儲かってない時に、『フランス料理』が食べられますか??

今日のテーマは、『儲かってない時に、フランス料理が食べられますか??』です。

 

 

『コロナ騒動』が、凄い事になってきましたね。

 

 

『加熱報道』が、どんどん加速度増して拡がっています。

 

 

昨日、

 

 

遂には、『日本国』までもを動かす事態に発展し、

首相から、教育機関の『(期限付き)休業宣言』までもが飛び出しました。

 

 

因みに、

 

 

日本国内で『インフルエンザ』が流行している年というのは、

1シーズン、高齢者を中心に『1万人規模』の方々が亡くなるそうです。

 

 

比較的落ち着いている、話題にならない程の年でも、

例年、それでも『3000人』程度の方々は命を落としているのだとか。

 

 

それと比較して、

 

 

現時点、新型コロナ・ウイルスに感染している人は国内『210名』、

これを原因に亡くなった方々は、日本全国で『4名』という数字です。

 

 

恐らく、

 

 

今年、全く騒がれていない『インフルエンザ』ですが、

感染者、志望者共に、『コロナウイルス』よりは多いことが予想されます。

 

 

そこまで考慮すると、

 

 

『新型ウイルス』というリスクを判断した上でも、

『全学休業宣言』は、やり過ぎている感が否めないのが、私見です。

 

 

ただ、

 

 

一国の『舵取り』をしようとした時、『賛成意見』はもちろん、

『反対意見』も同程度存在するのは当然のことで『やむなし』。

 

 

もしかしたら、

 

 

今回の『全額休業宣言』が、全体的な事態収束に有効かも知れず、

そうなると、首相の判断は、『英断だった』と後世評価される事になるでしょう。

 

 

今日、ふと考えたのですが、

 

 

私たちは、文明の利器である『情報』に毒され過ぎているので、

一度、全情報をシャットアウトして、『目の前』に集中しても良いかもですね。

 

 

常々、

 

 

『情報』に暴露され過ぎると、『思考回路』を奪われると考えますが、

今回の一連の『加熱報道』を体験して、一層、そのように感じました。

 

 

何れにせよ、

 

 

『ウイルス』を超えて、『加熱報道』がここまで拡散してしまったら、

『経済』の循環スピードが正常に戻るまでに、一定の時間は要します。

 

 

昨夜、

 

 

ふと眺めていた報道番組では、企業支援をする会社社長が、

『中小企業の資金繰り』について、懸念を示していました。

 

 

本当に、その通りです。

 

 

『東日本大震災』の時などは仕方ないとして、

ここまで、あらゆる経済活動の自粛傾向が続くと、

中小企業等は『ダイレクト』に影響が出てきます。

 

 

現時点、

 

 

『会社員』という立場の方々は、あまり理解していないですが、

『加熱報道』され続ける『コロナ騒動』は、社会全体をマイナス方向へ誘導します。

 

 

当然、

 

 

ここまで『人』『物』『サービス』の循環速度が減速してしまうと、

世界市場全体を循環する『お金』の総量も、確実に大きく減少する。

 

 

そうなると、

 

 

『企業業績』が悪化する事は『必然』であり、

前述の通り、経営者の方々は、自身の収入どころか、経営状況に直結します。

 

 

もしも、

 

 

あなたが『大企業』に所属していて、直近の『収入』に変動がなくても、

経営者サイドも、安易に『内部留保』に手を付けるような事は、絶対にしません。

 

 

結果、

 

 

毎月の『給与』が、大きく変動するような事はなくても、

企業業績に連動する形で、『賞与』等の支給額には、必ず影響が出て来ます。

 

 

私自身、

 

 

当初は、中国・武漢で発生した『新型ウイルス』が、ここまで、

『世界全体』を巻き込んだ『騒動』に発展するとは想像していませんでした。

 

 

以前から、

 

 

世界市場(株式・債権)には『高揚感』が漂うと指摘していましたが、

『市場下落』にトリガー(引き金)が、このような形で引かれるとは、

市場参加者の殆どが、予想すらしていなかったと思います。

 

 

幸いな事に、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとしての私の活動に、

そこまで大きな影響を及ぼすことは無いと考えていますが、

自ら事業を営んでいて、初めて経験する『まさか』ですね。

 

 

ただ、

 

 

世の中には、今回の『コロナ騒動』が、

自らの事業運営・継続に、直接的な影響を与える方々も、多数存在しています。

 

 

その筆頭が、

 

 

『人』の移動をダイレクトに相手にする『観光業』や、

『人』との接触回数が売上に直結する『サービス業』ですよね。

 

 

私が定期的に訪れる『香港』では、

 

 

昨年(2019年)夏前から勃発した『デモ活動』に続き、

今回、突如発生した『コロナ騒動』がモロに影響を与えて、

上記2産業がズタボロにやられていると聞いています。

 

 

来月も渡航予定を控えていますが、

 

 

現地では、これまでガイドブック常連だった人気料理店等でも、

『廃業』するお店が、最近は、ちらほら出始めたと伺いました。

 

 

本当に、正念場ですね。

 

 

本日のタイトルに採用した言葉、

 

 

『儲かってない時に、フランス料理が食べられるか??』ですが、

実は、この言葉の前には、次の『枕』となるセンテンスが存在しています。

 

 

『儲かっている時に、お茶漬けを啜り』

 

 

現在のパナソニックを創業した『松下幸之助さん』、

日本一の『経営の神様』が残した、有名なフレーズの1つです。

 

 

私も、大好きな言葉の1つですね。

 

 

経営者に限らず、あらゆる立場に置かれた人にも、

人生全体を通して『好調』な時もあれば、『不調』もあります。

 

 

ご存知の通り、

 

 

『調子が良い時(儲かっている時)』に、調子に乗って、

羽振り良く振る舞うことは、どんな『お馬鹿さん』でも出来ることです。

 

 

しかし、

 

 

そんな時でも『お茶漬けを啜る』生活を送れるような、

『地に足付いた』感覚を持てる賢者は、意外に少ない。

 

 

反対に、

 

 

『調子を落としている時(儲かっていない時)』にも、

決して狼狽ることなく、平生を保って淡々と生活して、

『フランス料理』を食べられるよう『蓄え』があるかどうか。

 

 

前述、

 

 

『松下幸之助さん』が残された言葉を、

実際に『体現』出来る人物こそが、人生を乗り切っていけるのだと考えます。

 

 

あなたは、儲かっていない時に『フランス料理』が食べられますか(^ ^)??

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile