何故、各国首脳が自己資産を『海外移転』するのか??

今日のテーマは、『何故、各国首脳が自己資産を海外移転するのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

『ブラックスワンへの備えを怠った人々の末路』という話をしました。

 

 

このブログを読んでくださっている賢明な読者の方々は、

私たちが生活する『日本』の経済状況が良くないことはご存知だと思います。

 

 

ただし、

 

 

これは決して『日本』に限った話ではなく、

世界には、日本同様に『国家』の財政状況が思わしくない国が溢れています。

 

 

『企業』であっても、『国家』であっても。

 

 

やはり、『大きなお金』が集まる所で、

『能力』と『理性』を併せ持って、それを扱い切れる人間はそういません。

 

 

組織が大きくなり、『無駄』が許容できるようになると、

いつの間にかそれが増大し、気付いた時には『致命傷』に至っています。

 

 

これが、『大企業病』と揶揄されるものですよね。

 

 

前述の通りですが、『企業』に限らず、これは全ての『大きな組織』に当てはまります。

 

 

組織が小さなうちは、『責任』の所在も明確で、

『お金』の管理にしても、隅々まで目が行き届く範囲で物事が完結します。

 

 

しかし、

 

 

構成要員・構成組織が肥大化するにつれて、

『責任』の所在は誰にも不明になり、『無駄』ばかりが増大していくのです。

 

 

市役所・区役所といった行政サービスを提供する場所に行く事で、

この事実は、読者の皆さんも、日々実感されている事と思います。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

『効率化』と『責任』を失い、『贅肉』を溜め込んだ組織は弱体化し、

その崩壊のスピードに多少の差はあるにせよ、悲しい末路へと収束していきます。

 

 

『企業』も『国家』も、いずれはそうなる運命にあるんですね。

 

 

それで、

 

 

その『国家』の(本当の)財政状況と、

有事を起こすタイミングの両方を知っているのは、

紛れもなく、その国家を治めている方々です。

 

 

経済分野はじめ、日本の今後の政策は『与党』主導で決定しますし、

その事は、『国』が変われど、各国間で大きく差は無いと考えます。

 

 

特に、

 

 

経済的にも『体力(資力)』のある経済大国と言われる国ほど、

上記の『有事』を起こす時期はコントロール可能です。

 

 

経済的資力の乏しい国であれば、資金が枯渇する時期に大差ありませんが、

経済大国は、なまじ『お金』がある分、決断を下す時期が後手になりがちなのです。

 

 

極端な話、

 

 

昨日ご紹介したように、日本の経済状況は悲惨なままですが、

経済的な『生活改善(支出を減らし、収入を増やす)』をしなくても、

その場凌ぎの『自転車操業』をすれば、数十年間延命可能かも知れない。

 

 

でも、

 

 

それは問題の『根本解決』には全くなっていませんし、

それを実行した上で、いよいよヤバいとなった時には、

本当に、挽回不可能なほど『リスク』が増大し過ぎている恐れがあります。

 

 

わかりやすく言うと、

 

 

『経済』が瀕死の状態に陥り、

生活必需品・食料品・医薬品等が究極に欠乏するようになると、

国民の大半がその状況に耐えきれずに死んでしまうという事です。

 

 

流石に、

 

 

そこまでなってしまっては、世界第二次大戦以来の惨劇なので、

良き所で、国民が平均して『痛み分け』するタイミングで、リセットが行われると思います。

 

 

それでも、なかなかの大打撃だと思いますが、

そうしない事には、累積赤字は未来永劫、解消することが出来ない事をご理解ください。

 

 

話は変わりますが、

 

 

数年前、『パナマ文書』なるものが世間を賑わせたことがありました。

 

 

『タックスヘイヴン(オフショア)』という地域にある金融機関を通じて、

各国首脳が資産保有していたり、法人経由で所得隠しをしていたというものです。

 

 

間違って認識している人もいるでしょうが、

上記の地域を活用して、『資産保有・保全』する事は、世界的に何の違法性もありません。

 

 

『海外(国外)』『国内』関わらず、『税金』を違法に脱する事がわるい訳で、

それを混同している方々が、世間一般的にはまだまだ多い事には驚かされます。

 

 

ただし、

 

 

『国家』としては前者の資金も把握しにくくなる為、

後者と混同させて、イメージ戦略的に『海外=違法』と報道しているのかも知れません。

 

 

ここでは、

 

 

その事の『良い』『悪い』を語るつもりは全くなくて、

私は、この報道が流れた時、全く違った観点でそれを見ていました。

 

 

『それが答えだ』

 

 

この言葉を聞いて、ウルフルズの曲が頭に流れ出す人は、

私と同じく30代中盤からそれ以降の方々ですよね(笑)

 

 

『それが答えだ!えんやこら明日へ大爆走!』のフレーズの名曲ですが、

世界各国首脳が『海外(オフショア)』で資産保有・保全する事実から、

私自身、『資産形成』については『それが答えだ!』と思っています。

 

 

前述もさせて頂いたように、

 

 

『国家』の政治・経済の中枢に精通しており、

むしろ、その政策に決定を下すサイドの方々が、揃ってその地域で資産保有している。

 

 

コントロールする側の人間が、『それが正解だ』と言っているのです。

 

 

学生の方々は、現在試験期間の真っ最中かも知れませんが、

先生が、試験に出す問題を『これ!』と教えてくれているレベルの分かり易さです。

 

 

学生時代を振り返って見たらわかりますが、

成績が優秀だった生徒は、決して、クソ真面目な『がり勉君』ではありません。

 

 

それよりも、

 

 

出題者サイドとの心理戦に勝ち、

相手の発信する情報を的確に捉え、動きを見抜く洞察力に長けた人たちだと思うのです。

 

 

『資産形成』においても、これは然りです。

 

 

しっかりと『経済的自由』を達成するのは、

決して、思考をストップして、真面目に働くことだけに集中し、

預貯金を繰り返して、一般道を地道に来た人間ではありません。

 

 

それはそれで美しいのですが、『愚直』だけでは、報われない時代になっているのです。

 

 

現在、

 

 

『海外投資』を実行している方々は、日本全体の推計で、

増えたといえど、それでも未だ『数十万人』程度と言われています。

 

 

国民総人口から考えたら、余裕で『1%未満』の値です。

 

 

今日の公式ブログで述べてきた事実を知ったとしても、

それでも未だ、あなたは『昔ながらの思考法』を継続しますか??

 

 

 

『それが答えだ!』というものが目の前に現れているにも関わらず、

それでも未だ、それから目を逸らして『がり勉』を続けるのでしょうか??

 

 

『時間』『お金』『労働力』等々も、他のものと同様に、『有限』な資源です。

 

 

それらを効率的に有効活用することで、

経済的な面でも、自身が定めた『目標』を実現していけると考えます。

 

 

『資源を有効活用し、資産形成をスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、大阪・梅田は、本日7月27日(金)に開催致します。

 

 

*テーマは『つみたてNISA』となっていますが、会場では、

 リアルな場だからこそ、ご提供できる情報もお伝えさせて頂きます。

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile