なぜ、富裕層は『国内金融機関』で資産運用しないのか??

今日のテーマは、『なぜ、富裕層は国内金融機関で資産運用しないのか??』です。

 

 

SNS等で直接繋がられている方には情報発信していますが、

昨日から、クライアントの方々と一緒に香港に来ています。

 

 

前回の渡航が、6月下旬。

 

 

今回は希望されるクライアントさんが多かった為、

同時期に、2回に分けて渡航するスケジュールを選択しました。

 

 

この時期の香港は、兎に角、暑い。

 

 

少し考えてみれば当たり前なのですが、

日本の沖縄より南に位置する訳で、赤道直下とまで行きませんが気温は高まります。

 

 

一度、

 

 

間違えて(?)9月1週目に渡航してしまったことがありますが、

日本では体験できないほどの高温に、途中から誰も喋らなくなりました(笑)

 

 

以来、

 

 

7月中旬以降から、8月、9月、10月は渡航しないことにしています。

 

 

香港の夏が日本以上に暑いのは前述の通りですが、

個人的には、それ以上に厄介なことが存在します。

 

 

それは、

 

 

『屋内』については、冷房が10度設定されており『極寒』である事。

 

 

その為、

 

 

夏でも『ジャケット』は絶対に手放せませんし、

それでも、寒暖差で体調をやられてしまうときがあります。

 

 

もともと冷房が苦手な体質もあり、

やはり、『定住したい!』とまでは思えないのが悩ましいエリアです。

 

 

1997年に英国より返還された『香港』ですが、

それから20年以上経った現在でも、『中国』とは異なり、独立性を保っています。

 

 

『議会政治』も別ですし、流通する『通貨』も違います。

 

 

『香港』に出て来た(*)『人民元』は『オフショア人民元』として扱われ、

中国本土の『人民元』とレートが違うあたりも何か不思議な感覚があります。

 

 

要は、『香港』は未だに『香港』だという事です。

 

 

本土からの渡航者も『観光客』扱いしている事が影響しますが、

『香港』は2016年時点で世界ナンバーワンの観光都市になりました。

 

 

定住者『700万人』の人口に対して、実際には、

駐在者・観光者含めて、常時『1000万人』以上が存在していると言われています。

 

 

街中は深夜までお店が開いて人通りが絶えず、

その分、海外では珍しく、女性が出歩けるほどの『治安』の良さもあります。

 

 

これは意外なのですが、日本人を予想より見かけることはなく、

それ以外の地域からの観光客でごった返している感じです。

 

 

『100万ドルの夜景』『ショッピング』『飲茶』『ディズニーランド』etc.

 

 

この辺りの項目をカバーすることで、

観光客全体の9割以上の『満足度』を達成できるのではないでしょうか。

 

 

しかし、

 

 

この『香港』という街は、『観光』だけで終わらせてしまうのは勿体無いです。

 

 

(*ご存知の方にとっては『当たり前』として知られていますが、)

『香港』はアジアを代表する国際的金融センターとして位置付けられ、

『富裕層』を中心に巨額のマネーが集まってくるエリアでもあります。

 

 

必然、

 

 

多くの『お金』が集まることで、世界的金融機関も入って来ますし、

日本国内とは比較にならない『有利な投資対象』も組成されます。

 

 

こちらも、『知っている人は、知っている』情報ですが、

日本国内で営業している外資系保険会社の商品も、

ここ香港では、全く別次元の商品として販売されています。

 

 

この辺りは、保険会社の『末端営業マン』は知りません。

*マネージャークラスは『活用不能』ながら、その存在は知っていると思われます。

 

 

香港、シンガポール等のオフショア地域で販売される保険と比較すると、

日本国内で販売されているそれは、『相手にならない』レベルの商品です。

 

 

しかし、

 

 

それを有り難がって契約し、年間40兆円産業に押し上げるという、

世界的には『アンビリーバブル』な事態が日本では起こっていますが。

 

 

また、

 

 

『保険』に関しては業法の関係上、日本居住者は購入できないにせよ、

『香港』には、それ以上に『運用性』『柔軟性』に富んだ方法も存在します。

 

 

日本の『投資信託』のような仕組みなのですが、資金流動性があり、

その構造上、利益確定するまで『税金の繰延べ』が可能なスキームです。

 

 

『投資信託であれば、国内金融機関でも購入できる!』という方も居るかもですが、

富裕層が『香港』を活用するのは、それなりに理由があると考えます。

 

 

確かに、

 

 

彼らが『香港』で投資するファンドの中には、

日本国内の金融機関ファンド・ラップを通じても購入可能なものが存在します。

 

 

ただ、

 

 

ここが不思議な所なのですが、提供している投資銀行が同じで、

名称、投資セクターが同じファンドであっても、運用成績が異なる事があるのです。

 

 

海外で販売される年金スキームは、

顕在化される『手数料』率の高さが問題視される事がありますが、

国内販売されるファンドの『内在手数料』の高さは更に膨大です。

 

 

(*元々の運用コストにあたる『信託報酬手数料』に加えて、)

『ファンドの監査費用』『売買委託手数料』『ファンド保管費用』『信託事務費用』等々、

様々な名目の手数料が内在する形で徴収された後『ファンド時価』が反映されます。

 

 

これら諸手数料はおもてに出てくることはほぼありませんので、

『何かわからんうちに、手数料引かれてた』という事態に陥ります。

 

 

結果、

 

 

投資家利益に結び付くわけもなく、

『マザーファンド(ダイレクトファンド)投資』と比較して、

『残念なリターン』しか叩き出せなくなってしまうのです。

 

 

稀に、

 

 

『勘違い』されている方々がいらっしゃいますが、

金融ビッグバン以降、日本人の『海外投資』は完全に合法化されています。

 

 

具体的には、

 

 

利益確定の際、その時点で自身の居住地のルール(税制)に従い、

該当する当局に納税すれば、世界基準で何も違法性は認められません。

 

 

この時点で、

 

 

税制的に優遇される国家・地域に居住していれば、

運用中も、そして利益確定後も、合法的に税率を低く抑えられるという仕組みです。

 

 

(*『居住』とは、もちろん『生活の実態』を求められますが。)

 

 

『富裕層』が何故、国内金融機関で資産運用せず、

特定に地域の金融機関において、資産管理・運用を進めているか。

 

 

この『香港』という街に来れば、その一端が垣間見られるかも知れません。

 

 

人生全体を通しての『資産形成』も『自己責任』の時代です。

自ら『情報』を取り、しっかり『主導権』持って生きていきましょう!

 

 

『主導権を持ち、自ら資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

神戸・三ノ宮は7月25日(水)、大阪・梅田は7月27日(金)にて開催致します。

 

 

■2018年7月25日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile