世界ナンバーワン投資家も認める、世界市場の『潮流変化』。

今日のテーマは、『世界ナンバーワン投資家も認める、世界市場の潮流変化』です。

 

 

月内での『緊急事態宣言』解除に向けて、慌しくなって来ました。

 

 

全国的にも、明らかに『感染者数』は減少しています。

 

 

本日(5月17日)付、

 

 

東京都における新規感染者は『5人』に留まり、

実に、約2ヶ月ぶりの低水準に落ち着きました。

 

 

更に、

 

 

私が活動拠点とする『大阪』では、新規感染者に加えて、

19:00現在、新たな死者も『0人』となっています。

 

 

ただし、

 

 

街を覆う空気には、明らかに『緩み』を感じており、

海外諸国の事例を考慮しても、『第二波』以降の到来は確実です。

 

 

かと言って、

 

 

これ以上、『経済活動』をストップできる体力も残されておらず、

ここからは、当面の間、『いたちごっこ』が続くと予測されます。

 

 

中々、『完全終息』への道のりは遠いですが、気を確かに頑張りましょう。

 

 

このように、

 

 

世界市場、全ての分野において『大変革』が訪れていますが、

その最中、『世界ナンバーワン投資家』の動向にも、注目が集まっています。

 

 

『ウォーレン・バフェット』

 

 

『投資』『金融』の分野にそれほど明るく無い方ですら、

その『名前』だけは聞いたことがある方々も、多くいらっしゃると思います。

 

 

私自身、

 

 

今から10年以上前、『投資』の世界に足を踏み入れた際、

その初期に、『思考体系』として『最も影響を受けた人物』の1人です。

 

 

彼自身、

 

 

未だ、投資会社『バークシャー・ハザウェイ』の最高責任者を務めますが、

『動かない』ことで有名な同社の保有銘柄が、直近で『変化』しています。

 

 

市場にインパクトを与えたのは、

 

 

米投資銀行として名高い『ゴールドマン・サックス社』の株式を、

今年(2020年)3月末時点までに、大半売却してしまった事。

 

 

その保有は、

 

 

前回の金融危機時、『2008年』にまで遡ることになり、

米国市場の『メルト・ダウン』により窮地に陥った同社を、

『優先株』『新株予約権』という形で引き受けていました。

 

 

また、

 

 

同じく金融関連株では、米投資銀行大手『JPモルガン』に加えて、

米・地銀大手の『USバンコープ』株式についても解消しています。

 

 

基本的に、

 

 

『米国銀行株』は、その該当が少ないことで有名な、

『バフェットの気に入り銘柄』の1つに当たります。

 

 

つまり、

 

 

バフェットが、『ゴールドマン』に加えて『JPモルガン』まで、

保有シェアを削減するということは、驚きを与えているのです。

 

 

更に、

 

 

それ以上の『インパクト』を市場に与えた動きが、

保有する『全ての航空株』を売却したというもの。

 

 

日本同様、

 

 

『航空産業』というものは、いわば『国家に守られた業界』なのですが、

その産業ですら、今後の『回復』を望むことは、容易ではないとの判断です。

 

 

実際、

 

 

年次株主総会の場において、バフェット自身『世界が変わった』と発言しており、

新型ウイルス感染拡大が収束(終息)局面を迎えても、復活は無いと見ています。

 

 

因みに、

 

 

完全に余談ですが、ウォーレン・バフェットは御年『89歳』で、

今年(2020年)8月30日付で、遂に『90歳』を迎えます。

 

 

彼自身、

 

 

『株式投資』をスタートしたのは『11歳』の頃と言われており、

実に『80年間』もの長期間、株式市場を見守ってきた人物でも、

今回の『コロナ危機』は、『新時代の到来』と捉えているのです。

 

 

彼の有名な格言の1つに、次のようなものが有ります。

 

 

『明日から10年間、市場が閉じてしまっても、

 保有し続けたいと思える銘柄を買いなさい。』

 

 

要は、

 

 

『10年間、売買をすることが出来なくても』という意味なのですが、

その長期投資家が『大きく動いた』ことが、市場に衝撃を与えました。

 

 

ここまでは『投資家・経営者』視点で話を展開してきましたが、

『会社員』という立場の方々にも、『変革』は迫られますよね。

 

 

現在、

 

 

『テレワーク』という言葉も、完全に『市民権』を得てしまいましたが、

『コロナ危機』終息後も、この形態は、終焉することは無いと考えます。

 

 

大都市圏の方々は、

 

 

『これで、満員電車での通勤がなくなる』と喜ばれるかも知れませんが、

物事を『表面的』にしか見ておらず、もう少し、深く考える必要があります。

 

 

既に、

 

 

気付かれている方々も沢山いますが、『テレワーク』という業態は、

その人材の『要・不要』が、とても明確に表れてしまう働き方です。

 

 

これまで、

 

 

物理的に出社し、ある程度『働いている雰囲気』を出していれば、

『あいつ、頑張っているな』と評価されていたのが、サラリーマン家業です。

 

 

しかし、

 

 

『テレワーク』が完全導入された社会では、当然、出社そのものがない為、

『頑張っている』という曖昧な評価基準は、全くもって意味を為しません。

 

 

要は、

 

 

『成果』により評価されるという、『真っ当な時代』が来るのですが、

ルール改正の『転換期』としても、今回の『コロナ危機』は最適です。

 

 

『残業』という概念も、これからは、意味を為しません。

 

 

米国では、

 

 

『週給685ドル』『年収3万5568ドル』以上の基準値を満たす会社員は、

『エグゼンプション(脱時間給制度)』対象で、完全成果主義が導入されています。

 

 

日本市場も、早晩、そうなりますよね。

 

 

このように、時代は、全ての分野で『大転換』を起こしています。

 

 

あなたは、『変化』に対応仕切れていますか??

 

 

この『流れ』に取り残されないように、

しっかりと『新たなアクション』を起こし続けていきましょう。

 

 

いつの時代も、天は、自ら助るものを助く。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile