何故、既定路線の『利下げ』に市場は失望したのか??

今日のテーマは、『何故、既定路線の利下げに市場は失望したのか??』です。

 

 

ここ2日ほど、公式ブログの更新が滞っていました。

 

 

個人的には、

 

 

『毎日情報発信すること』に対しては、強い『拘り』があり、

『ビジネス』と直接関係ないかも知れませんが、譲りたくない『ライフワーク』です。

 

 

それでも、

 

 

『1ヶ月』という期間の中でも、どうしても更新できない『1日』があるのも事実。

要は、お陰様で多忙を極めているので、『時間』確保がままならないという事です。

 

 

ただ、

 

 

『2日連続』で更新ストップしたのは、ここ数年間でも記憶になく、

恐らく、2014年に情報発信スタートしてから『初』だと思います。

 

 

理由としては、

 

 

神戸、大阪での主催セミナーに加えて、昨日事務所移転を控えていた事。

更に、頚椎を痛めてしまい、夜、眠ることも出来ないほど痛みがあった事も主因です。

 

 

両親のお陰で、

 

 

少しくらい『無茶』をしても耐えられる頑丈な身体に生まれましたが、

独立系FPとして活動を続けていく上でも、『健康』に留意していこうと思います。

 

 

さて、

 

 

私が情報発信をストップしていた『2日間』という期間でも、

当然、世界経済は休まず動き続け、トピックスになるような項目も出てきました。

 

 

その1つが、

 

 

先日、公式ブログのテーマとしても取り上げた、

米国FRB(連邦準備理事会)が敢行した、政策金利の『利下げ』です。

 

 

ちょうど、

 

 

昨日(7月31日)の米連邦公開市場委員会で正式決定され、これにより、

米政策金利は『年2.25~2.50%』から『年2.00~2.25%』と変更されました。

 

 

加えて、

 

 

『米国債券』等に代表される、保有資産を縮小する『量的引き締め』も、

当初予定より『2カ月前倒し』して終了することも同時決定しています。

 

 

明るい方は分かると思いますが、

 

 

一般的に、政策金利を『利下げ』に踏み切れば、

市場参加者全てのファイナンスが低金利で可能になりますから、景気が上向きます。

 

 

また、

 

 

中央銀行による『量的引締め』の終了は、間接的に『緩和』を意味しますから、

こちらも、市場の『景気』に与える影響としては、『プラス』に働くはずです。

 

 

単純に考えて、

 

 

上記2事象が、同時に起こる事は『プラス・プラス』と相乗効果を発揮しそうですが、

意外にも、昨日の『米国市場』は、前日比で大きく『下落』し取引終了になりました。

 

 

先日『過去最高値』を更新し、

 

 

『2万7000米ドル』を超える広域で推移していた『ダウ平均株価』は、

昨日だけで『前日比:333米ドル』下げて、『2万6,864.27米ドル』で終了。

 

 

当然、

 

 

『理屈』と『市場評価』が正反対である事も興味深い点ですが、

一時500米ドル近い下落を示し、『下落幅』としても大きなものになりました。

 

 

果たして、

 

 

何が、そこまで『市場参加者(投資家)』を失望させたのでしょうか??

 

 

それは、

 

 

『利下げ(幅)』確定後、トランプ大統領がツイートして反応したように、

『0.25%』という利下げ幅が、市場関係者が予想したものより低かったからです。

 

 

更に、

 

 

その後、ジェローム・パウエル現・FRB議長が行なった発言の中では、

『年3回』と予想された追加『利下げ』についても、実行可能性が低くなります。

 

 

その発言というのは、

 

 

『世界経済減速と貿易政策の不透明感が(今後の)リスクだ』としながらも、

『米景気は望ましい状態にある』とし、『長期的利下げ局面に突入するものではない』というもの。

 

 

これを受けて、

 

 

前日まで『87%』を記録した、先物市場の『FRB・年内追加利下げ観測』も、

たった1営業日で、一気に、『38%』まで低下してしまうことになりました。

 

 

また、

 

 

『(世界・米国)経済の見通しには不確実性が残る』としながらも、

今回のイベント(利下げ)を『政策サイクル半ばでの調整』と述べ、

『緩和局面』が、市場予測より極めて短期間で終わる可能性を示唆しています。

 

 

昨日、

 

 

既定路線の『利下げ』が実行されながらも、

米国市場が『ナーバス』な反応で応えた事には、このような理由があります。

 

 

個人的な意見を言うと、

 

 

今回の事例では、市場参加者のレスポンスと同様に、

私自身、『0.25%』程度の利下げでは、弱いと考えます。

 

 

それは、

 

 

『2万7,000米ドル超』という歴史的高値を推移する『NYダウ平均株価』が、

様々な『リスク』の上に成立している『虚像』である事を理解しているからです。

 

 

確かに、

 

 

現状を『数字』的な観点だけ見れば、『利下げ』の必要性すら無いかも知れないし、

実行したとしても、『0.25%』程度のレベルで、十分なのかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

市場が恐れるのは、その『内在リスク』が顕在化した将来の場面で、

その時、この程度の『利下げ』で持ち堪える事が出来るのか??、という事です。

 

 

少し意外なのは、

 

 

この状況において、消去法的に成立している世界的な『ドル高』で、

『対日本円』においても『109円』を突破する水準にまで上がってきました。

 

 

皮肉なもので、

 

 

この『円安傾向』があるからこそ、今日の『日本市場:日経平均株価』は、

前日の『米国市場』に引っ張られず、前日比『プラス』で終える事が出来ました。

 

 

しかし、

 

 

『日本市場』が体感しにくくなっていると言えど、

世界的な『内在リスク』は何も解消されないまま、今後も存在し続けます。

 

 

その事をしっかりと理解しながら、

『陽気』が漂う日であっても、『嵐』を想定しながら準備していきましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田8月26日(月)、神戸・三ノ宮8月28日(水)の日程で開催します。

 

 

■2019年8月26日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年8月28日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile