日本財政の『警鐘』は、常に鳴り続けている。

今日のテーマは、『日本財政の警鐘は、常に鳴り続けている』です。

 

 

昨日から、香港に来ています。

 

 

日本を飛び立つ前、大阪もぐっと気温が下がりましたが、

こちらに来ると、温暖な気候が身体に優しく感じますね。

 

 

と言っても、

 

 

『夏』は日本より一段気温が高いので、外を歩けたものではなく、

11月以降迎える『秋・冬』のこの時期が、最も過ごしやすく感じる季節です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

世界の潮流と逆行して迷走する『日本国債』の金利の話を取り上げ、

政府・日銀主導で進める『マスキング・スキーム』の話をしました。

 

 

これを実行する理由は簡単で、

 

 

まず、単純に『日本国際』の金利が上昇してしまったら、

『借金まみれ』の日本国の『利払い』が直結して増加してしまうからです。

 

 

そして、

 

 

経済が悪化した国家において、『金利上昇』は破綻のサインでしかなく、

『国債』のそれを上昇させてしまうと、全てがバレてしまうからです。

 

 

個人的には、後者の方が『重大な理由』だと考えます。

 

 

公式ブログでは、数年前から継続していい続けていますが、

今、日本経済は悪化の一途を辿り、破綻への道を歩み続けています。

 

 

確かに、

 

 

2020年東京五輪に続き、先日、2025年大阪万博が決定した事で、

身体中にパイプを繋がれた『延命措置』ながら、もう少し生き延びるかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

上記事例は、決して『根本解決』には向かっておらず、

『リスク』を先延ばししても、顕在化した時の『インパクト』が大きくなるだけです。

 

 

一日、一日での『違い』は分かりにくくなっていますが、

日本経済・財政の『警鐘』は、常に鳴り続けていると思うのです。

 

 

先日の報道で、

 

 

国民年金や厚生年金など公的年金の給付額を抑える『マクロ経済スライド』が、

来年度、2019年度に発動される公算が大きくなったというものが出ました。

 

 

分かりやすく言うと、

 

 

『物価上昇』『賃金の伸び』と比較して、『年金支給額』を抑えるというものです。

 

 

これまで手厚く振る舞ってきた『高齢者向け社会保障』を、

久しぶりに、『削減する方向』に動いたことになりますね。

 

 

政府としては『大きな決断』だったと思いますが、

(*選挙戦に大きく影響を与えるのは高齢者層なので。)

 

 

『リスク』を犯してまで、その実行に踏み切ろうとする理由は、

『年金支給額を削減しなければ、システムの破綻が早まるから』です。

 

 

ご存知の方々も多いと思いますが、

 

 

現在、日本の『公的年金システム』は、

完全なる『ポンジ・スキーム』であり、別名で言うと『ネズミ講』です。

 

 

これは、

 

 

『個人』『企業』がすれば、完全なる『詐欺行為』として逮捕されますが、

『国家』が主導すると、それも『公的年金システム』の名目で成立するんですね。

 

 

これも昔から言っていますが、あらゆる分野において、

『悪』も増大して大きくなり過ぎると、途端に『善』に変わるから不思議です。

 

 

現時点で、

 

 

受給スタートしている方々は、総拠出額に対して『プラス』ですが、

30代以下の『私たちの世代』では、『2000万円超』のマイナスというから驚きです。

 

 

地方都市であれば、『家』が一軒建つ金額ですね。

 

 

その事は、

 

 

国民も政府も既に『自明な事』として分かっていますが、

納付・徴収を辞めてしまうと、今すぐ『破綻』してしまうので、渋々続けています。

 

 

私としても、

 

 

『年金破棄』と引換えに『支払拒否』オプションがあるなら行使しますが、

現実社会でそれを実行すると、『保有資産』を差し押さえられてしまうので、出来ません。

 

 

この辺りからも、

 

 

『国家』こそが、『最大の暴力機関』であり、

『国家』こそが、国民から搾取し続ける『徴税システム』だと理解できますよね。

 

 

先日、もう1つ興味深いニュースが出て来ていて、

 

 

日本に居住し、『公的年金』に加入している外国人が、

受給資格期間を満たさず出国する場合の『脱退一時金』が、増額検討に入っているといいます。

 

 

これに対して、

 

 

『外人に手厚くして、日本人には薄く、どこの政府だ!』とか、

『年金システム持続の方向性が理解できない』などの声が続出しています。

 

 

ただ、

 

 

表向きは『(外国人が)保険料が掛け捨てになる払い損を防ぐ狙い』と言われていますが、

個人的には、この『ポーズ』を見せる事で、『外国人からの納付率を上げる事』こそが、

その『真意』ではないかと感じています。

 

 

『取れる所』からは、どこからでも取る。

 

 

もう、『なり振り』をかまっている場合では無い。

 

 

それくらい、日本の『年金システム』『社会保障システム』は、

財政的に『ヤバい』状況に陥っているという事です。

 

 

その状況にも関わらず、

 

 

既存の『公的年金システム』に頼ったライフプランニングをしている人が多い事には、

驚かされるとともに、『この国、この人達、大丈夫か??』と心配になってしまいます。

 

 

『国家』『会社』『自分以外の誰か』が、

あなたのことを助けてくれる時代は、完全に終焉を迎えています。

 

 

これからの時代、そのことをしっかりと自覚し、

自ら『道』を切り開く『覚悟』を持って進むことが、とても重要だと感じています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile