全く危機感のない『日本人』だけが知らない真実①★

今日のテーマは、『全く危機感のない日本人だけが知らない真実』です(^_^)★

 

 

とても久しぶりに、少し挑戦的なタイトルを付けました(笑)

 

 

ネットを使った情報発信を続けて、この4月でちょうど3年が経過します。

*2017年4月現在。

 

 

私のコアなファンの方々はご存知頂いてますが、

スタート当初はもっとシャープな文章を書いていました(笑)

 

 

『皆さんにお伝えしたい!』という想いが熱過ぎて、

自身でエネルギーがコントロール出来てなかったのが主な原因です。

 

 

どうぞ、『若気の至り』をお許し願えたら幸いですm(_ _)m

 

 

その頃から3年が経過し、

書籍も出版して、全国から面談者が来てくれるようになりました。

 

 

現在、面談2組の間の時間を利用して記事を書いていますが、

今日の1組目の方は、四国・愛媛からお越し頂きました。

 

 

そのように、状況も変わるようになって、

 

 

『多くの方々が見てくれているな』という自覚のもと、

最近ではより『マイルド』な表現で記事を書かせて頂いてます(笑)

 

 

ですが、

 

 

久しぶりにメッセージ性のあるタイトルにします(^_^)

 

 

先日、あるニュースが流れていました。

 

 

『中国において、資本流出の流れが加速している。』

 

 

皆さん、このような話を聞いたことがありますか??

 

 

もしも、

 

 

『全くない』という方々は、

少し危機感を持った方が良いかも知れません。

 

 

完全に、『平和ボケ』してしまっています。

 

 

この記事では、特に『中国』ということでしたが、

そのような事例が世界に溢れています。

 

 

その中でも今、特に『中国』が注目される理由は、

 

 

『先進国』に最も近い存在であることと、

経済・人口共に世界でも桁外れの規模を持つからです。

 

 

さて、本題に入りますが、

 

 

『中国本土からの資本流出』、

皆さん、どれくらいの規模で起こっていると思いますか??

 

 

偉そうに問題なんて出していますが、

 

 

私自身、少し前に把握していた数字より、

断然大きくなっていて驚きました。

 

 

想像以上に、凄いスピードで加速度増しています。

 

 

どうでしょう??

 

 

どのくらいの規模か、想像がつきますか??

 

 

考えてみたら、

読者の方々に質問するのも久しぶりな気がします(^_^)

 

 

勿体ぶらずに、お伝えしますね。

 

 

実に、日本円換算で『30兆円』。

 

 

もう、大き過ぎて意味不明ですよね(笑)

 

 

現在、世界第3位のGDPを誇る、

日本の1年間の税収が『約60兆円』ほどです。

 

 

その半分ほどもある規模。

 

 

もしもこれが日本で起こっていたら、

日本の経済は大打撃を受けてしまうレベルですね。

 

 

ただ『中国で資本が海外流出している』と言っても、

物事はそれほど単純ではありません。

 

 

世界の動向に明るい方々ならご存知でしょうが、

現在、中国は、国外への資金持ち出しに厳しい制限を設けています。

 

 

もし中国国民がこのルールを遵守していたら、

もちろんですが、これほど大規模な資金流出は起こり得ません。

 

 

国境付近での『運び屋』

 

 

外資系金融機関が販売する『外貨保険」、

 

 

アンダーグラウンドな『地下銀行』、

 

 

などなど。

 

 

様々な手段を駆使して、中国国民、、、、と言うか、

特に『富裕層』は資本を国外に持ち出しているのです。

 

 

ここで、

 

 

勘の良い方なら、次のような疑問が湧いてきますよね(^_^)

 

 

そんな苦労を重ねて、

なんで、中国人は国外に資金を流してるんだ??

 

 

この理由、皆さんはわかりますか??

 

 

中国国民は、労力を掛けて、リスクを背負い、

『自分の資産を国外に回すこと』が趣味なのでしょうか??

 

 

もしもそうなら、

 

 

とても『物好き』な国民ですよね(^_^)

 

 

当たり前の話ですが、もちろんそんな訳がありません。

 

 

その行動を取るには、ちゃんとした理由があるのです。

 

 

特に、中国のような一党独裁の政治体制だと、

自国通貨の価値は政府の意向により一変してしまいます。

 

 

先日開催された米中首脳会談でも、

トランプ大統領は『人民元』の為替操作について言及していましたね。

 

 

『人民元安』を意図的に誘導することで、

中国経済のみを有利な方向に導いている、と。

 

 

『通貨安』を招いて経済を活性化(したように見せる)手法は、

最近では世界中でトレンドになっています。

 

 

しかし、

 

 

この『通貨安』誘導政策で影響を受けてしまうのは、

既に『お金』をたくさん持っている『富裕層』の方々。

 

 

金融機関に入れているだけでは、利息よりも、

通貨価値下落のスピードが速くて、資産価値が目減りしてしまいます。

 

 

つまり、

 

 

彼らがわざわざ『労力』を掛けて、

自身の資産を国外に持ち出しているのは、

 

 

今まで自分が汗水垂らして稼いできた『お金』の、

『資産価値』を何とか保全するのが目的なのです。

 

 

この感覚、日本人にありますか??

 

 

皆さん、『1万円札』が、

いつまでも『1万円』の効力を持っていると思ってますよね??

 

 

少し厳しい言い方になりますが、

だから、『資産形成』が出来ないんですよ(^_^)

 

 

日本人は一生懸命働いて貯金してるのに、

知らない間に、どんどん資産を目減りさせていってる。

 

 

今日ご紹介したこの『動き』、

決して、中国だけで起きている特異なことでは無いです。

 

 

世界中の発展途上国なんかでは、

スタンダードな考え方として皆さん行動してます。

 

 

日本と同じ『先進国』の中でも、

 

 

『自国通貨』プラス『海外資産』を持つことは、

当たり前の『資産形成(資産保全)』方法として認識されています。

 

 

今、2017年ですよね。

 

 

まだ、日本は『金融』の世界で鎖国してるんですよ(笑)

 

 

皆さん、知っていましたか(^_^)??

 

 

そして、

 

 

『お金』『資産形成』について何も考えずにいたら、

あなたは『金融』については『江戸時代の人』と同じレベルに居ます。

 

 

もう、『生きた化石』レベルですね(^_^)(笑)

 

 

残念ながら、現在の日本には、

そのような『生きた化石』となった方々が大半を占めています。

 

 

この先数年のうちに、

この方々が回避できないレベルの経済危機が必ず起こります。

 

 

皆さんは、ちゃんと準備を進めていますか??

 

 

もし、進めていなかったら、

『本当に、どうするのだろう??』と心配してしまいます。

 

 

この辺りで、真剣に向き合ってみませんか??

 

 

しっかり真正面から向き合い、

覚悟を決めて、決断して、行動していくことが人生好転の鍵です。

 

 

もし『具体的にスタート切りたい!』と思われたら、

ぜひ『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

 

 

実際に、具体的な『スタート』を切る事で、

人生は希望に溢れて展開していきます(^_^)★

 

 

『お金のセッション』受講に関しては、公式サイトのご紹介ご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

また、

 

 

『いきなり、個人セッションは勇気がない』という方もいるでしょう。

 

 

その方の場合は、『お金』について真剣に考える、

スタートアップに最適なセミナーがあります。

 

 

4月26日(水)19:30-21:00の日程で開催する、

『やってはいけない!金融資産運用セミナーin大阪・梅田』です(^_^)★

 

 

 

 

 

『具体的に行動したい!』と、

ご興味持って頂ける方は、ぜひご参加ください。

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile