大阪桐蔭高校、『甲子園&花園』同一年度アベック優勝から考える事。

今日のテーマは、『大阪桐蔭高校、甲子園&花園同一年度アベック優勝から考える事』です。

 

 

おおよそ、『お金』には関係無さそうなタイトルから始まりました(笑)

 

 

が、

 

 

私自身、一見、関係性が薄そうなところから、

『見えない部分のお金』を考える事は、実は、大好きです。

 

 

本日、1月7日。

 

 

高校ラグビーの頂点を決める決戦が、東大阪市の花園ラグビー場であり、

大阪代表・大阪桐蔭高校が、神奈川代表・桐蔭学園を接戦で退けて優勝しました。

 

 

昨年、

 

 

大阪桐蔭高校は、同大会の『準優勝校』であり、

同校史上初の『優勝』を決め、見事1年越しの雪辱を果たすことが出来ました。

 

 

更に、

 

 

『知る人ぞ知る』結果だと思いますが、

大阪桐蔭は、野球部も昨年(2018年)の選抜大会・選手権大会を連覇しています。

 

 

個人的には、

 

 

『高校ラグビー』も年始を彩る風物詩と考えているので、

数少ない『メジャー・スポーツ』と言えるものの中で、

1つの高校に複数の全国大会優勝旗がある事は『異次元』。

 

 

今年は全国大会優勝とはいきませんでしたが、

大阪桐蔭高校はサッカーでも強豪校として知られており、

正に、現代高校スポーツを席巻する存在になっています。

 

 

その昔、

 

 

桑田投手・清原選手に代表される野球部が存在していた『PL学園』も、

その当時は、他の部活動も強く、現在の大阪桐蔭と同じような存在でしたよね。

 

 

何か、『大阪』という地は、そういったものを追い求める風土があるのでしょうか。

 

 

話を元に戻します。

 

 

本日、高校ラグビーで頂点を極めた大阪桐蔭高校ラグビー部ですが、

その報道写真を見て頂けたらわかる通り、彼等の『日頃の研鑽』は見事なものです。

 

 

到底、

 

 

高校生とは思えないほどの『鋼の肉体』に鍛え上げられており、

太ももの太さ等から推測するに、そのトレーニング量は同年代のレベルを超越しています。

 

 

実際に、

 

 

ここまでのトレーニングを経験した事がないので分かりませんが、

『花園優勝』という一瞬の輝きを得る為に、彼等が流した、文字通り『血』と『涙』は尋常ではないはず。

 

 

そういった『裏』の部分は、なかなか『面』に出てきませんが、

『1つの事』に集中し、『決断』して進んだ者だけが、掴む事が出来る結果だと考えます。

 

 

確かに、

 

 

『高校野球』『高校ラグビー』と世間の注目度に差はあれど、

競技する『選手』同士を比べたら、決して『優劣』が付けられるものではありません。

 

 

どちらも立派であり、どちらも凄い人物です。

 

 

ただし、、、、

 

 

その後の『進路』にまで目を移すと、同じ『高み』まで上った両者の間には、

その『同等の功績』とはかけ離れた、『大きな差』が存在する事が分かります。

 

 

例えば、

 

 

前述した、2018年高校野球選手権大会で優勝した野球部では、

ドラフト1位指名された『根尾昂選手』『藤原恭大選手』両名は、

『契約金1億円プラス出来高』『年収1500万円』で契約締結されました。

 

 

恐らく、

 

 

ラグビー部の中にも、そのまま直接『プロ』の世界に進む人もいれば、

『大学』『社会人』で経験・実績を積んで、その扉を叩く人もいるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

『その分野を極めた』という事象は同じであれど、

『ラグビー選手』として、日本でそこまで破格契約を勝ち取る選手は皆無です。

 

 

それは、

 

 

そのスポーツ毎のその選手の『アビリティ』の問題では無く、

そもそも、そのスポーツが生み出す『経済効果』の違いが直結しているのです。

 

 

20代の会社員時代、

 

 

私に仕事のイロハを教えてくれた大先輩が居たのですが、

その『偏った考え方』の先輩がおっしゃるには(笑)、

『思考回路が合理的な愛知県は、運動能力の高い者は皆野球をする』、と。

 

 

要は、

 

 

最終的に『プロ・スポーツ選手』となった時、

同じ『物事の達成度』において『最大リターン』を得る手段を選択するという事です。

 

 

『愛知県民は本当にそうなのか??』という疑問もありますが(笑)、

少し『極端過ぎる』ながらも、『一理あるな』と思える話でした。

 

 

また、

 

 

元・ボクシング世界王者の亀田興毅選手はメディアのインタビューで、

『子供がボクシングすると言ったら、どうしますか?』という質問に、

即答で『させない』という回答をしています。

 

 

何故かというと、

 

 

『身体的に、危ないから』という理由では決してなく、

『日本では、ボクシングの生み出す経済効果が小さ過ぎて、話にならない』、と。

 

 

昨年末、

 

 

那須川天心選手との対戦で注目集まったメイウェザー選手ですが、

彼に対して1試合『数百億円』のファイトマネーが払われるのは、

『実力』も勿論の事、米国での『経済効果』の桁が破格だから。

 

 

亀田選手曰く、

 

 

競技として全て合計して『年間数十億円』しか生み出さない、

『日本のボクシング業界』では、端から達成不可能な数字だという事が分かります。

 

 

勿論、

 

 

私も学生時代に『スポーツ』に明け暮れた身ですので、

『お金』を最初から念頭に置いて、競技種目を選ぶものではない事は理解しています。

 

 

『理由』は、自分でも全く分からなくても、

男には、『これだけは負けたくない!』と思う分野が、必ずある。

 

 

しかし、

 

 

少し冷静になって、『ビジネス』的な思考回路を導入した時、

自身が勝負しようとする業界・分野全体の『パイ』を正確に見積もる事は重要です。

 

 

自身がどれだけ努力を積み重ねようとも、

そもそも、そこに『勝機』がなければ、絶対に勝つ事は出来ない。

 

 

学生時代、

 

 

前述のことは全く考えずに、偶然『野球』をやっていた私ですが、

こと『ビジネス』という分野に関しては、冷静に思考回路を働かせるようにしています。

 

 

昨年から新たにスタートした新規事業も、

日本国内で年間『40兆円』から『50兆円』とも言われる、

巨大マーケットを形成している『保険業界』に切込んでいる。

 

 

想像以上に順調に進んでいますが、

 

 

それは、自身が懸ける『労力』に対して、

『最大リターンが得られる市場』を、最初に選択して参入した結果です。

 

 

『資産形成』『ビジネス』共に必要な考え方なので、

是非、皆さんも『大阪桐蔭高校』の事例から、学んでみてください。

 

 

『学生』では無く、『社会人』としては、絶対に必要不可欠な思考方法です。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile