人類普遍の輝きを放つ、『金(gold)』という資産を考える。

今日のテーマは、『人類普遍の輝きを放つ、金(gold)という資産を考える』です。

 

 

わずか2年ほど前、

 

 

『金(gold)は輝きを取り戻せるか??』という旨で、

公式ブログの記事を、書き進めた記憶が残っています。

 

 

当時、

 

 

『金(gold)』は、取引単位1トロイオンス(約31.1グラム)当たり、

『1200ドル台』で取引され、近年における底値を推移していました。

 

 

上記では、

 

 

『底値』という言葉を使っていますが、当たり前の話ながら、

その最中にいては、『底値』かどうかの判定すら出来ません。

 

 

当然、

 

 

2020年現在から振り返れば、そこが『底値』と分かりますが、

当時、その後の展開に反して、悲観的な見方が主流を占めました。

 

 

実際、

 

 

世界的著名投資家、ファンドマネージャー、機関投資家の中には、

『取引単位当たり1000ドルを下回れば、再び買いに入る』と、

オフィシャルの場で発言する人もいたほどです。

 

 

奇しくも、

 

 

技術革新から、『暗号資産』に対する世間的評価も高まっていた時代。

 

 

その取引価格低迷も相まって、

 

 

有史以来、数千年間、人類に評価されてきた資産は、

『時代遅れ』という見方も、広がりつつありました。

 

 

しかし、

 

 

誰も予測すら出来なかった『新型ウイルス』の到来も重なり、

2020年、その『輝き』は一瞬のうちに取り戻されました。

 

 

この辺り、

 

 

同資産(金:gold)を保有している人はご存知でしょうが、

現在では、取引単位あたり『2000ドル』前後の水準で推移しています。

 

 

今年7月、

 

 

史上初めて『2000ドル』の壁を突破した訳ですが、

2011年以来、9年ぶりの高値更新を記録しました。

 

 

『1200ドル時代』から比較して『60%超』の上昇ですから、

短期間における、その評価の高まりを実感して頂けると思います。

 

 

ただ、

 

 

冷静に考えてみると、『金(gold)』という資産は、

本当に、不思議な魅力を持った資産だと分かります。

 

 

例えば、

 

 

『株式』『債券』等の資産であれば、それぞれの保有に伴い、

『配当・利払い』等のプラス要因による増益が期待できます。

 

 

しかし、

 

 

『金(gold)』という資産は、当然、配当・利払も発生せず、

『ただ、それを保有しているだけ』の価値しか発揮しません。

 

 

保有における正当性は、

 

 

『配当』『利払い』の権利を放棄したとしても、

他の資産を保有するより、取引価格が上昇する場合にのみ示されます。

 

 

前述しましたが、

 

 

有史以来、金融市場の様々なルール変更が行われる中で、

数千年間、人類が価値を認めてきた『唯一の資産』だと言えます。

 

 

『ダイヤモンドをはじめとした宝石類も、そうじゃないの??』

 

 

上記のように言うと、このような質問も返って来そうですよね。

 

 

確かに、

 

 

宝石類も、その『価値』を担保する要因は、

『金(gold)』と、非常によく似ています。

 

 

『人類が共通して魅力を感じること』

 

 

『希少性』

 

 

『普遍性(価値評価が大きく変動しない)』

 

 

『不変性(現物がほとんど経年劣化しない)』

 

 

『価値を高める為、加工ができること』

 

 

などなど。

 

 

これに加えて、宝石類が持つ絶対的な『強み』は、

金(gold)と比較した際の『軽さ』だと言えます。

 

 

『金地金』を持った経験のある人なら分かりますが、

『鉄(Fe)』の約2倍の比重を誇る『金』は、シンプルに重い。

 

 

有名な話、

 

 

長年、流浪の旅人でありながら、世界金融の実権を握るユダヤの世界でも、

『知識』の次に重要な保有資産として示されるのは『ダイヤモンド』です。

 

 

かつて、

 

 

『定住』を許されない時代を長く経験した彼ら・彼女らにとって、

移動する際、軽くて、価値の高い資産の『代名詞』がそれでした。

 

 

しかし、不思議なことですが、

 

 

類似(かそれ以上)のメリットを兼ね備えた宝石類も、

未だ、貨幣価値の中心には置かれた歴史を持ちません。

 

 

つまり、

 

 

『金(gold)本位制度』は、世界的に機能した過去はあれど、

『ダイヤモンド本位制度』は存在していないということです。

 

 

1971年、

 

 

ニクソン・ショックにより、『金本位制度』が崩壊した今、

その取引価格は、国際決済通貨『米ドル』に対して、日々変動しています。

 

 

しかし、

 

 

厳密に言えば、これは『金(gold)価格』が変動しているのではなく、

国際決済通貨として定める『米ドル』の方が、変動しているという事。

 

 

この辺り、

 

 

かつて、コペルニクスが提唱した『地動説』のように、

天(金:gold)、地(米ドルはじめ各国通貨)という認識が正しいです。

 

 

そして、

 

 

この古典的資産(金:gold)の評価する動きの高まりは、

各国中央銀行における、近年の購入量増加にも見ることができます。

 

 

WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)調査によれば、

 

 

世界各国の中央銀行の『金(gold)』資産の買い増し量は、

2018年『657トン』、2019年『668トン』と2年連続で過去最高を更新。

 

 

しかも、『売却量』を除いたネット集計なので『純増』です。

 

 

2010年が『約79トン』ということですから、

10年足らずの間に『約8倍』まで増大しました。

 

 

さらに、

 

 

2020年、世界が共通して『コロナ禍』を経験する現状、

その動向は、これまでを超えるペースで活発化しています。

 

 

この動きこそが、『全て』ですね。

 

 

私自身、『金:gold』価格が歴史的低迷を見せていた当時、

『それでも、輝きは必ず復活する』と言い続けていました。

 

 

事実、

 

 

その時から、コンスタントに買い増していたものが、

現在、保有資産にも『含み益』をもたらしています。

 

 

時代は変わっても、この資産の価値は、不変。

 

 

これからも、ポートフォリオを構成する際、

『金:gold』資産を含める戦略は有効です。

 

 

むしろ、『外すことが出来ない』と表現した方が、正しいかも知れません。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile