より『企業年金』を減額する取り組みで、

対象となるのは、傘下3万5000人の従業員のうち『53歳以下』の人間です。

 

 

ここに『特例』を設けているのが話の『ミソ』で、

 

 

『特例対象者:48歳〜53歳』の方々が2020年中に退職した場合、

『企業年金』の減額対象からは外されるのだそうです、、、、。

 

 

この話、どう思われますか??(笑)

 

 

当然、みずほFG自体は『退職を促す意図はない』としていますが、

それぞれの文章から『ゲシュタルト』を構成できる人間であれば、

企業としての『真意』は、明らかに見透かせてしまいますよね。

 

 

みずほFGに限らず、

 

 

現在、大規模な『不要コスト(人件費)』を抱えるメガバンクを中心に、

『早期退職(リストラ)』を募る動きは、どんどん『加速』しています。

 

 

本当に、短期間の間に、『常識』が成立しなくなってしまいました。

 

 

また、

 

 

同じ『金融業界』という括りで見れば、『証券業界』も、

『既存のビジネスモデル』が急速に崩壊しつつある業界と見て良いですよね。

 

 

これまで、

 

 

収益の柱として中心的な存在だった『売買手数料』はフリー化の流れがあり、

『ネット証券』等の台頭もあり、『大手証券会社』が軒並み苦境に立たされています。

 

 

前述の言葉とおり、

 

 

現在では、『売買手数料:ゼロ』が本当に『既定路線』となりつつあり、

事実、SBI証券等は3ヵ年計画で『手数料完全無料化』への挑戦を公言しました。

 

 

勿論、

 

 

それまで『手数料』により上げてきた収益の財源確保が必要になりますが、

これは、従来の『信用取引の際の貸出金利』『空売時の貸株代』に加えて、

『個人の取引データ売却』による収益で賄うシステムのようです。

 

 

何れにせよ、

 

 

『業界の新たな常識』を踏まえて、既存大手証券会社も追随する他なく、

その状況で、『無駄なコスト(人件費)』は率先して削減されると考えるのが普通です。

 

 

これから数年間のうち、この業界(証券)でも、『嵐』が吹き荒れる。

 

 

上記事例をご紹介して、お話させて頂きたかったのは、

『変化しない』ことを希望した『一生安泰』というものは、存在しないという事。

 

 

ほんの30年、40年ほど前、

 

 

『私たちの親世代』であれば、世間に名の知れた『大企業』に就職し、

確定された『終身雇用』に則って、勤め上げる事が大切だと考えられていました。

 

 

しかし、その意味での『一生安泰』は、今はどこにも存在しません。

 

 

そうなると、

 

 

所属する『企業』に完全一任した『クレジット(信用)戦略』は危険であり、

それとは切り離された、『パーソナル(個人の)クレジット』が重要になります。

 

 

これは、

 

 

『会社員』として社会人生活を全うする、自身で独立・起業するに関わらず、

どのような状況、立場にある方々でも、『共通』して必要になってくる要素です。

 

 

これから、『流動性』はどんどん高まります。

 

 

それに伴い、『個人の影響力』の強さ如何で、『大きな差』がつく時代が来る。

 

 

『パーソナル・クレジット(個人の信用)』、言い換えれば『影響力』が、

これまで以上に『大きな価値』を持つ時代が、まさに幕を開けようとしています。

 

 

あなたは、『準備』が出来ているでしょうか(^ ^)??

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、大阪・梅田11月27日(水)、神戸・三ノ宮11月28日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年11月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年11月28日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile