日本での『インフレ』は、本当に起こっていないのか??

今日のテーマは、『日本でのインフレは、本当に起こっていないのか??』です。

 

 

更新する時間が遅くなってしまったので、今日はさらっといきますね。

 

 

『インフレターゲット、物価上昇2%が目標』

 

 

皆さんも、少なくとも一度はこの言葉を耳にされた事があると思います。

 

 

最近はめっきり耳にしなくなりましたが、

就任当時、黒田日銀総裁がスローガンとしていた『標語』です。

 

 

もちろん、

 

 

これは黒田総裁が独断と偏見で決定した訳ではなく、

第二次政権発足当時の、安倍内閣の意向も大きく反映されています。

 

 

一時期、

 

 

上記スローガンを事あるごとに繰り返し、その遂行を第一命題にして来ましたが、

ここ最近、新聞・テレビ等の報道メディアにも殆ど取り上げられなくなりました。

 

 

その理由は、

 

 

『インフレターゲット達成』『物価上昇2%実現』が、

実社会においてなかなか推し進められず、達成が厳しいと見られて来たからです。

 

 

当初、

 

 

その実現に絶対的な『自信』を示していた黒田総裁も、

最近では、その目標実現に対して難色を示すように変化してきました。

 

 

その為、

 

 

意図的に上記の『スローガン』を発言しなくなった事が、

この言葉のメディア露出が極端に減った、直接的な原因です。

 

 

と、ここまで書いてきて。

 

 

公式ブログ読者の皆さんは、ここまでの記述に納得・実感持たれているでしょうか??

 

 

政府の発表では、『インフレ』『物価上昇』が起こっていないと言っています。

 

 

日本は『デフレ』が継続しており、

物価は『下降』しないまでも『停滞』『維持』され続けている、、、、と。

 

 

果たして、本当にそうなのでしょうか??

 

 

今、日本経済は『デフレーション』が進行していますか??

 

 

恐らく、皆さんの実感としても同じだと思いますが、

私の感覚では、この質問に対する回答は『否』です。

 

 

普通に考えて、『物価』、上昇していますよね??

 

 

『小麦』『卵』といった生活必需食品が値上げされたのは記憶に新しいですし、

それ以外でも、第二次安倍政権発足後、生活必需品の『値上げ』は複数回あります。

 

 

約6年前、

 

 

当時の白川日銀総裁が断行していた『金融引締め政策』から一点、

黒田総裁に変わってジャブジャブの『金融緩和』をしたので、

ここ数年間は、殆ど安定的に『日本円』の通貨価値は切り下げられました。

 

 

ここで少しだけ述べておくと、

 

 

『インフレーション』はイコール『物価上昇』だと解釈する方がいますが、

正確には、『通貨価値の下落』を意味するのが本当のところです。

 

 

『通貨価値』自身が下落するので、『物の値段(物価)』は一定でも、

それを手に入れるために支払う『お金』が数字上大きくなってしまう。

 

 

結果、

 

 

『物の値段が上がった』ように見える訳ですが、

古今東西、いつの世も、常に変動し続けているのは『通貨価値』の方です。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

数年間、安定的に『通貨価値』を切り下げてきたので、

相対的に、今まで通りの生活をするのにかかる『お金』は数字上アップしました。

 

 

前述の生活必需品にしてもそうですが、(少し異なる理由があるものの。)

今夏は『燃料費』の高騰が夏休みシーズンのレジャー消費抑制に働くとの懸念も出ています。

 

 

最近、

 

 

コンビニに寄った際、駄菓子コーナーを覗いていたのですが、

私が子供の頃からあるロングセラー商品に心が踊ったと同時に、

その軽さ(内容量の少なさ)に驚愕してしまいました。

 

 

決して、

 

 

私が20年以上かけて『成長』した事が理由ではなく、

『実質的値上げ』という手法で、価格維持の常套作が講じられたものと見ています。

 

 

『物の値段(物価)』

 

 

政府は『上がっていない』報道を繰り返していますが、

私個人としては、何のことを言っているのかさっぱり分かりません。

 

 

10年、20年というスパンではもちろん、

ここ数年間だけ見ても、『物価』は確実にどんどん上昇しています。

 

 

それを、

 

 

『黒田総裁の失敗』宜しく演技を繰り返し、国民に対して、

『インフレは進行していない』『物価は上がっていない』と報道しているのです。

 

 

とんだ『茶番』です。

 

 

しかし、

 

 

聞き分けが良く、自らの頭での『思考』を辞めてしまった日本人は、

いとも簡単に上記報道を鵜呑みにして、物価上昇に対して『不感症』になっています。

 

 

なぜ、日本政府が『物価は上昇していない』と言い張るのか??

 

 

その1つの理由は、

 

 

『会社員』という階層の方々を中心とした『被雇用者』の立場の方々の、

『賃金上昇』が、実体経済にそれほど波及していない事が挙げられます。

 

 

新聞各紙では、

 

 

『大手の夏のボーナス過去最高!』とか『◉年連続上昇!』とありますが、

それは、日本を構成する企業全体の『1%未満』の大企業の話であり、

『99%以上』を構成する中小企業の方々は、全く反映されていません。

 

 

この理由において、

 

 

『インフレターゲット実現、物価上昇が達成できていない!』というのなら、

それはそれで、今後も目標実現に向けて活動していく整合性は取れます。

 

 

しかし、

 

 

その理由は若干あるものの、私の個人的見解では、

『物価上昇していない』『インフレが進行していない』洗脳報道は、

より大きなもう1つの理由から来るものだと考えるのです。

 

 

そのもう1つの大きな理由とは、、、、明日の公式ブログに続きます(笑)

 

 

『自らの目で経済を見抜き、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(t)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile