中国人投資家は、何故、『年率47%リターン』でも満足しないのか??

今日のテーマは、『中国人投資家は、何故、年率47%リターンでも満足しないのか??』です。

 

 

新型コロナウイルスに関連する報道が、留まる所を知りませんね。

 

 

本国・中国では、感染者数が『1万4000人』を突破し、

死者数も『1300人超』に膨れ上がっていると言われています。

 

 

日本政府は、東京五輪の予定通りの開催を宣言しています。

 

 

が、

 

 

現時点では、春を迎えても『流行』は継続すると見られており、

WHO(世界保健機関)も『終息の兆しが見えない』と発表しています。

 

 

個人的には、

 

 

米国を襲う『インフルエンザ(死者数1万人超)』との報道格差は感じますが、

それでも、ここまで世界的に拡大し、長期化するとは想像していませんでした。

 

 

2月13日、

 

 

『春の陽気』を感じさせる気温上昇に覆われている日本列島ですが、

来週からは、再び、『真冬』が舞い戻って来るとの報道もあります。

 

 

体調を崩しやすいシーズンなので、皆さんも、お身体ご自愛下さい。

 

 

本題に入ります。

 

 

前述の『新型コロナ・ウイルス』の影響も若干あると言われていますが、

少し前に、『資産形成(投資)』に関する、興味ある報道が流れました。

 

 

次のようなものです。

 

 

市場平均を上回る『年率47%リターン』でも顧客は満足せず。

 

 

2019年、『中国株投資信託』から、年間通じて資金は流出。

 

 

某海外メディアの報道によると、

 

 

『中国株投資信託』において、昨年(2019年)一年間でのリターンは、

ベンチマーク(市場平均)を8ポイント上回る『47%』を記録しました。

 

 

しかし、

 

 

市場参加者(投資家)からは、その成績に見合う評価は受けられず、

年間通じて『64億米ドル(7000億円超)』の資金流出となるようです。

 

 

『日本市場』では、なかなか考えられない事ですね。

 

 

仮に、

 

 

ベンチマークとなる『市場平均』を下回っていたとしても、

『年率47%リターン』を計上すれば、日本の投資家は満足して、解約しません。

 

 

単純計算で、

 

 

『1000万円』を資金拠出して運用していた場合、

1年間で『約1500万円』に増大する訳ですから、

『日本基準』で考えたら、悪くはないですよね??

 

 

むしろ、

 

 

その数字には到底及ばない『保険証券』を、多数抱えている現状を見ると、

上記の状況(市場平均以下)であっても、感謝されるのではと想像します。

 

 

その思考回路からすると、

 

 

前述の報道、市場平均を上回りながら『47%リターン』で解約する、

『中国人投資家』の思考回路は、理解出来ないのではないでしょうか??

 

 

1つだけ、質問させて頂きます。

 

 

あなたは、『中国人投資家』のこの行動原理が、理解出来ますか??

 

 

この質問に対して、『YES!』と答えられる日本人は、殆ど居ません。

 

 

少しくどいですが、

 

 

『年率47%リターン』にも関わらず、資金流出に至った理由は、

『中国人投資家』が持つ、日本人には無い『思考回路』が存在するからです。

 

 

それは、何か??

 

 

『機会損失』

 

 

例え、

 

 

『中国株投資信託』が、上記リターンをもたらそうとも、

他に『最良な選択肢』が存在していたと認識するならば、

彼ら(中国人投資家)は『逸失利益=損失』と見做します。

 

 

今回の事例では、

 

 

『リスク(不確実性)』を受け入れられる、多くの投資家は、

よりボティリティ(変動幅)の大きい『小型株』投資の方が、

『年率リターン』がより高かったのではと予測しているようです。

 

 

また、

 

 

冒頭、話を展開した新型コロナウイルスの影響もあり、

自宅待機を余儀なくされる人が多いのも、『一因』なのだとか。

 

 

彼ら・彼女らは、複数の投資家から資金を預かり、

 

 

『リスク嫌気』的運用編重のファンド・マネージャーの運用を信頼しておらず、

自ら『リスク』を取って運用した方が、パフォーマンスが高かったと考えます。

 

 

それ以外にも、

 

 

現在、『チャイナ(中国人投資家)・マネー』は、世界を席巻しており、

『超過リターン』を求めて、世界のあらゆる投資対象を駆け巡っています。

 

 

まさに、

 

 

30年以上前、日本国が『バブル』に湧いていた時期と重なりますが、

世界の様々な国・地域で、『不動産』を買い占めているのは、現在は『中国人』です。

 

 

中には、

 

 

『年率47%リターン』を超える私募債等も、当然存在しており、

それらの存在を認識している彼らとしては、国内市場での運用は、

『機会損失』していると感じているのです。

 

 

私たち『日本人』も、見習わなければ行けませんね(笑)

 

 

本日(2月13日)付、

 

 

日本市場の基準となる『日経平均株価』の終値は、

前日比『22円48銭安』ながら、『2万3,827円73銭』の高水準を付けています。

 

 

この数字は、

 

 

『直近12ヶ月』という期間でみた場合でも、

『年間113%超リターン』を記録しており、

日本人的感覚で言えば、十分すぎる『成果』ですよね。

 

 

しかし、

 

 

世界スタンダードで見た時、その姿勢はあまりにも『謙虚』であり、

長期的な『資産形成(投資)』の観点では、正しくないかも知れません。

 

 

日本国内の、

 

 

『限られた(狭い)視点』に囚われ、スコトーマ(盲点)にハマる事なく、

21世紀の覇権国『中国』からも、しっかり学んで行動していきましょう。

 

 

『危機損失』、その考え方を覚えておいて下さい。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮2月26日(水)、大阪・梅田2月27日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年2月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年2月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile