息切れ目立つ日本経済、2020年『東京五輪』のその後。

今日のテーマは、『息切れ目立つ日本経済、2020年東京五輪のその後』です。

 

 

何か、『新聞の見出し』のようなタイトルになってしまいました(笑)

 

 

別に、今朝の朝刊を探しても、どこの新聞にも書いていません。

 

 

公式ブログは、『オリジナル』で情報発信させて頂いています。

 

 

過去最高値を更新した『NYダウ』に引き上げられ、

『日経平均』も20年以上ぶりに高値圏で推移していましたね。

 

 

ただ、

 

 

いつの時代も『上がり続ける市場』は存在せず、NYも一旦調整を見せ、

今週の『日経平均』も最終日は、前日比200円近く下げて終了です。

 

 

だからと言って、何という訳ではないです。

 

 

ここ最近の市場が『高揚感』に包まれていただけで、

天気のように、『快晴』の日もあれば、『雨』の降る日もある。

 

 

そういった移り変わりに、一喜一憂していても仕方ありません。

 

 

でも、

 

 

前述の例で出した『気象』のように、

今後も一貫して、気温が上昇していく局面を迎えていたら、話は違いますよね。

 

 

*ここでは、『地球温暖化』が真実かどうかを議論している訳ではありません。

 

 

『単発』で起こるイベントに一喜一憂する必要はないですが、

今後も『継続』して起こる可能性があれば、しっかりと考え、対策を打つ必要があります。

 

 

日々の『市場の変動』は然程気にしなくて良いですが、

 

 

今後、数十年から100年単位で続く『日本経済』の苦境は、

目を逸らしても何も解決しませんし、逃げる訳にも行きません。

 

 

『光』が強く当たれば、必然、その『影』は濃くなる。

 

 

これは『経済』という分野においても、特に顕著で、

スポットライトが集まるほど、そこから生まれる『歪み』は大きくなっていきます。

 

 

何のことを言っているのか??

 

 

今日のタイトルにも含まれているフレーズ、『東京五輪』が抱える問題点です。

 

 

一時、

 

 

新国立競技場新設に掛かる費用が急増したことや、

マスコット・キャラクターの盗用問題等で、世間を大きく賑わせました。

 

 

が、

 

 

ここ最近、1年間ほどは、ほとんど報道されることが無かったと思うんですね。

 

 

そうしたら、

 

 

気が付くと、現在、目処が立っている経費だけでも、

『五輪開催に必要な金額が、3兆円に膨れ上がっていた』という話です(笑)

 

 

いや、驚きましたね。

 

 

勿論、『3兆円』という金額は、世界レベルの富裕層と言えど、

『個人資産』として考えた場合、想像を絶するほどの金額です。

 

 

しかし、

 

 

これは、対象が『国家』というレベルになっても同じ事で、

世界第3位の国内経済規模を誇る『日本』と言えど、決して、無視出来ません。

 

 

公式ブログでは度々お伝えしていますが、

 

 

現在、日本の国家予算が『年間100兆円』程度ですから、

その『3%』を占める金額は、国家経済にも、十分影響を与え得るものです。

 

 

当初、

 

 

国と五輪組織委員会では、2020年『東京五輪』開催に際して、

会場整備費などを中心に、『1500億円』ほどの支出しか見込んでいませんでした。

 

 

しかし、

 

 

実際のところは、2013年からの5年間累計として、

各省庁の関連施策費を集計すると、既に『8000億円』以上の経費が消費されていた、と。

 

 

現時点で、『5倍強』も使い込んでいたんですね(笑)

 

 

その内訳を見ると、

 

 

『暑さ対策・環境問題への配慮』という項目に対して『約2300億』が、

『アスリート、観客らの円滑な輸送および外国人受け入れのための対策』に『約1630億円』が支出されています。

 

 

その文言からは具体策の見えてこない、何とも怪しい経費ですね(笑)

 

 

これだけ大きな金額の『お金』が、一体、どこに消えたのでしょうか??

 

 

更に、

 

 

皆さんもご存知の通り、『東京五輪』は未だ開催されていませんから、

2020年に向けて本格的な準備が始まる今後、より一層の支出が見込まれます。

 

 

現時点で、

 

 

五輪総事業費は『1兆4100億円』が見込まれており、

これとは別に、五輪組織委員会が『予算6千億円』の運営コストを見込んでいます。

 

 

この部分だけ見ても、総額は『2兆円』を軽く越えてくる。

 

 

これに、

 

 

前述の『既消費経費:8000億円超』を加える事で、

今の時点で、目処が立っている経費だけで『累計3兆円』に迫ると言うのです。

 

 

そして、『勘』の良い方々は気付かれていますよね??

 

 

『東京五輪』開催後、2020年以降も継続的に、

建設した施設・インフラ等の、莫大な『維持コスト』がかかり続ける事を。

 

 

もうかなり昔のことのように感じますが、

 

 

少し記憶を辿っていくと、2年前、

ブラジルで『リオデジャネイロ・オリンピック』が開催されました。

 

 

この時、

 

 

『ブラジル』という国が、まさに世界中から、

『スポット・ライト』を浴びていたことは、紛れもない事実です。

 

 

しかし、

 

 

『ショー・タイム』は一瞬のうちに終焉を迎え、2年経過した今、

この国が、大きな『経済的打撃』を食らっている事は、あまり報道されません。

 

 

2020年の『その後』、日本は同様の荒波を乗り越えられるのでしょうか??

 

 

ご存知の方は少ないかも知れませんが、

現在、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事が訪日しています。

 

 

先日、安倍首相とも会談していたようですが、その席の中でも、

『継続的な人口減少』『急速な高齢化』といった、日本の『構造的欠陥』を指摘されました。

 

 

少し手厳しいようにも感じますが、

 

 

『アベノミクス』に対して、『政策の根本的見直しが必要』と、

『日本経済』の、加速、拡大、持続性に懸念が示されています。

 

 

この事を真摯に受け止め、私たち日本人は、

来るべき『2020年のその後』を、心して迎える必要があるようです。

 

 

『経済的自立を達成する為、資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮10月24日(水)、大阪・梅田10月29日(月)に開催します。

 

 

■2018年10月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年10月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile