何故、『新型ウイルス』は世界経済に影響を与えたのか??

今日のテーマは、『何故、新型ウイルスは世界経済に影響を与えたのか??』です。

 

 

『緊急事態宣言』が延長されて、数日が経過しました。

 

 

『臨時休業』していた店舗でも、

 

 

来週からの『営業再開』に向けて、準備を進めている所もありますが、

それでも、まだまだ、大都市圏での『人通り』は少ないと推測します。

 

 

某インタビューによると、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の問題が収束・終息を迎えた後も、

『テレワーク』が定着すると考える人の割合は、『8割』を超えるのだとか。

 

 

実際、

 

 

今回の危機以前から、率先して『テレワーク』を導入していた企業では、

『1分単位』の日報入力が、既に習慣化している企業もあると言います。

 

 

そうなると、

 

 

『移動(出勤・退勤)』にかかる時間・労力も無駄ですから、

確かに、『テレワーク化』してしまった方が効率的ですよね。

 

 

勿論、

 

 

従来通り、集合型・オフィス労働の『メリット』も有りますが、

少しずつ、この分野における『常識』も変化していきそうです。

 

 

話を戻すと、

 

 

『緊急事態宣言』が奏功してか、大都市圏を中心に活動自粛したことにより、

ここ数日、東京、大阪における『新規感染者数』も、2桁ペースが続きます。

 

 

確かに、

 

 

『濃厚接触者(家族、同居人等)』の感染率は極めて高いままですが、

少しずつ、『感染拡大抑制』に対して『兆し』が見えはじめましたね。

 

 

それでも、

 

 

無症状の『ウイルス・キャリア』は、多数存在していますから、

『自分自身』も含めて、引き続き、気を付けて行動しましょう。

 

 

5月8日時点、

 

 

全世界で『累計380万人超』への感染が確認されており、

そのうち、『約27万人』の死者を数えるという状況です。

 

 

2020年始、

 

 

中国・武漢での『新型ウイルス』発生報道を聞いた際には、

まさか、ここまで世界拡大するとは、想像しませんでした。

 

 

いまや、

 

 

震源地・中国を超えて、北米・欧州の方が深刻な被害を受けており、

『感染者数』『死者数』共、本国(中国)のそれを上回っています。

 

 

また、

 

 

『経済活動』に対する影響も、連日メディアで取り上げられる通りで、

本題と言える『疾患』以上に、私たちに『ダメージ』を与えています。

 

 

今回の危機は、

 

 

メディア等でも『歴史的パンデミック』と並べて紹介されていますが、

私たちは、1つの『ターニングポイント』を過ごしていると言えます。

 

 

しかし、

 

 

前述した『歴史的パンデミック』と比較される際、

1つだけ、どうしても『疑問』を抱いてしまうポイントが有ります。

 

 

それは、

 

 

確かに、世界的に感染拡大する『新型ウイルス』ですが、

過去に起こった『歴史的パンデミック』と肩を並べた際、

どう考えても、『規模』としては小さいということです。

 

 

例えば、

 

 

先ず、比較事例の筆頭として挙げられるのが『ペスト(黒死病)』ですが、

14世紀、この疾患により、欧州では『5000万人』が亡くなりました。

 

 

『死者数』もさることながら、

 

 

注目しなければならないのは、その時点での『世界人口』で、

当時のそれは、『約5億人』程度だったと推計されています。

 

 

『インパクト』の、『格』が違いますよね。

 

 

他にも、

 

 

16世紀に流行を見せた『天然痘』では、

『約2000万人』が亡くなったと言われますが、

この時点の総人口も『6億人』に未達という状況。

 

 

また、

 

 

名前としては有名な『コレラ』という疾患も、

19世紀に『数百万人』の命を奪いましたが、

この時点でも、世界人口は『10億人』に届いていません。

 

 

ようやく、

 

 

『10億人』の大台を突破した頃、流行したのが『スペイン風邪』で、

全世界で、およそ『4000万人』の人々が亡くなったと言われます。

 

 

単純に、

 

 

人間の『生命』というものは、『数』で比べるものではないですが、

『規模』という観点では、『比べものにならない』ということです。

 

 

『コレラ』においては、世界全体の『100人に10人』もの人が、

『スペイン風邪』は『100人に4人』が亡くなっていますからね。

 

 

想像を絶する、『異次元ワールド』です。

 

 

世界全体に与える『インパクト』としては、

『過去に起こったイベント』の方が、途轍もなく大きかったと考えます。

 

 

しかし、

 

 

世界人口が『70億人』を突破した現代で『400万人』が罹患するそれも、

世界経済・人々の行動に与えるインパクトでは、まったく引けを取りません。

 

 

何故、そのような現象が起こっているのか??

 

 

それは、

 

 

間違いなく、世界を駆け巡る『情報』が膨大なものとなっており、

良くも悪くも、『一瞬』のうちに共有される世の中が来た為です。

 

 

『冗談好き』

 

 

『詐欺師』

 

 

『政治家』

 

 

『陰謀論者』

 

 

『インサイダー(内部関係者)』

 

 

『身内(親族・友人)』

 

 

『有名人・著名人』

 

 

唐突に、7つのワードを列挙させて頂きましたが、

皆さんは、これらの『共通点』が理解できますか??

 

 

BCCの報道によると、

 

 

これらの人々に『共通するポイント』というのは、

『デマ情報』を、拡散させてしまう可能性を秘めた人物、と言います。

 

 

つまり、誰もが、その可能性を持っているということ。

 

 

確かに、

 

 

今回の『新型ウイルス』は、世界的に流行を見せていると思いますが、

その騒動自体は、溢れる『情報』がもたらした『人災』とも言えます。

 

 

高度にネットワークが張り巡らされた時代では、

ヴァーチャル空間に存在した1つの『情報』が、

リアルな『現実世界』をも、変化させてしまう。

 

 

そういう時代を生きているということを、

私たちは、『認識』しておいた方が良いと思います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile