動かない為の『言い訳』、してませんか??

今日のテーマは、『動かない為の言い訳、してませんか??』です(^_^)★

 

 

先日、大阪で活動するカラーセラピスト:ゆかりさんが、

面白いブログ記事を書かれていました。

 

 

『変化を恐れる男性心理?男も女も素直になれ!』

http://ameblo.jp/1-color/entry-12250975020.html

 

 

私も普段から感じることがあったので、

便乗して今日のテーマにしようと思います(笑)

 

 

『変化」

 

 

これは、誰にとっても難しいものですよね(^_^)

かく言う私も、もちろんそうです。

 

 

『仕事』

 

 

『居住環境』

 

 

『パートナー』

 

 

『ポジション』

 

 

『習慣』

 

 

『収入』

 

 

『人脈』

 

 

などなど。

 

 

挙げ出したら切りがないのですが、

様々な場面で『変化』というのはやってきます。

 

 

そして、

 

 

この『変化』を、私たちの脳は『恐れる』ように出来てるんですよね。

 

 

考えて見たら、当たり前かも知れません。

 

 

私たちの祖先がまだ狩猟をして生活していた頃、

 

 

毎日、違った『リア充生活』を送っていたら、

すぐに獣に襲われて命が絶えていたことでしょう。

 

 

毎日同じ集落に住み、安全な道を通り、

安全な行動を取ることが生存確率を上げる道。

 

 

毎日同じ人たちと顔を合わせ、

必然的に、自分の仕事や役割も決まってきます。

 

 

『昨日と同じ行動』を撮ることこそが、

『生存確率』を上げる最良の手段だった訳です。

 

 

つまり、あまり『変化』しちゃいけないんです。

 

 

だから、

 

 

それを避ける為にも、

必然的に動物の脳には『変化=恐怖』がインプットされた。

 

 

『脳』の作りなんてドラスティックに変わらないので、

その名残は現代の私たちの中にも確実に残っています。

 

 

だからこそ、

 

 

多くの人は『変化』を嫌う。

 

 

『あーだ、こーだ』言って、動かない(笑)

 

 

ゆかりさんがブログの中で仰るように、

この傾向は、特に『男性』で強いかも知れませんね(^_^)

 

 

普段、クライアントさんを見ていてもそうだし、

『男性』を32年間やってきた私を振り返ってもそうです。

 

 

特に、男性は頭がカッチコチ(笑)

 

 

女性が『感性』『感情』で行動を決めるのに対して、

男性はどうしても『理屈』で理解するまで動きません。

 

 

いや、『理屈』で理解できることなんて、

実はこの世にはほとんど無いのでは無いでしょうか??

 

 

宇宙誕生から今の時代まで、

『理屈』が解明できていないことなんて無限にあります。

 

 

じゃあ、『理屈』が理解できないからと言って、

『俺は、この世界に生きない!』という人がいるかと言うと、そうでも無い。

 

 

そこは、皆さん『理屈』を理解してなくても、

しっかりと立派に生きられている訳です(笑)

 

 

アナログ人間の私も、

 

 

その『理屈』は全く理解していませんが、

今、MacBookでこの記事を書くことが出来ています(^_^)★

 

 

今日のテーマで私が言いたいことは、

 

 

『皆さん、もっとオープンマインドになろう!』という事。

 

 

どんな場面においても、

不平・不満、グチとか言ってる人、いますよね??

 

 

この人達、すごく『勿体無い』人生を生きています。

 

 

なぜ、この人達がネガティブな事を言うかというと、

自分が、『動かない』という決断をした『言い訳』が出来るから。

 

 

要は、『相手』の問題ではなくて、『自分』の問題なんです。

 

 

私は普段『お金のセッション』をご受講頂く方々に、

次のような言葉をお伝えさせて頂いてます。

 

 

『私は、情報をご紹介させて頂きます。

 

 でも、あなたが動かないと、何も変わりませんよ。』

 

 

考えて見たら、当たり前ですよね。

 

 

どんなに『ここの支出が多いよね』とか、

『収入からコンスタントにお金を残そう』とアドバイスしても、

 

 

最終的には、ご自身が『行動』を起こさなければ、

何も『変化』することはありません。

 

 

セッション受講前と、全く同じ。

 

 

その方の人生は、『慣性の法則』に従い、

これまでと同じ方向に一定速度で進んでいきます。

 

 

『慣性の法則』、知ってますか??

 

 

少し知性を出してしまいました(笑)

ここでは説明しないので、物理の教科書を調べてください。

 

 

要は、皆さん『変化』を恐れてるんです。

 

 

たまに、複数の本の著者の方の面談や、

複数のFPさんの面談を流れ流れて、お越しになる方もいます。

 

 

もう、様々な提案資料を持って来るんですね(笑)

 

 

元も子もない話かも知れませんが、

私自身、『答え』は無数にあると考えています。

 

 

私が提案させて頂くことも、1つの正解。

 

 

そして、

 

 

もちろん『答え』は唯一無二では無くて、

他の成功者の方々も、それぞれの『正解』を持っている。

 

 

だから、

 

 

後は受講する側の皆さんが、

自身で『判断』『決断』して、覚悟を決めて進むかどうかです。

 

 

でも、

 

 

そうやって流れ流れて来られる方は、

ただ単に『決断』を先延ばしにしている場合が多い。

 

 

たまに、

 

 

『提案を聞いてから、調べます!』という人もいますが、

それって、『あなたを全ては信用してません!』と言ってる事と同じ。

 

 

そんな失礼な事言ってる事に、

本人としては全く気が付いていないんですね(笑)

 

 

そもそも、

 

 

『プロ』が『これがいいよ。』と出してきたカードに、

『素人』の自分がどうやって調べるのだろう、、、、。

 

 

私自身、自分の専門外のテーマに関しては、

すぐに信頼おける『プロ』の方にお任せします。

 

 

私はその分野の『素人』なので、決して口を挟まない。

 

 

私自身は『動こう!』と思って聞いているから、

『動かない言い訳』を探さなくて良いんですね(^_^)

 

 

セミナーとかでも、そう。

 

 

『1対多』とかになると、

どうしても『斜に構えて』参加しちゃう人もいますよね。

 

 

私自身、そうなりそうな時もあるから、

本当にいつも謙虚に学べるよう気を付けています。

 

 

『斜に構える』と、自分が1番損をします。

 

 

『もっとここがこうだったらな〜』と言い続けるのも、

自分が『動かなくて良い言い訳』が出来るから。

 

 

そもそも、

 

 

フィールドにいる『動く』サイドの選手は、文句言いません。

 

 

野次を言っているのは、

いつもスタンドから観戦している『傍観者』です(^_^)

 

 

全く『行動』もしないし、スタンドから降りる気もないけど、

『俺に監督をやらせろ!』とかワアワア騒ぎ続けている。

 

 

『じゃあ、いいですよ。やってください。』

 

 

『どうぞ、フィールドに入って来てください。』

 

 

こう言うと、途端に彼らは静かになりますが(笑)

 

 

『動かない言い訳』、やめていこう(^_^)

 

 

既に、自分より上手く言っている人が、

自分の目の前に居るなら、アドバイスを求めよう。

 

 

そして、

 

 

アドバイスを求めたからには、

素直に、真摯に実行して『行動』していこう。

 

 

そういう素直で、謙虚な人ほど、

どんどん未来は良い方向へ展開していきます(^_^)★

 

 

『資産形成をスタートしたい!』と思った方は、

『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

 

 

『お金のセッション』受講に関しては、公式サイトのご紹介ご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile