時代に『逆行』したビジネス・モデルは、『衰退の一途』を辿る。

今日のテーマは、『時代に逆行したビジネス・モデルは、衰退の一途を辿る』です。

 

 

久々に、『ビジネス』テーマの記事を書こうと思います。

 

 

『コロナ危機』の渦中、私たちの生活に様々な『変化』が有りますが、

その中の1つで、先日、個人的には、興味の惹かれる記事を見ました。

 

 

『愛ある著作権侵害に悩む、絵本出版社の嘆き』

 

 

ネットニュース等でも取り上げられていたので、

ご覧になられた方々も、多いかも知れませんね。

 

 

最近では、

 

 

芸能人、著名人も、自身のチャンネルを開設する某動画サイトにて、

『絵本の読み聞かせ動画』が、密かなブームを迎えているのだとか。

 

 

確かに、

 

 

大都市圏を中心として(*)『緊急事態宣言』が発令して、在宅時間が長引いたり、

幼稚園・保育所での先生方の負担軽減を考えると、ニーズが高いのかも知れません。

 

 

*今後、『緊急事態宣言』は全国47都道府県に拡大されるようですが、

 そうなれば、『第二波』ともなる絵本動画ブームが到来しそうですね。

 

 

皮肉な事に、

 

 

これらの『絵本動画』のアップロード者本人に『悪意』はなく、

他者に『価値提供』しようという『善意』から来るものも、多いのだとか。

 

 

しかし、

 

 

法律上で言えば、これは立派な『著作権侵害』に該当するようで(笑)、

その権利を保有する『絵本出版社』は、頭を抱えてしまっているようです。

 

 

『地獄』への道は、『善意』で敷き詰められている。

 

 

作家の橘玲さんは、自身の著書の中でそう述べられていますが、

今回の事例も、世間に多数該当する、その中の1つと言えそうです。

 

 

『著作権』に守られた動画を、動画サイトにアップロードする。

 

 

この部分だけ切り取れば、完全なる『著作権侵害』であり、

現行、日本の法律上『違法』であることは前述の通りです。

 

 

しかし、

 

 

『形式的』な話は、一旦、横に置いておいて、『絵本動画』が、

果たして、著者・出版社の『利益損失』になるかを考えた場合、どうでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

『絵本動画』自体は、恐らく、物語を『全編公開』しているので、

絵本を購入するまでもなく、視聴者に『ネタバレ』してしまいます。

 

 

そう考えると、『機会損失』に繋がりそうですよね??(笑)

 

 

化石化された『昔の思考回路』では、『知っているもの』に対して、

消費者が『お金』を支払うことは、『無い』と考えられて来ました。

 

 

しかし、

 

 

2020年を迎えた現代では、どうも『事情』が変わって来ているようなのです。

 

 

どういうことか??

 

 

冷静に考えれば分かることですが、前述の『絵本動画』に限らず、

『コンテンツ』は、完全に『無料開放』の時代へ向かっています。

 

 

これは、

 

 

決して、『非合法』の世界のことを話している訳ではなくて、

『合法』なマーケティング手法として、それが成立しているという事です。

 

 

例えば、『音楽業界』なんて最たるものですよね。

 

 

確かに、『音楽配信』自体は、現在でも『有料』だと思いますが、

『ライブ映像』等コンテンツを、『無料開放』するアーティストも多く存在する。

 

 

『歌』なんて、『絵本』以上のネタバレが横行している訳です(笑)

 

 

じゃあ、

 

 

コンテンツを『無料開放』している事で、

『利益損失』が生まれているかと言うと、全く『逆』で、

実際は、それにより『利益』が生み出されているのです。

 

 

何のことを言っているか、分かりますか??

 

 

自ら『事業』を営んでいる方々は、理解出来ますよね。

 

 

『会社員』という立場の方々は、理解不能だと思います(笑)

 

 

この辺り、

 

 

キングコングの西野亮廣さんが、次のような言葉で、

非常にわかりやすく、収益モデルを説明しています。

 

 

人が行動する時の動機は、総じて『確認作業』である。

 

 

本当に、この一言に尽きますね。

 

 

前述の通り、コンテンツの『無料開放』を率先する音楽業界ですが、

それにより『作品』が世の中に知れ渡り、『購買行動』に繋がっています。

 

 

例えば、

 

 

アーティストの『ライヴ』を想像すれば、一瞬で理解出来ますよね。

 

 

その時、

 

 

歌われる『曲(コンテンツ)』は、世間に周知されたものですが、

『確認作業』をする権利を、ファンは奪い合い、数万人規模の人間が集まります。

 

 

反対に、

 

 

そこまで『メジャー』とは言えないアーティストが、

『初めて聞く曲(未知のコンテンツ)』満載のライブを開催した時、

果たして、そこまで多くの人間が集まるかは、大いに『疑問』です。

 

 

西野さんも仰っていますが、

 

 

『未知のコンテンツ』に対して、『対価』を支払うことは、

消費者サイドとしては、『リスク』の大きな行動なのです。

 

 

私自身、先日、この『確認作業』を経験しました。

 

 

『謎の美女がガラスの靴を落とす物語』を地上波放送していたのですが、

『ストーリー』は完全熟知しているにも関わらず、最後まで見届けてしまいました。

 

 

この場合は、

 

 

『確認作業』に対して、『時間(最重要資産)』を支払った訳です。

 

 

正直、

 

 

『ディズニー』には、常日頃から全く『興味』を抱いていませんでしたが、

作品のクオリティと、映像の綺麗さに、危うく『DVD』を購入しそうでした(笑)

 

 

興味のない私でさえ、そこまで心を動かされましたから、

恐らく、実際にはこの『コンテンツ:無料開放』により、

多くのファンの方々が『お金』を落とされたと思います。

 

 

身近な事例では、

 

 

皆さんにご覧頂いている、『井上耕太事務所:公式ブログ』もそうです。

 

 

世の中には、

 

 

『自称コンサルタント』が掃いて(吐いて)捨てるほど存在しますが、

経営素人の彼ら・彼女らは、『有料コンテンツ化』を打診して来ます。

 

 

しかし、

 

 

仮に、その提案に乗ってしまったら、コンテンツの『開放』が行われず、

中長期的な視点で見て、大きな『利益損失』に繋がると予想が出来ます。

 

 

私のクライアントさんは、

 

 

『無料コンテンツ』である公式ブログを読み込み、

『確認作業』として、セミナーや個人セッションを受講してくれますから。

 

 

『絵本業界』の話に戻すと、

 

 

確かに、『著作権』等、様々な『大人の制約』があるのは事実ですが、

この『コンテンツ:無料開放』の流れに逆行する動きは、自らの首を締めます。

 

 

折角、

 

 

『読み聞かせ動画』により、世の中に物語を広く周知させて、

『確認作業(購買行動)』に繋げるチャンスが到来したのに、

『思考回路』が『昭和』でストップしている方々は、それに気付きません。

 

 

結果、

 

 

『今まで通り』、絵本業界は全く儲からない業界として衰退し、

関係者は、『出版不況だからね』と言い訳しながら、深酒することになります。

 

 

自分たちの『思考回路』が時代遅れなことに、気付いていないんですね。

 

 

2020年に、『Windows95』OS搭載で稼働しているようなものです。

 

 

時代に『逆行』したビジネス・モデルは、『衰退の一途』を辿る。

 

 

『コロナ危機』最中の、生活スタイル・流行の変化から、

『ビジネス』についても、興味深い『学び』を得ることが出来ました。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile