すべての人が、新たな『思考回路』をインストールする必要がある。

今日のテーマは、『すべての人が、新たな思考回路をインストールする必要がある』です。

 

 

先日、

 

 

『緊急事態宣言』が発令された全7都府県において、

『休業要請』についても、ようやく足並み揃いましたね。

 

 

先日追加で、

 

 

安倍首相から『オフィス出勤者7割削減』の要請も出ましたが、

一足早く、週末の都心部人口は、通常の『7割減少』を達成したようです。

 

 

それでも、

 

 

本日『月曜日』から、1週間がスタートすることになり、

『オフィス出勤者』は、通常時より減少しているものの、

『7割減』の水準までは、未だ到達していないのだとか。

 

 

私の事務所も、

 

 

窓から、様々な企業のオフィスが見えるのですが、

『時短勤務』を導入しているらしい所はあるものの、

『完全出勤自粛』とまでは、達成してないようです。

 

 

某全国紙では、

 

 

この状況でも、『出勤自粛』できない仕事の方々に対して、

街中でインタビューを実施した模様が掲載されていました。

 

 

『実際に(出勤者が)7割減少したら、私たちの仕事は回らない。』

 

 

『社内でしか活用不可な資料があるため、仕方なく出社した。』

 

 

『在宅勤務したくても、私たちの職業は、それは出来ない。』

 

 

『機密資料を扱うため、持ち帰れない仕事が殆どなので。』

 

 

などなど。

 

 

『国家的危機』どころか、自らの『生命危機』すら省みず、

忠実に『出社』する方々は、とてもクリエイティブな『説明』をされますね。

 

 

恐らく、

 

 

ここまで、『企業』に対して『忠誠心』を誓えることは、

世界全体で見ても、『日本国民』だけでは無いでしょうか??

 

 

それでも、

 

 

作家の橘玲さんが、著書の中で示されているデータの通り、

自ら所属する企業に対して、『誇り』は持っていないという事実は、皮肉ですが。

 

 

兎に角、『日本人』はどこまで行っても、真面目で、勤勉です。

 

 

しかし、

 

 

このような『緊急事態』にも関わらず、前述のような説明をして、

『出勤自粛』が出来ない方々の未来は、明るく無いとも考えてしまいます。

 

 

穿った見方をすれば、

 

 

『(私たちの仕事は)出勤自粛7割は、無理!』と言っている方々は、

『働き方』『思考回路』を、全く変化させようとしてないと言えます。

 

 

恐らく、

 

 

そのような回答をしている方々は、今回の『コロナ危機』が無事終息し、

経済循環が回復すれば、『元の状態』に戻ると考えているのでは無いでしょうか??

 

 

『今は、全ての人たちが活動自粛しているから、経済循環していないだけ。』

 

 

『危機が終息し、人間の経済活動が回復したら、

 お客さんも戻って来るし、無くなった仕事も、舞い込み始める。』

 

 

残念ながら、その『願い』は叶いません。

 

 

今回、

 

 

『コロナ危機』を発端として、社会全体を取り巻く環境が変わり、

今なお、日々、その『潮流変化』が継続している最中に有ります。

 

 

『テレワーク』という言葉も、この騒動で、一気に浸透しましたよね。

 

 

『緊急事態宣言』自体、

 

 

現時点で、一応『5月6日』までと定められていますが、

果たして、本当に、その期限で解除されるかについては、疑問が残ります。

 

 

むしろ、

 

 

『感染者数記録更新!』『◉◉地域で初感染者!』等の報道が、

連日、溢れ続けている現状を見ると、僅か3週間程で、

この事態が、急激に『好転』する見込みの方が少ないですよね。

 

 

そう考えると、

 

 

『働き方』という限られた分野の話だけに留まらず、

人の『生活スタイル』自体が、大きく変化していく事が予想されます。

 

 

何が、言いたいのか??

 

 

私たちは、今、時代の大きな『転換点』に立っており、

この時を境として、『失われる仕事』も続出して来るであろうという事です。

 

 

例えば、

 

 

歴史を紐解いてみると、約250年前に到来した『近代資本主義』において、

この時起こった『蒸気機関の発明』という転換点は、多くの仕事を消し去りました。

 

 

第一次産業革命以前、

 

 

『人』が介在しないと、成立し得ないと考えられていた繊維業ですが、

『1台:1000人分の労働力を賄える』と言われた蒸気機関誕生で、

多くの『雇用』が、短期間のうちに失われたのです。

 

 

より身近な事例で言えば、

 

 

私が、20代を会社員として過ごした『製薬業界』における、

『医薬品営業(MR)』の仕事など、その最たるものですね。

 

 

現時点、

 

 

全国各地で『医療崩壊』が懸念されている状況において、

医療機関サイドも、不必要な訪問者を、完全シャット・アウトしています。

 

 

これは、

 

 

今も、製薬業界に籍を置いている方から直接聞いた話ですが、

これまで『対人』で行われていた『情報提供・交換』は、

軒並み、電話、メールでの対応に切り替わっているのだとか。

 

 

その状況において、

 

 

『医薬品営業って、本当に要るのか??』という声が、

医療機関はじめ、関係各所から聞こえてきていると言われていました。

 

 

『経営者』視点として、

 

 

あらゆる『ビジネス』を進めていく上で、

最も高くつく『事業コスト』は、間違いなく『人件費』です。

 

 

その上で、

 

 

『価値創出していない(若しくは、費用対効果が合わない)』と、

恐らく、完全にバレてしまった職業の一例が『医薬品営業』です。

 

 

『すぐさま、完全に無くなる』という話では、有りません。

 

 

この職業に限らず、あらゆる『仕事』において、

『必要不可欠な部分』も『(超)優秀な人材』が存在するのは、確かです。

 

 

しかし、

 

 

その他の『9割以上』を占める業務・人員は不要とバレてしまったので、

『コロナ危機』が終息しても、徐々に、徐々にと、整理されていきます。

 

 

勿論、『他の職業』もまったく同じです。

 

 

当然の話ですが、

 

 

今回の『コロナ危機』においても、その出来事を見る視点は、

『経営者』と『従業員』で、まったく違ったものになります。

 

 

私自身、

 

 

今回の『国家的危機』を経験して、『働き方』の大きな変化の渦中におり、

自身の『仕事』を振り返る中で、『不要なもの』を多く発見してきました。

 

 

繰り返しになりますが

 

 

じゃあ、『コロナ騒動』が終息した後、経済循環が回復したとして、

現在『不要』と感じた仕事を、再開する愚行を冒すことがあるか??

 

 

まず、有りません。

 

 

そして、

 

 

この時、切り捨てた『不要な仕事』というものが、

『企業』全体で考えたら、『不要』と考えられた職業・人材に該当するのです。

 

 

本当に、

 

 

ここまで大きな『転換期』は、人生全体を通しても、

2、3回経験できるかどうかのレベルだと感じます。

 

 

大切なことなので、もう一度言います。

 

 

『元の状態』には、絶対に、戻りません。

 

 

世界は、『新しい方向』へと進み始めます。

 

 

私も含めて、

 

 

すべての人が、新たな『思考回路』を、

インストールする必要がある『転換点』に来ています。

 

 

あなたは、『変化』に順応・対応することが出来るでしょうか??

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile