星野仙一さんの言葉に学ぶ、『資産形成』の極意★

今日のテーマは、『星野仙一さんの言葉に学ぶ、資産形成の極意』です。

 

 

2018年、年明け、突然の訃報に球界全体が震撼しました。

 

 

星野仙一さんが膵臓癌のため、亡くなったというニュースです。

 

 

会社員時代は製薬企業に勤め、父親も胆管がんで失った経験から、

その経緯がイメージ出来るだけに、とても悲しいものがあります。

 

 

医療業界に携わる方々はご存知でしょうが、

肝・胆・膵系の疾患は、見つかったが最期。

 

 

肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれるほど症状が出にくく、

『痛み』『違和感』など症状が発症した時には、

既に疾患も致命的なレベルにまで進行してしまっています。

 

 

星野仙一さん自身、最後まで楽天球団副会長の職を務められ、

テレビ出演等もされていましたから、この訃報は『青天の霹靂』。

 

 

心よりご冥福をお祈りします。

 

 

星野仙一さんの話を続けると、

我が地元・岡山県が生んだスーパースターです。

 

 

星野さんが所属した岡山県立倉敷商業高校は、

私たちの時代は勿論、今も岡山県内では、毎年、甲子園出場を争う強豪校。

 

 

卒業生には複数名プロ野球選手も輩出していますが、

その中でも、名実ともに『星野仙一さん』は飛び抜けています。

 

 

倉敷商業自体は読んで字の如く『商業高校』ですので、

一般的な大学進学はほとんど見込めない高校だと思います。

 

 

それでも、

 

 

関東の雄『明治大学』へ進学する野球部員はおり、

(*現・日本ハム:岡大海選手などがそうです。)

『倉商ー明治大学』のホットラインは、星野仙一さんが作ったものでしょう。

 

 

選手としての闘志あふれるプレースタイルも人気の一因ですが、

私たちの年代では、やはり、監督としての『闘将』のイメージが強い。

 

 

中日ドラゴンズ、阪神タイガース、楽天ゴールデンイーグルスと、

3球団の監督としてペナントを制した手腕は圧巻の一言です。

 

 

*特に、2003年、阪神に19年ぶりのリーグ優勝をもたらしてくれた時は嬉しかった。

 

 

*皆さん、忘れられているかも知れませんが、

 個人的には、『暗黒の時代』の呪縛が解かれた元年だと思っています。

 

 

星野仙一さんという人物を語る時、

これまで関わった選手の口から出てくるのは、

『厳しかった』と同様に『愛情があった』という言葉です。

 

 

3球団でペナントを制することを考えると、

その道中で、スタープレーヤーを引き抜く『リクルート』は必要不可欠です。

 

 

阪神を優勝に導いた際は、

『金本知憲』『片岡篤史』の両スタープレーヤーをFAで獲得。

 

 

楽天に移ってからは、監督職は退いていたものの、

岸孝之投手(現エース)を、同じくFAにて獲得しました。

 

 

その岸投手に、FA移籍を決意させた次の言葉は有名です。

 

 

『迷ったら、前へ進め。』

 

 

これは、野球に関するだけの言葉ではなく、

人生全体に対して、一貫して当てはまる考え方だと思うんですよね。

 

 

『迷ったら、前へ進め。』

 

 

恐らく、この言葉は星野仙一さんご自身の、

『人生哲学』そのものを表した言葉だと思うんです。

 

 

『今の場所』『心地よい環境』に安住するのではなく、

『新しい環境』『まだ知らない世界』に思い切って飛び込んでいけ、と。

 

 

その『信念』で決断を繰り返してきたからこそ、

星野仙一さんは、あれほど偉大な人物になったのだと思います。

 

 

そもそも、

 

 

『迷う』という事は、自身が『興味がある』という事です。

 

 

人間は、自身が興味がない事に関しては、

まったく『迷う』ことが無いようになっています。

 

 

これは、皆さんも体験的にご存知ですよね。

 

 

学生時代、誰もが一度は経験した例で言えば、

『興味がない異性』に、私たちは『告白しようかどうか』で悩んだ経験はありません。

 

 

あの青春時代、私たちが堂々巡りして悩んでいたのが、

相手が『興味があり過ぎる異性』だったからです。

 

 

他の例も挙げると、

 

 

私自身、ファイナンシャル・プランナーとして活動していますが、

勿論、会社員を辞めて、独立・開業に踏み切る時は、『迷い』もありました。

 

 

しかし、

 

 

それは『ファイナンシャルプランナーとして独立するか』を迷ったのであり、

『料理人として』『美容師として』独立するかは、迷うどころか考えもしませんでした。

 

 

さらに深掘りすると、

 

 

なぜ、『独立・起業するかどうか』という事で迷ったかと言うと、

自分自身の根底に、『独立・開業したい』という想いがあったからです。

 

 

『一生、サラリーマンでいいや。』

『終身雇用されるように、頑張ろう。』

 

 

私がそのように考えていたら、

『独立・開業したい!』という事で悩むことすらなかったのです。

 

 

これは1つの例ですが、

 

 

このような『迷う』というサインが出てきた時、

人生の『決断』を迫られる場面に遭遇した時、皆さんはどうしますか??

 

 

本当は『やりたい!』『挑戦したい!』という気持ちを抑えて、

『迷い』を自分の封じ込めて、無かったことにしてしまうか。

 

 

それとも、

 

 

『迷い』を自身が潜在的に望んでいることの『サイン』として、

『新たな世界』に飛び込み、チャレンジしていく人生にするのか。

 

 

この場面における選択の違いで、

両者の人生は、大きく違ったものになると思うのです。

 

 

私自身は、常に『後者』でありたい。

 

 

『資産形成』のアドバイスとして、日々、

クライアントの方々から情報をお伺いし、具体的な方法を提案させて頂いています。

 

 

でも、

 

 

実際を言うと、『これをやったから大丈夫!』と言うものは存在せず、

人生を通じて、常に『挑戦』を継続していかなければいけません。

 

 

『守り』に入った瞬間に歯車は狂い出しますし、

まず、その『守り』の人生自体、全く面白く無いでしょう??

 

 

日々、クライアントの方々に提案している以上に、

何より、私が一番『リスク』を受け容れ、『挑戦』を繰り返す人生を生きています。

 

 

星野仙一さんがそうであったように、『肩書き』云々ではなく、

『自らが挑戦する姿』で、人に影響力を与えていける人間に、私はなりたい。

 

 

皆さん、『迷い』から逃げないでください。

 

 

『迷ったら、前へ進め。』

 

 

人生の『決断』の場面で思い出せるよう、

この言葉を、常に、記憶にとどめて頂けたら幸いです(^_^)

 

 

『常に挑戦し、資産形成して生きていこう!』と決断した方に最適なセミナーを、

2018年は、1月29日(月)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年1月29日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile