危機の最中に、『国民のお金』をくすねる人々。

今日のテーマは、『危機の最中に、国民のお金をくすねる人々』です。

 

 

遂に、『6月』がスタートしましたね。

 

 

『緊急自治宣言』が全国的に解除されただけでなく、

『休業要請』も解除されて、日本全体に『日常』が戻りつつあります。

 

 

大都市圏の街中も、

 

 

4月、5月と比較して、明らかに『人通り』が戻りつつあり、

少しずつですが、『活気』も戻って来ていると感じています。

 

 

願わくば、

 

 

世界唯一の例外となれるよう、『第二波』の襲来を避けることが出来、

そのまま、日本経済が『完全復活』を迎えてくれれば嬉しく思います。

 

 

ただ、その過程にも『痛み』は伴うかも知れません。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、迫り来る大失業時代に準備をしていますか??』と題して、

今後、私たちを待ち受けるであろう『難局』について、ご紹介しました。

 

 

日本全国で、

 

 

『企業倒産』『失業』の流れは、凄まじい勢いで進行しており、

4月単月、全国の雇用は『100万人』規模で失われています。

 

 

一応、

 

 

6月から『日常』が戻りつつあると表現したものの、

『休業者(失業予備軍)』も、全国600万人規模で存在するのが実情。

 

 

また、

 

 

現時点、決死の資金繰りで、何とか生き延びている企業も、

今後の動向如何では、存続できなくなる可能性も大いにあります。

 

 

気温も上がり、『高揚感』を伴う季節が訪れていますが、

本心から気を緩められる時期は、少し先になりそうです。

 

 

今回の危機において、個人的に『意外』だと感じたのは、まさか、

『国家』から現金支給される経験をするとは、思わなかったこと。

 

 

と言っても、

 

 

未だ、『実際の入金(特別給付金)』は、されていないですが、

先行する地域の話題も入りますから、『嘘』では無さそうです(笑)

 

 

国民一人当たり、一律現金10万円。

 

 

単純計算、『12兆円』を国民に配布した事になります。

 

 

一説によると、

 

 

『未曾有の経済危機』と言われた2009年にも実行されたようですが、

『1万2000円』という少額の為か、全く記憶に残ってません(笑)

 

 

流石に、

 

 

今回は、4人家族世帯の場合『40万円』の支給になるので、

既に受け取られた方々には、インパクトがあると想像します。

 

 

当初、

 

 

『現金定額給付には、経済刺激効果がない!』と相当渋っていましたが、

もし実行していなければ、現政権の支持率はヤバイ事になっていました。

 

 

日本政府として、『最低限の役目』は果たした形です。

 

 

その他にも、

 

 

『持続化給付金』『雇用助成金』『休業要請支援金』『家賃補助金』等、

今回の危機対応においては、様々な給付により国民サポートしています。

 

 

元来、

 

 

『国家』として『徴税システム』を導入している以上、

想定外の危機に瀕した際には、きちんと還元を行うのが、その役割です。

 

 

これまで、

 

 

『公共サービス』という意味では還元を受けていたものの、

『年金制度』も含めて、明らかに『国民負担超過』の状態にありました。

 

 

そう考えると、

 

 

初めて、国家システムが『正常』に機能していると言える訳で、

ここまで、スムーズに物事が進むとは、想像しませんでしたね。

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、何かしらの『動き』がある時には、

どさくさに紛れて、『国民のお金』をくすねる輩が出て来ますね。

 

 

以前から、

 

 

関係各所を賑わせていた『アベノマスク問題』ですが、

その配布経費を巡っても、様々な『パンドラの箱』が存在しています。

 

 

当初、

 

 

総額で『470億円』ほどの経費が計上されていましたが、

各方面からの追及もあり『260億円』ほどに圧縮されました。

 

 

『200億円』、約2倍もの経費圧縮が可能とは、

そもそも、最初の『約470億円』の試算ってなんやねん。

 

 

受注先を巡っても、

 

 

様々な『利権』が絡んでいるようですから、もし大きく追及されなければ、

そのまま『200億円』が、関与する人間により着服されるところでした。

 

 

奇しくも、

 

 

巷では、マスクの高額転売で逮捕される個人・業者も出始めましたが、

彼らが手にした、数十万円〜数百万円とは、桁違いの金額になります。

 

 

是非、

 

 

単価『49.5円』で仕入れたものを、

単価『50.6円』で販売した人間を逮捕するのであれば、

『200億円』横領しようとした人間も逮捕して下さい。

 

 

他にも有ります。

 

 

事業継続資金を給付する『持続化給付金』を巡っては、

業務委託先の法人に対して、『不透明なお金の流れ』が指摘されています。

 

 

制度詳細の説明は、本質と関係ないので割愛しますが、

 

 

経済産業省から『サービスデザイン推進協議会』が受注したこの業務は、

その後、そのまま広告代理店・電通に再委託されている事が分かります。

 

 

その際、

 

 

『受注』と『再委託』に関わる資金ギャップは『20億円』、

仕事を『横流し』しただけで、同社には『20億円』が流れ込んでいるのです。

 

 

25年前、

 

 

プロ野球観戦に行くと、球場周辺には『ダフ屋のおっちゃん』が沢山いましたが、

やっている事は全く同様で、ダフ屋も腰を抜かす巨額利益を着服しているのです。

 

 

経産省の見解は、

 

 

『職員14人の人件費や給付金の振込手数料など』としていますが、

『20億円』もの金額に対して、整合性はまったく取れていません。

 

 

確かに、

 

 

『200億円』『20億円』という金額基準は、

日本国のGDP規模から考えると、『雀の涙』といえる金額です。

 

 

ただ、

 

 

『個人資産』規模で考えると、巨額になるということも事実であり、

国家経済の規模から考えれば少額でも、チョロまかすのは違います。

 

 

いつの時代も、

 

 

『国民のお金』という巨額資金を預かり、取り扱うようになると、

気が大きくなり、『小銭(?)』をくすねる輩が存在しています。

 

 

私たち国民としても、そういった輩に着服されぬよう、

しっかりと目を光らせて、国民資産を守っていきたいものです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile