司馬遼太郎に見る、『本気』の人間の仕事★

今日のテーマは、『司馬遼太郎に見る、本気の人間の仕事』です(^_^)★

 

 

*この記事は2016年10月に起業塾生限定配信したものを、

 2017年9月に加筆・修正、一般公開したものです。

 

 

昨年(2016年)のこの時期、石垣渡航が夢に終わり、

関西でリフレッシュ期間を過ごしていたのは先日書いた通りです。

 

 

台風直撃により航空各社全便が欠航し、

大阪伊丹空港では途方にくれて、ロビーに2時間立ちすくしてしまいました。

 

 

が!!!!

 

 

折角、仕事を入れていない日程が4日間もあったので、

『近場(関西)で、以前からやりたかった事をやろう!』と思い、行動に移しました。

 

 

その1つが、『司馬遼太郎記念館』への訪問★

 

 

所在地の『東大阪』は何かと縁がある街でしたが、

なぜか今まで、全く訪れることなく来ていました。

 

 

『司馬遼太郎』

 

 

言わずと知れた、大阪が生んだ大作家です(^_^)

 

 

日中戦争から日露戦争までを描いた、

秋山兄弟の物語『坂の上の雲』。

 

 

これは、未だに多くの経営者の方々が、

『絶対に読め!!』と推薦される渾身の一作。

 

 

私も以前読んだことがありますが、

まず、書店で見つけた時、文庫版でさえ『8冊シリーズ』であることに買う事を怯みますね(笑)

 

 

皆さんも、機会があれば読んでみてください。

 

 

明治維新の鎖国状態から、

欧米列強を一気に追い付け・追い越せと駆け上がった時代。

 

 

『坂の上の雲』を読むと、

司馬遼太郎の類い稀な表現力・描写力・想像力が発揮され、

その時代の『勢い』がビシビシと伝わってきます。

 

 

時代は100年ほども昔の話なのに、

秋山兄弟のグローバルな『視点』と『行動力』は、

今の私達よりも断然チャレンジ精神に溢れてます。

 

 

*秋山兄弟は実在の人物で、全て、実話をもとに描かれています。

 

 

ちょっとした有名大学出てるだけで、

また、その後、一流企業といわれる会社に就職しただけで、

自身を『エリート』と勘違いしてる人は読んだ方がいいよ。

 

 

『いや、俺、全然ショボいやん。』と、明確に気付く事が出来るので(笑)

 

 

私も含めて、たまには、鼻をへし折られる経験も大切です。

それを乗り越えるからこそ、人は成長していく(^_^)

 

 

司馬遼太郎の書籍を読んだ人ならわかりますが、

驚愕するのは、その圧倒的な時代背景に関する情報量です。

 

 

司馬作品を読むなら、まず、

その作品の時代背景を理解するための、『歴史』の勉強が必要です(^_^)

 

 

書く側の司馬遼太郎氏はもちろんですが、

読む側の私たちも、かなりの『エネルギー』を要します。

 

 

ここまで深い作品を続々と発表出来た理由が、

今回の記念館訪問でわかりました。

 

 

司馬遼太郎の蔵書、実に『6万冊』!!

 

 

いや、もう普通に図書館です(笑)

 

 

実際に生活していた家屋の隣が記念館ですが、

そこには、『世界観』を感じるために『2万冊』があります。

 

 

それだけでも、圧巻の大迫力ですが、

さらに、家の中には残りの『4万冊』が置かれています。

 

 

記念館の映像で見られましたが、

これだけの量になると、もちろん書斎だけに留まらず、

玄関や普通の生活スペースの壁という壁が本棚になってます。

 

 

単に『6万冊』と言っても、

今みたいな1000円で売られている『ビジネス書』などと言った、ライトな物では決してないです。

 

 

『鹿児島県史』『高知県史』といった、

もうどちらかというと『辞典』レベルの本がほとんどです。

 

 

おそらく、

 

 

司馬遼太郎氏が『書籍』に費やした投資総額は、

現在価値に換算すると、『数億円』を優に越えてます。

 

 

これらの蔵書の知識が、

司馬遼太郎の頭の中には、絶えず、絶えず流れ込んでいた。

 

 

正直、

 

 

『歴史』なんて、詳細な所の『真実』は誰にもわかりません。

 

 

でも、

 

 

だからこそ、得られる情報を全てインプットし、

独自の歴史に対する『世界観』を確立していった。

 

 

あれだけ優れた作品を、続々と排出し続けられたのは、

司馬遼太郎が『独自の世界観確立』に、『命』を懸けて取り組んでいたからこそです。

 

 

そう考えると、この人は、

普通の人の何倍も濃い人生を送ったのだと感じました。

 

 

先日の『君の名は。』の新海誠監督に続き、

この日も『本気の人間の仕事』に触れました。

 

 

私も、このレベルで仕事が出来るように、

『これからの日々も、精進していこう!』と感じた訪問でした。

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile