常に、『裏側』を見抜く視点を身につける★

今日のテーマは、『常に、裏側を見抜く視点を身につける』です。

 

 

まず、質問から入ります。

 

 

皆さんは、得られた『情報』をそのまま受け取りますか??

 

 

それとも、

 

 

常に、『本当にそうかな??』という視点で、

『裏側』を見抜く視点を身につけて、判断しながら受け取りますか??

 

 

『人間性が良い』という事も出来ますが、『日本人』は、

世界中でもトップクラスに『メディア信用度』が高い国民と言われています。

 

 

欧州諸国では信用度レベルでいうとほぼ50%程度。

 

 

つまり、文字通り、『話半分』程度にしか聞いていません。

 

 

皆さんに周りでも、いつも調子良いことばかり言って、

(悪い人じゃないけど、)全く『信用』のない方々がらっしゃいますよね。

 

 

それらの国々では、『メディア』に対しての信用度もその程度で、

ある種、『エンターテイメント』の一部にような扱いです。

 

 

ただ、

 

 

こと『日本』になるとその信用度は絶大で、

『メディア』で報道されることが、あまりにも無防備に受け入れられています。

 

 

これは、

 

 

私個人の考えでは、とても大きな『リスク』だと考えています。

 

 

誤解を恐れずいうと、

 

 

『メディア』を通して報道される情報は統制が掛かっているのが常で、

特に、権力者の意向が反映されていると考えるほうが、世界的には『スタンダード』です。

 

 

私は『テレビ』はほとんど見ないのですが、

つい先日、待ち時間に放映していた番組を見ても、『違和感』を感じました。

 

 

その番組では北欧の『デンマーク』について伝えていたのですが、

日本とデンマークの労働生産性を比較して、次のように言っていました。

 

 

『日本は、労働生産性がとても低い。』

 

 

『デンマークは、より効率的に働くことで、豊かな暮らしをしている。』

 

 

『ヒュッゲ』という日本語にはない単語で表現されていたのですが、

『リラックスタイム』を有効活用することで、生産効率も上がり、

『QOL:生活の質』も保ちながら、人生を充実させられる。

 

 

奇しくも、

 

 

日本の『働き方改革』を推し進めるような、タイミングバッチリの報道ですよね。

 

 

デンマークの会社員は週37時間(1日平均7時間超)の労働時間で、

『フレックスタイム』で、時間的にも、精神的にも余裕を持って過ごしている。

 

 

当然、一日毎の『労働時間』も自己判断で決められるし、

午後3時に出社し、子供を託児所に迎えに行って、家族との時間を過ごす事もできる。

 

 

長期休暇取得にも会社・同僚の理解があり、

きちんと『引き継ぎ』さえすれば、『3ヶ月』程度の超長期休暇も取得可能。

 

 

日本人からしたら、比べ物にならないほど『余裕』を持って働いているのに、

デンマーク一人当たりのGDPは、『年間約5万6000USD』と高水準。

 

 

実に、日本人一人当たりGDPの『約1.5倍』です。

 

 

この報道をそのまま『鵜呑み』にしていたら、

『日本人も、余裕を持ちながら生産効率を高められるんや!』

『収入が低いのは、自分たちの働き方が間違っているから。』ですよね。

 

 

番組制作サイドとしても、

視聴者にはこのようなメッセージ付を期待しているのだと感じました。

 

 

しかし、

 

 

私が番組から感じた事は、まったく違った着眼点でした。

 

 

『これは、おかしい、、、、。』

 

 

確かに、デンマーク人は余裕を持って『仕事」に取り組み、

精神的にも、身体的にも健康に人生を過ごしているように見えます。

 

 

もし、

 

 

これが世界共通の『真実』だとすれば、

世界から飢餓と貧困がなくなり、ついでに戦争や内紛もなくなり、

全ての人類が『幸せ』を感じながら生きているはずです。

 

 

でも、

 

 

皆さんもご存知のようにそれは実際とは違い、

世界の大部分は、『貧困』と『飢え』に苦しみながら生活しています。

 

 

と言うことは、

 

 

この番組で取り上げられたデンマークはじめ、欧州各国で、

明らかに『余裕』ある暮らしが出来ているということは、

世界のどこかで、その『しわ寄せ』が来ている国があるということ。

 

 

それこそが、

 

 

バングラデシュはじめ、世界の経済最貧国にラインナップされた国々です。

 

 

つまり、

 

 

報道の中では『善し』とされていた先進国の余裕ある暮らしは、

これら最貧国の犠牲のもとに、成り立っていると言えるのです。

 

 

どうですか??

 

 

『フライング・タイガー・コペンハーゲン』で、

気軽に買い物が出来なくなったのではないでしょうか??

 

 

番組内では『劣っている』とされた日本の生産性・生活も、

世界全体から見たら、圧倒的に『裕福』なものです。

 

 

しかし、

 

 

番組内で取り上げられた、先進諸国の一部の上澄み部分だけ見て判断すると、

『現実』とはまったく異なった『現実世界』が出来上がってしまいます。

 

 

*因みに、ここでは詳しく述べませんが、

 日本の労働生産性が低いのは、報道された『ヒュッゲ』の要因ではありません。

 

 

*これには、第二次大戦敗戦国の重荷が、今もなお続いているのです。

 

 

今回の事例は、直接、私たちの生活に影響を与えるものではありません。

 

 

ただ、

 

 

ふと目にしたテレビ番組を見ていても、

『情報を鵜呑みにすること』の危険性を感じたので書かせて頂きました。

 

 

特に、

 

 

世間一般的には、テレビは構えずにリラックスして見るので、

その情報は、より無防備に、無意識のうちにインプットされてしまいます。

 

 

『本当にそうかな??』という視点を、常に持ってください。

 

 

自分の頭でジャッジする『眼力』を、身に付けてみてください。

 

 

『受動的』に情報を受け取る立場になると、

『資産形成』をしないことと同様、人生の『主導権』を放棄することになります。

 

 

今日の記事は『お金』『資産形成』とは関係ありませんが、

『人生を主体的に生きる』という点では、共通している話です。

 

 

『資産形成し、人生を主体的に生きたい!』という方に最適なセミナーを、

2月22日(木)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年2月22日(木)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile