もし『日本国』が破産してしまったら、どうしますか??

今日のテーマは、『もし日本国が破産してしまったら、どうしますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、『阿波踊り』で全国的にも有名な、

『徳島市観光協会』が抱える破産手続き問題を取り上げました。

 

 

今後、どのように事態が動いていくかわかりませんが、

この事例を通して、次のシンプルな2点を整理させて頂きました。

 

 

毎年『赤字』を計上していたら、累積赤字も膨大なものになる。

 

 

②その状況で『資金ショート』したら、どんなに歴史あり、有名で、大きな組織でも破産する。

 

 

しっかりと物事の『本質』を見抜いている方々からしたら、

このことは、とても『当たり前』な事実ですよね。

 

 

それで、

 

 

私が昨日の記事を通して読者の方々にお伝えしたかったのは、

『阿波踊り、なくなるかも知れへんで!』という事では、決してありません。

 

 

そうではなくて、

 

 

1つの『組織』が破綻する流れとしてはこれは典型例であり、

その流れにあるのは、日本国の『社会保障システム』も然り、という事です。

 

 

いや、

 

 

もう少し視野を広げて見たら、『社会保障』のみならず、

日本国の『財政全体』についても言えることかも知れません。

 

 

昨日の記事でも述べさせて頂いたように、

 

 

確かに、主因は(超)少子(超)高齢化で膨大に膨れ上がった『社会保障費』ですが、

日本国の『財政全体』を見ても、現在ではかなり厳しいものがあります。

 

 

国と地方債合わせた累積の借金総額(再建発行額)は、

2017年度末には『1300兆円』を軽く超えてくると言われています。

 

 

日本国のGDPが『約500兆円』そこそこですから、

実に、年間で生み出される価値の『2年間分』を、借金として積み上げている計算ですね。

 

 

この『GDP比200%超』というのはなかなか厳しい値で、

数年前に実質破綻した『ギリシャ』でさえ、この『200%』の大台は超えていません。

 

 

過去に『200%』を超えた経験がある海外諸国の、その後の経過を見ると、

現在の『日本』が、とても厳しい状況に立たされていることがわかると思います。

 

 

『対外純資産が、まだ約400兆円近くあるじゃないか!』

 

 

『固定資産も含めたネット計算なら、そこまで負債総額は大きくならない!』

 

 

『報道されていない、特別会計予算の話もある!』

 

 

『債権は国内消化(保有)なので、日本の場合はない。』

 

 

様々なご意見もあると思いますが、上記の事項を考慮しても、

個人的には、どこかで『リセット』するポイントが来ると考えています。

 

 

それだけ、

 

 

帳簿上であれ、『単年会計』の累積として積み上げた借金総額は、

日本の経済規模から考えても、返済は絶望的なレベルにあります。

 

 

それで、

 

 

その『リセット』の方法を、どのように行うのかは、正直正確にはわかりません。

 

 

戦後の動乱期のように、新円・旧円の交換スキームから、

預金封鎖、資産課税、インフレ、デノミを経由して、一連の流れで清算していくのか。

 

 

それとも、

 

 

ただ単純に、『国債デフォルト』を起こして、一気に片付けてしまうのか。

 

 

いずれの方法を取るにせよ、その『Xデー』が起こった時、

我々『国民』には、少なからぬ負担が来ることは避けられなさそうです。

 

 

その『Xデー』が起こった時、どうなってしまうんですか??

 

 

時に、こういったシンプルな質問を頂く機会もあります。

 

 

皆さんも、素朴に、疑問を持たれたことはありませんか??

 

 

そんな時は、日本の『外』で実際にそれが起こっている国に、

目を向けてみると、近い状況が見えて来るかも知れません。

 

 

現在では、『ベネズエラ』がそうです。

 

 

意図的であるかどうかわかりませんが、

日本のマスメディアは、大々的にはまったく報道していませんよね。

 

 

情勢不安、経済危機で困窮を極める『ベネズエラ』では、今、下記のような事態に陥っています。

 

 

・国民全体の平均所得は、前年比50%以上減少。

 

 

それにも関わらず、

 

 

・2017年1年間でのインフレ率は、『2600%』を超える水準。

 

 

・国民全体の平均として、体重が1人当たり『11キロ』も減少している。

 

 

・国民の『貧困率』も年々減少を続け、2017年に至っては『90%』を超えた。

 

 

・(可能な国民は)国外脱出も進んでおり、2017年1年間で50万人を超える。

 

 

・経済政策に迷走する政府は、埋蔵資源(金、石油etc.)を裏付けとする、

 『仮想通貨』発行により、なんとかして財政の延命措置を取ろうとしている。

 

 

などなど。

 

 

『国外脱出』に関しては、国際的な大問題まで発展した、

ミャンマーの『ロヒンギャ難民』に匹敵する水準まで上ってきているようです。

 

 

こう考えると、そのインパクトの大きさが理解出来ますよね。

 

 

何故、これほど大きな問題が、大々的に報じられていないかは、謎です。

 

 

ここで、冒頭タイトルの質問に移るわけですが。

 

 

皆さん、もし『日本国』が破産してしまったら、どうしますか??

 

 

『Xデー』が起こってしまった時、きちんと対応出来るでしょうか??

 

 

『ベネズエラ』の場合と同じことなのですが、

『国家』と『個人』のリスクを切り離すことが出来た方は、

『国外脱出』という方法でこの危機を乗り越える事が出来ました。

 

 

しかし、

 

 

『国家』と『個人』のリスクを切り離す準備をしていなかった大半の国民は、

今更どうすることも出来ず、上記のように、厳しい困窮に喘いでいます。

 

 

少し話は変わりますが、

 

 

お子さんがいらっしゃる方々であれば、ご自身のお子さんに、

『アリとキリギリス』という童話を読んであげた経験をお持ちではないでしょうか??

 

 

その時はきっと、

 

 

『決して、キリギリスのようになってはいけないよ。』

『アリさんのように、きちんと準備しようね。』と、お子さんにアドバイスしたと思います。

 

 

しかし、

 

 

いざ、自分のこととなると、皆さんはきちんと『準備』出来ていますか??

 

 

お子さんへのアドバイス通り、自身は『アリさん』としての立場にいらっしゃるでしょうか??

 

 

この質問に対して、自信を持って『YES!』と言える方々は、

『日本全体』でみても、それほど多くないように思います。

 

 

『準備』、しっかりとやって行きましょう!

 

 

皆さん(私も含めて)が想像するよりもかなり近い将来、

日本も『経済的危機』に陥る場面はやって来ると思います。

 

 

現在の財政状況を考えると、そう考えるほうが合点がいき、とても自然です。

 

 

その時、突然狼狽えないでも良いように、

今から、少しずつ、着実に『資産形成』に励んでいくことが『生き残る手段』だと考えます。

 

 

『現実をきちんと見据えて、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

3月21日(水・祝)13:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年3月21日(水・祝)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile