世界の潮流と逆行する、『日本国債』の不穏な動き。

今日のテーマは、『世界の潮流と逆行する、日本国債の不穏な動き』です。

 

 

本日夕方から、再び香港に飛び立ちます。

 

 

いつもは朝一に関西空港を飛び立つ便を予約しますが、

今回、繁忙期の為、予約が取れず、ゆっくりしたスタートとなりました。

 

 

普段、

 

 

クライアントさんと一緒なので、前日は寝坊がないか不安になりますが、

流石に、16時過ぎのフライトでは、それが無いので良いですね(笑)

 

 

現地では、

 

 

少しタイトなスケジュールになりますが、

仕事をしながらも、束の間の『現実逃避』をして息抜きして来ようと思います。

 

 

世間的には、

 

 

『ファーウェイ CFO 逮捕』のニュースの方が注目度高い為か、

全く話題になりませんでしたが、週末、NY株式市場は大幅下落して取引を終えました。

 

 

一時は、

 

 

『2万6000ドル』を超える値を示した『NYダウ工業株30種平均』も、

前日比『550ドル超』下落し、『2万4388.95ドル』で終了しています。

 

 

つい先日、

 

 

『米中貿易摩擦』についても、一時的に緊迫感から解放され、

『株式市場』にも楽観が漂い始めていたので、ここにきての下落は意外です。

 

 

極論、

 

 

『未来』は、正確には誰にも『予測』が出来ませんが、

市場参加者の『メンタル』により、乱降下することを日々実感しています。

 

 

これを受けて、

 

 

最近まで堅調に上昇を続けていた『米国長期金利』も、

『年率3%』を割り込む値まで、一時的に下落しました。

 

 

ただ、

 

 

来年以降、『FRB』も順当に利上げしている予測を見ると、

世界経済全体として、『超低金利』の時代は終焉を迎えたと感じています。

 

 

約5年前、

 

 

日本に先駆けて『マイナス金利政策』を導入した欧州を中心に、

先進諸国も、歴史的な『超低金利』の時代が数年間続いてきました。

 

 

そもそも論として、

 

 

『お金』を借りる時、

『債務者(借り手)』が『債権者(貸し手)』に対して金利を支払うのは当然で、

それを否定してしまったら、『経済学』自身が成立しなくなってしまいます。

 

 

もしも、

 

 

これが現実世界で起こるのであれば、『債務者』が圧倒的有利になり、

長期的に返済する事を口約束し、多額の融資を引き出した者が『勝ち組』になる。

 

 

これに対抗し、

 

 

『多額融資』を受けることへの『抑止力』として働くのが、

『金利』として、『元本』に加えて『債権者』に返済する仕組みなのです。

 

 

ただし、

 

 

この『経済学の常識』が、ここ数年間成立しておらず、

ほぼ0%(実際は1%未満)の金利で『融資』が受けられる、

『借り手』有利の異常事態が巻き起こっていたのです。

 

 

この状況に対して、

 

 

私自身、これが『定常状態』となることは決してあり得ず、

その『歪み』は、必ず近い将来に修正されると言い続けてきました。

 

 

そして、

 

 

『当然の話』ですが、この『異次元ワールド』も終焉を迎え、

世界的にも、『適正金利』を得る時代が戻ってきた状況なのです。

 

 

、、、、ところで、という話。

 

 

皆さん、私がここまで長々と話をしてきた内容ですが、

日々の生活の中で、『実感』として感じることが出来ていますか??

 

 

私がこういう聞き方をする時、その回答は『NO.』ですよね(笑)

 

 

そう、

 

 

世界は『適正』な状態に戻ろうとしているにも関わらず、

『日本』においては、その潮流に逆行して、異常事態が継続しているのです。

 

 

どこでわかるか??

 

 

それは、海外諸国同様、『長期金利』の動向を見ればおおよそ分かります。

 

 

日本の『長期金利』の指針にされるのは、

『新発10年者国債の年率利回り』がそれですよね。

 

 

今、どれほどの『利率』かご存知でしょうか??

 

 

大阪、神戸で開催しているセミナーでもよくこの質問をしますが、

実際、これまで明確に答えられた方はいないのが実情です。

 

 

皆さん、その時々での日本の『長期金利』を、ご存知無いんです。

 

 

それはなぜかと言うと、、、、、、、、ほぼ『ゼロ』なので自分に関係無いから。

 

 

前述で、

 

 

『新発10年もの米国債』の金利が『年率3%』という話をしましたが、

これは言い換えれば、米国人は『無リスク』『年率3%』で運用可能な事を意味します。

 

 

『日本』の状況から考えれば、『夢』のような数字ですよね。

 

 

もし、『日本国債(長期金利)』がこれほどの値であれば、

皆さん、自身のポートフォリオに組み込む可能性が出てくるので、ウォッチします。

 

 

しかし、

 

 

現状、『ほぼゼロ』の状態が継続する『日本国債』では、

そんな事はあり得ないので、スルーしてしまっているだけです。

 

 

一時、

 

 

『年率0.100%』の水準を超えて来ていたその値も、

少し目を逸らしたうちに、『0.055%』付近を推移するまでに後退しました。

 

 

この数字こそ、正に『異次元』な訳ですが、

世界の潮流と逆行する状態が続いていても、是正される気配は全くありません。

 

 

何故、このような『異次元ワールド』が継続するかと言うと、

私たちの『国民資産』を有効活用し(?)、

せっせと国債の『国内消化』が行われているからです。

 

 

勿論、中央銀行(日本銀行)を通した大量購入も継続中です。

 

 

この『マスキング・スキーム』が発動しているからこそ、

日本国債は、『信用格付け』とは乖離した、『超低金利状態』が継続しているのです。

 

 

先日から、

 

 

『ゆうちょ銀行』における『預入れ限度額増額』の話題が散見され、

一時『倍増』との報道も出ましたが、『300万円増額』と無難な所で決着しそうです。

 

 

世間の方々はピンと来ないかも知れませんが、

 

 

『ゆうちょ銀行』の預入れ限度額が増額し、資金が集まるという事は、

『国債買入れスキーム』も、より活用しやすい状態になるという事です。

 

 

この状況が続く限り、暫く、『異次元ワールド』は継続しそうです。

 

 

ただし、

 

 

その『異次元ワールド』も、近い将来『終焉』を迎える事は、

私たち日本国民は、しっかりと理解して、行動しておかなければいけません。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile