住宅ローン『変動金利』選択者急増にみる、人間の愚かさ。

今日のテーマは、『住宅ローン変動金利選択者急増にみる、人間の愚かさ』です。

 

 

久しぶりに、『挑戦的』なタイトルで書いてみました(笑)

 

 

日々流れてくる報道を見ていると、本当に、人間は『愚か』だと感じます。

 

 

間違って欲しく無いのは、私も、そこに含まれるという事。

 

 

稀に、

 

 

『自分は正しい!』と信じて疑わない人にお会いする事も有りますが、

そんな人間がいると、周りの人間からしたら相当面倒で、辟易してしまいます(笑)

 

 

私自身、

 

 

公式ブログを通しては、日々、偉そうに情報発信していますが、

自らは『完璧』どころか、『欠陥』ある人間だと熟知しており、

その客観的視点があるからこそ、少しだけ『謙虚』で居られる。

 

 

なので、

 

 

今日、お話しさせていただく記事を通しても、

決して、『私だけが、賢い人間だ!』と言いたい訳ではないです。

 

 

むしろ、

 

 

人間が、根源的に持つ『愚かさ』について、

『一緒に理解していきましょう!』というニュアンスの方が合っています。

 

 

『前置き』が長くなってしまいましたが、

早速、『本題』へと入りたいと思います。

 

 

先ず、『人間』という生き物は、物事を『短期的』にしか見ることが出来ません。

 

 

典型的な例を挙げると、

 

 

『海外』などでは、『高額くじ』に見事(?)当選した人物が、

賞金を換金したその足で、仕事を辞めてしまう報道があります。

 

 

流石に、

 

 

『日本』ではそこまで『ファンキー』な人間は希少でしょうが、

その報道を聞いたことのある人は、『羨望の眼差し』を送った経験がありますよね。

 

 

冷静に考えれば、

 

 

平均余命から考えて、残り『数十年間』ほど人生は続く可能性が高いですが、

一時期の『高揚感』に惑わされて、『長期的思考』は全く出来なくなります。

 

 

この辺り、

 

 

脳機能学者の先生方が仰るには、本質的な『作り』として、人間の『脳』は、

私たちの祖先が『原始的な生活』を送っていた時代から、大差無いのだとか。

 

 

恐らく、

 

 

原始生活をしていた時代の祖先達は、『野生動物』と変わりませんから、

過去、現在、未来を含めた、『時間感覚』を持たなかったと推測します。

 

 

その時代の人間にとって、

 

 

『今(現在)』という瞬間こそが、人生における『全て』であり、

その瞬間をも意識することなく、刹那的に生きていたと考えます。

 

 

この時代において、

 

 

そもそも、概念として『未来(将来)』というものが存在しないので、

10年後、20年後をイメージしながら生きることは出来ませんよね。

 

 

『私たちの祖先』や『野生動物』にとっては、

 

 

『今(現在)』こそが最大評価の対象であり、

反対に、『未来(将来)』というものは、全く意味を持たないものになります。

 

 

確かに、

 

 

現代の文明社会における『経済理論』においても、

『現在の100万円』は、『1年後の100万円』よりも価値が高いことが分かっています。

 

 

仮に、

 

 

現在の『無リスク金利』が、年間『1%』であったとすると、

『現在の100万円』に相当するのは、『1年後の101万円』です。

 

 

逆算するのであれば、

 

 

『1年後の101万円』を、無リスク金利の『1%』で割り戻せば、

『現在の100万円』に帰結するので、分かりやすいですよね。

 

 

*小学校時代、『算数』が苦手だった方々は、読み飛ばしてください。

 

 

つまり、

 

 

数値的に『同額』なのであれば、『将来価値』よりも、

『現在価値』の方が優先されるのは、経済的合理性の観点でも合っています。

 

 

しかし、

 

 

だからと言って、西暦も2020年を迎えて、文明社会を生きる私たちが、

『今(現在)』のみを最大評価して、生きていけば良い訳では有りません。

 

 

難しいことは分かっていますが、

 

 

きちんと『中長期的視点』を持って、物事を判断していかないと、

内在する『リスク』が顕在化した時、挽回不可能な事態に陥ってしまいます。

 

 

最近、気になる報道が出ていました。

 

 

『住宅ローン希望者 低金利長期化を睨み、変動金利選択者が急増』

 

 

『住宅金融支援機構』公表のデータによると、

 

 

2007年当時、『約80%』が選択していた住宅ローンの『固定金利』は、

その後選択する人たちが急減し、足元で『約30%』まで落ち込んでいます。

 

 

反対に、

 

 

その減少分は、対岸の『変動金利』へと流れついており、2018年現在では、

必然、残り『約70%』が『変動金利』を選択する事態になっているのだとか。

 

 

機構の見解では、

 

 

『超低金利時代の継続を見込む人間が増えている』としていますが、

個人的には、そこまでの『高等思考』をしている人物は、ほぼ居ないと考えます。

 

 

実際は、

 

 

世界一の『経済オンチ』を地でいく日本人のことですから、

『中長期的な金利動向』などの発想は、殆ど持っておらず、

ただ単純に、『現時点の利率が低い』ことが、選択の最大要因と考えます。

 

 

歴史的『超低金利』が継続する昨今、『変動金利』は、

 

 

ネット銀行で『0.4%程』、メガバンクで『0.6%程』を推移しますが、

仮に、『固定金利』を選択しても『1%未満』という大安売り状態です。

 

 

少しばかり、

 

 

『金融リテラシー』がある人間からすれば、

『後者』のオファーの方が、圧倒的に『有利』なものだと判断出来るのですが。

 

 

日本の不動産市場には、

 

 

現在、『金額の加重平均ベース』として約7割の『変動金利』が存在しますが、

これは、『金利』が適正水準まで戻った際の『時限爆弾』としてセットされています。

 

 

向こう『35年間』の間には必ず訪れますが、

 

 

その『エックス・デー』が到来した際は、多くの方々が『マイホーム』を手放し、

更に、それでも残る『債務』に纏わりつかれて、人生を送ることになるでしょう。

 

 

公式ブログ読者の皆さんは、

 

 

是非、『中長期的視点』を持って『リスク』を判断し、

自助努力での『資産形成』に臨まれることを願っています。

 

 

『愚行』に対するツケは、途轍もなく大きなものになることがありますから。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile