世界の『マネー』は、果たして、どこに向かうのか??

今日のテーマは、『世界のマネーは、果たして、どこに向かうのか??』です。

 

 

久しぶりに、『お金』に関する話をしようと思います。

 

 

本当に、『僅かな期間』で、世界が変わってしまいましたね。

 

 

2020年に入り、

 

 

昨年(2019年)末、中国・武漢で『新型ウイルス』発生の第一報が流れた際、

一部の専門家、感覚の鋭い人を除いて、完全に『対岸の火事』と感じましたよね。

 

 

それから、

 

 

暫くの期間、メディアでも連日報じられ続けたこの話題ですが、

『トイレットペーパー買占め騒動』が全国的に起こったことも、

今となっては、まだまだ可愛い騒ぎだったように感じます。

 

 

その後、

 

 

震源地・中国を離れて、『新型ウイルス』が世界的に伝播する形となり、

特に、米国、欧州では猛威を奮い、多くの死者を出す事態に陥りました。

 

 

日本でも、

 

 

芸能人・プロアスリート等の著名人が、続々と感染を公表し、

彼ら・彼女らに対して、一方的に親近感を持っていた私達も、

一気に、新型感染が『身近なもの』に感じられ始めました。

 

 

特に、

 

 

日本が誇る、世界的コメディアン・志村けんさんの訃報は、

日本社会全体の空気を、一気に『ピリッ!』と緊張感あるものにしましたね。

 

 

その後、

 

 

追悼の特別番組も、数多く組まれたと聞いていますが、

それらの関心度(視聴率)の高さが、志村さんの『人徳』を反映していると感じます。

 

 

私自身、

 

 

現在、『外出自粛』を徹底し、『接触8〜9割減』を実行中ですが、

活動拠点とする『大阪』の街の雰囲気も、大きく変わってしまいました。

 

 

それでも、

 

 

『完全外出自粛』は不可能なので、『密』を避けたジョギングは継続中ですが、

関西在住となり18年目、ここまで『人』の少ない大阪は、初めて経験します。

 

 

約12年前、

 

 

世界金融が、突如『心肺停止』となった金融危機もありましたが、

まさか、『新型ウイルス』で、ここまで世界経済が麻痺するとは、

これまで、想像すらしていませんでした。

 

 

『経済』は『人』あってこそ。

 

 

『基本中の基本』とも言えるそのことを、痛感させられますね。

 

 

以前から、

 

 

繰り返しご紹介していますが、ここまで『世界経済』が麻痺したら、

この地球上に、『影響を受けない人』というものは、存在しません。

 

 

先日、

 

 

『緊急事態宣言』が発令された、該当する大都市圏では、

『経済保障』の問題等は、まだまだ山積しているものの、

業種を明確に指定して、『休業要請』が為される事態に発展しています。

 

 

しかし、

 

 

『未指定』の業種が、影響を受けないかと言えば、そうではなく、

社会全体の『お金』の流れが、ここまでストップしてしまったら、

間違いなく、それらの業種も影響を受けることになるでしょう。

 

 

実際、

 

 

個人的にも、最近、少しだけ困りはじめたことは、

『感染リスク』が高過ぎる為、美容院に行くことが出来なくなったこと。

 

 

1つの『事実』として、冷静に受け入れて欲しいのですが、

 

 

日々、『不特定多数』の人と接触を余儀なくされる職業の方々は、

特に、大都市圏では『ウイルス:キャリア』である可能性が、相当に高い。

 

 

実際に、

 

 

某・著名経済評論家の講演中でも、

日常生活で、上記の条件(不特定多数との接触)を満たす方々が、

『ウイルス:キャリア』である可能性の高さが示されていました。

 

 

流石に、

 

 

バリカンを持ち出し、学生時代以来の丸坊主になる訳にもいきませんが、

仮に、美容院を訪れるとしても、必要最小限の滞在時間に限定しますね。

 

 

これまで、

 

 

カットだけでなく、カラーやパーマ、ヘッド・スパもしていましたが、

現状、そのような選択は『感染リスク増大』以外何者でも有りません。

 

 

恐らく、

 

 

私と同様に考える方々も、社会には相当数いらっしゃると思うので、

そうなると、理・美容院での『支出』も、社会全体で抑制されます。

 

 

その他、

 

 

あらゆる場面・業界において、『経済循環』が減速・抑制されており、

このままの状態が続けば、『資本主義経済』の更なるクラッシュも考えられます。

 

 

実際に、

 

 

昨日(4月14日)、IMF(国際通貨基金)から発表された、

2020年:世界経済成長率は、前年比『▲3%』に落ち込むという予測です。

 

 

人によっては、

 

 

『前年比:▲3%減少』というフレーズを聞いて、

『あれ、想像していた数字より、大した事ないな』と感じるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

大前提として、『インフレ』をベースに推移する現代社会において、

『前年比:▲3%』の経済減速は、『大ブレーキ』と呼べるもので、

事実、『世界恐慌』以来の景気後退と言われています。

 

 

それ(世界恐慌)が起こったのが、1930年代初頭です。

 

 

『第二次世界大戦』が行われるよりも、更に『昔』、

私たちは、『歴史的イベント』に肩を並べるインパクトを、今、体験しています。

 

 

通常、

 

 

このような『大転換期』に直面した際、起業家・投資家という立場の人間は、

『潮流』が変化した『マネー』が、どこに向かっているのかを、想像します。

 

 

しかし、

 

 

ここまで、世界全体の『経済活動』が急停止してしまったら、

『大局観』として、『マネー』が向かっている先など、見当たらないですよね。

 

 

勿論、

 

 

『活動制限』により、人々の『生活スタイル』の変化から来る、

『限局された分野』への流入はあるでしょうが、全体から見れば『僅か』です。

 

 

むしろ、

 

 

世界では、この『現存貨幣経済』が、一時的にストップしている裏で、

『新たな価値観』への大転換が行われている、という説すらあります。

 

 

理解されている方もいらっしゃる通り、

 

 

一般的に、『価値がある』と認識されている『現存貨幣経済』も、

世の中全体の『信用創造』の上に、全ての取引が成立しています。

 

 

極論、

 

 

もし仮に、世界人口70億人が一斉に、

『基軸通貨:米国ドル』の『完全無視』を決定してしまえば、

その瞬間から『お金持ち=文無し』の逆回転がスタートする。

 

 

このような事が、

 

 

本当に起こってしまったら『大問題』になるのは必至ですが、

『世界経済』が、一時的にストップしてしまっている現状は、

その『契機』としては、最善と考えられるのかも知れません。

 

 

勿論、

 

 

『健康』に優先されるものはないので、『感染対策』が第一ですが、

こちらも日々変動する、『経済動向』にも、引き続き注目することが必要です。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile