世界ナンバーワン投資家が抱える『贅沢な悩み』。

今日のテーマは、『世界ナンバーワン投資家が抱える贅沢な悩み』です。

 

 

停滞気味であり、かつ、それでも堅調な世界経済にも関わらず、

それでも、公式ブログで取り上げたいネタは日々出てきますね。

 

 

『経済』には『政治』が絡むことが多分にありますが、

その『経済』を司るのが『人』である以上、

日々の変動はどのような状況・時代においても出てきます。

 

 

世界的にトピックスになっている事柄もありますが、

今日は、一旦そちらは無視して、1つコアな報道に注目しました。

 

 

バークシャー・ハサウェイの手元現金が1110億ドルに増加。』

 

 

『自社株買いの可能性を巡る議論が活発に。

 

 

『投資』に明るい方々はご存知かと思いますが、

『バークシャー・ハサウェイ』というのは、

投資家ウォーレン・バフェット氏がCEOを務める世界的投資企業。

 

 

元々、

 

 

斜陽産業であった『紡績業』として機能していた会社ですが、

様々な企業の内在的価値を見抜くことにより、割安株を発見し、

その企業を傘下に納める手法で一時代を築くことで『投資会社』として生まれ変わりました。

 

 

バフェット自身が『師』と仰ぐベンジャミン・グレアムの手法を、

独自にアレンジしたこの手法は、『バリュー投資』と言われています。

 

 

奇しくも、

 

 

『バフェット最大の失敗』と言われる『バークシャー(という企業の)買収』でさえ、

『成功例』に変えてしまう辺り、世界ナンバーワン投資家の『凄み』を感じてしまいます。

 

 

1965年創業で、現在までに『50年』以上の時間が経過しますが、

この期間において、年率換算の平均リターンは『約20%』に及びます。

 

 

無論、

 

 

これだけの長期間、持続的に『結果』を残し続けた投資家は存在せず、

その事実が、彼が『投資の神様』として崇め続けられている所以です。

 

 

その『バークシャー・ハサウェイ』が、現在、『贅沢な悩み』を抱えています。

 

 

冒頭でも報道のタイトルをご紹介させて頂きましたが、

手元資金が『1110億ドル』に迫り、新たな投資先の選定に頭を捻っているようなのです。

 

 

最も可能性が高い選択肢とされているのが、

『バークシャー・ハサウェイ』自身に投資する『自社株買い』というもの。

 

 

しかし、

 

 

直近の『四半期決算』が好調さが裏目で株価が割高である可能性があり、

事実、バークシャーの『クラスA株』は8月6日時点、

前営業日比2.3%高の31万1805.50ドルで取引を終了しています。

 

 

もしこの方法を実行するのであれば、

 

 

『バークシャー』は『内在的価値』を自ら算出し、

将来的に顕在化する『本質的価値』が、現在の『取引価格』を上回ることを示す必要があります。

 

 

バフェット始め、彼の右腕チャーリー・マンガーは、

株を所有する企業の価値向上に務めてきた訳ですが、

『自社株買い』という手法に限れば、それがジレンマを生んでいる状況です。

 

 

バフェット自身、

 

 

時に『独特な表現』で、その状況を言い表す事がありますが、

『手元資金』が潤沢にも関わらず、『投資先』に苦慮する今の状況は、

彼の言葉で言う『セックスしたいのに無人島にいる気分』でしょうか。

 

 

『1110億(米)ドル』と言うと、大き過ぎてよくわかりませんが、

日本円換算で『約12兆円』にものぼる巨額な資金です。

 

 

当然、

 

 

このような『大きなお金』の動向は市場に影響を与えるので、

今後も、暫くは注視して行くのも面白いかも知れませんね。

 

 

『バークシャー』自身、上場している企業である事に変わりないので、

市場、投資家から、常に『(経済的な)成長』を求められる立場にあります。

 

 

バフェット自身は、

 

 

100回輪廻転成を繰り返しても使い切れない『お金』を既に手にしていますが、

『世界ナンバーワン投資家』である状況が、彼を市場から退出出来なくさせています。

 

 

そう考えると、『お金持ち』になったらなったで、

私たちとは違ったレベルで『悩み』は一生尽きないものですね。

 

 

それで、

 

 

日本人の多くは、彼の『悩み』など一生遭遇することもなく、

また違ったレベルの『悩み』に囚われて一生を過ごします。

 

 

『お金がない!』というのは最も切羽詰まった問題かも知れませんが、

それは、本人の努力以外に救いようは無いので、自身で解決する必要があります。

 

 

次のステップになると、

『お金は持っている』けど、『投資する勇気がない』というものでしょうか。

 

 

日本全体で見ると、

 

 

過大評価されて換金不可能な『不動産資産』を除いて、

保有する『金融資産』の約8割ほどが『現預金』で保有されている有様です。

 

 

これはあくまで『平均』なので、

 

 

一般的な『日本』の世帯を見ていくと、実態としては、

保有する『金融資産』のほぼ100%近くが、

『現預金』という世帯も少なくないのではないでしょうか。

 

 

100歩譲って、

 

 

保有する金融資産が『10億円』というのであれば、

『取り崩し戦略』でも定年退職後の「リタイア生活』を歩んでいけるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

『貯蓄ゼロ世帯』が国内全体の20%を占める現状を考えると、

『保有資産100億円』というのは、『夢物語』にもなりません。

 

 

そして、

 

 

『人生100年時代』に突入したにも関わらず、

まだまだ定年退職が『60歳』『65歳』の現状を考えると、

『投資』する事なしに人生を完走するのは不可能に思えます。

 

 

前半部分でご紹介した『バークシャー』の事例は、

既に目一杯投資しているにも関わらず、『手元資金』が残っている状況でした。

 

 

でも、

 

 

多くの日本家庭は『投資する事なく』『手元資金を残している』ので、

既存の社会保障システムが崩壊しつつある現状から考えると、

この『人生戦略』で、私たちが一生を完走していくのは不可能です。

 

 

今、日本人の多くの方々が抱える『悩み』は、

 

 

決して『手元資金が潤沢にある』バークシャーのそれではなく、

『投資を恐れて、行動する事が出来ない』というものなのです。

 

 

これからの時代、勇気を持って踏み出し、自ら『資産形成』を進め、

国家がどのような経済状況になっても、乗り越えていく基盤を築く事が大切です。

 

 

『自らアクションを起こし、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(t)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile