アルゼンチンの『テクニカル・デフォルト』は、日本の将来像か??

今日のテーマは、『アルゼンチンのテクニカル・デフォルトは、日本の将来像か??』です。

 

 

一週間ほど前の話題になります。

 

 

8月4日、

 

 

『アルゼンチン政府』と『米欧債権者団』の間で、

『利払い削減』や『返済猶予』を柱とした

公的債務・再編計画の原則合意が発表されました。

 

 

これにより、

 

 

『アルゼンチン国債』を保有していた欧米投資家の、

保有する債権価値は、瞬時にして『半減』したことになります。

 

 

奇しくも、

 

 

大人気ドラマ『半沢直樹』の昨日(8月9日)放送分においても、

『帝国航空』の債権放棄(70%カット)が話題になったばかり。

 

 

同じ時期、

 

 

『現実世界』と『仮想空間(大人気ドラマ)』で、

同じテーマが並行して取り上げられていることに、

不思議な『シンクロニシティ』を感じてしまいます。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

アルゼンチン政府が『デフォルト(債務不履行)』の可能性を、

初めて示唆したのは、今から2ヶ月ほど前、5月後半ごろです。

 

 

この時、

 

 

『テクニカル・デフォルト』なる言葉が用いられましたが、

要は、利払い・償還可能な外貨準備高があるにも関わらず、

アルゼンチン政府が、意図的に利払い放棄したということです。

 

 

しかも、

 

 

アルゼンチン政府が『デフォルト(債務不履行)』に陥るのは、

直近では2014年以来となり、累計で『9回目』を数えます。

 

 

責任の所在について、

 

 

現・フェルナンデス政権は、一貫して『前政権の失政』と説明しており、

就任直後から『債務減免』を求めて、公約実現を果たした形になります。

 

 

シンプルに、『借金の踏み倒し』ですね。

 

 

『債権者団』の中には、欧米・機関投資家も多く含まれており、

彼らは裏切られる形で、『大きな痛手』を負う事になりました。

 

 

今回、

 

 

交渉開始直後から、彼らの『負け』はほぼ確定的となっており、

その理由は、最大債権者となる『国際通貨基金(IMF)』が、

同国の『対外債務』は返済不能と認定したことが挙げられます。

 

 

つまり、

 

 

『最大債権者』が、債務回収を諦めてしまった時点で、

各機関投資家も、『敗戦』が確定してしまったのです。

 

 

『借金を踏み倒したもの』が笑い、『お金を貸したもの』が泣く、

歪な社会構造に、個人的には『違和感』を感じずにいられません。

 

 

前述の通り、

 

 

アルゼンチンは『デフォルト常連国』にも関わらず、

毎度毎度、国債市場への復活が許され続けています。

 

 

実際、

 

 

前回は2014年に『債務不履行』に陥ったにも関わらず、

2017年には、早々に『100年債』を発行するに至ります。

 

 

この時、

 

 

100年債販売によりグローバル市場から調達した金額は、

『30億ドル(約3300億円)超』と言うから驚きです。

 

 

しかも、

 

 

その保有者リストには『著名機関投資家』が名を連ねており、

今回のデフォルトには、この100年債も、当然含まれます。

 

 

何故、

 

 

『債権者団』は、デフォルト常連国のアルゼンチンに、

毎度毎度、ご丁寧に、騙され・裏切られ続けるのか??

 

 

それは、

 

 

『前回のデフォルトで騙されたもの』と『今回騙されたもの』が、

異なる人物だからというロジックにより、容易に説明ができます。

 

 

つまり、

 

 

前回(2014年)減免された債務購入の担当者は、

同国がデフォルトした時点で、『引責』させられた可能性が高い。

 

 

そして、

 

 

今回、『同様の手口』に引っ掛かってしまった債務購入の担当者は、

『前回の惨事』を経験しておらず、想像できなかったという事です。

 

 

また、

 

 

歴史的な『超低金利時代』が継続している現代において、

『リスク案件』に手を出さざるを得ない状況も、流れを加速させます。

 

 

この辺り、

 

 

欧米・機関投資家の各部門担当者も『会社員』なので、

会社から求められる『ノルマ』を達成していく為には、

ある程度、『危ない橋』も渡らざるを得ません。

 

 

勿論、

 

 

市場に存在する『歪』は、いつか、調整されるのが常ですが、

『それは、今じゃない』を合言葉に、足を踏み入れ続けます。

 

 

結果、

 

 

今回のような事例(デフォルト)は、繰り返され続けるのですが、

現代資本主義の不思議な魔力が、毎回、飲み込み続けてくれます。

 

 

ところで、

 

 

多くの方々が『対岸の火事』と考えているこのイベントですが、

『累積債務』の深刻さでは、日本も『他人事』ではありません。

 

 

むしろ、

 

 

日本の有事も『アルゼンチン型』であると予想されており、

近い将来、『テクニカル・デフォルト』を迎える可能性は高いです。

 

 

ただし、

 

 

日本のそれが、アルゼンチンと異なるポイントは、

債権者団に『海外投資家』が、ほぼ入っていないということ。

 

 

専ら、

 

 

日本国債の9割超は『国内(法人投資家)』で消化・保有されており、

『債務不履行』を公表しても『海外』からのバッシングは有りません。

 

 

『泣き』を見るのは、間接保有している『日本国民』です。

 

 

昨日の公式ブログで話題にした、世界No. 1投資家、

ウォーレンバフェットの名言の一つに、次の言葉があります。

 

 

『潮が引いて初めて、誰が、裸で泳いでいたのかが分かる。』

 

 

あなたは、『裸』で泳ぎ続けていないでしょうか??

 

 

着実に『準備』している方々がいることも、理解する必要があります。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile