最近の『タピオカ・ブーム』に学ぶ、『資産形成』の極意とは。

今日のテーマは、『最近のタピオカ・ブームに学ぶ、資産形成の極意とは』です。

 

 

驚かれるかも知れませんが、

 

 

昨今、SNS上でも大流行を見せている『タピオカ』について、

今回の『ブーム』が始まってから、私は一度も口にしていません(笑)

 

 

要は、全く『タピ活』をしていないことになります。

 

 

こう言うと、あたかも『天邪鬼』なように聞こえてしまいます。

 

 

それとも、

 

 

女性ほど執念を見せていない『男性』であれば、案外、普通なんですかね??

 

 

ただ、

 

 

人生において、一度も『タピオカ』を口にした事がない訳ではなく、

『ブーム』になる以前から存在していたものですから、

コンビニ・スイーツ等で入っている際は、好んで購入していました。

 

 

そもそも、

 

 

『平成』も中盤以降生まれの女子高生は知らないかも知れませんが、

『タピオカ』なんて、僕たちが生まれてからの間だけで、

一体、何回、流行っているのかすら分からないほど流行ってる(笑)

 

 

正直、

 

 

皆さん、『流行』『新しい』と思って購入されているのかも知れませんが、

『一周回って』という枕詞が付くか、むしろ、『古い』ですよね(笑)

 

 

確かに、

 

 

今回の『タピオカ・ブーム』については、SNSの発展も手伝ってか、

これまでのブームと比較して、一段も、二段も『勢い』を感じます。

 

 

また、

 

 

その『継続期間』についても、予想を超えて長期に続いていて、

未だに、街中には行列が出来、SNS上でもアップする方々が多いですよね。

 

 

当初、

 

 

全く並ばなくて購入できた『タピオカ・ミルクティー』のお店も、

SNSを通じてバズったのか、一瞬にして、行列店へと変化した事も目の当たりにしました。

 

 

最近では、

 

 

『生タピオカ』なる言葉も生まれているようで、

『元々、タピオカは生やろ!』と思う訳ですが(笑)、

『何でも有り』の収集のつかない事態に陥っています。

 

 

特に、

 

 

大都市圏にお住いの方々は実感持って聞いて頂けると思いますが、

恐らく、『ブーム』も最終盤に入ったと思われる『現在』でさえ、

未だに『新規出店』しようとする、命知らずの挑戦者(?)がいますよね(笑)

 

 

詳しい事は知りませんが、

 

 

『設備投資』として、大したコストは掛からないと考えられるものの、

その『短期視点』『一発屋感』は、理解に苦しんでしまうものがあります。

 

 

一般的には、そちらの方が『ウケる』んですかね??

 

 

私としては、その『ブーム』に乗ってしまうような方々とは、

『人生』全体として、相容れないステージで生きているように感じています。

 

 

ここまで『分かりやすい』事も珍しいですが、

 

 

わざわざ、公式ブログで改まって述べるまでもなく、

現時点において、日本国内で『タピオカ』は、明らかに『供給過剰』に陥っています。

 

 

私自身、

 

 

まさか、『井上耕太事務所:公式ブログ』において、

『タピオカ』の供給量について、言及する日が来ると想像していませんでした(笑)

 

 

当然の話ですが、

 

 

南米原産のキャッサバから抽出される『デンプン』を、

私たちは、『米』のように『主食』にはしていません。

 

 

また、

 

 

それには『必須アミノ酸』が入っている訳ではなく、

長期的に、恒常的に、私たちが消費していく要素は見当たりません。

 

 

ですので、

 

 

今回の『ブーム』が終焉を迎えた暁には、その『需要』は恐ろしく減少し、

現在を『100』と基準とする場合、『1』程度にまで落ち込む事になる。

 

 

そうすると、

 

 

現在、街中で石ころを投げれば当たるほど存在している『タピオカ店』は、

一瞬のうちに、その姿を消し去ってしまう事になりますよね、、、、。

 

 

確かに、

 

 

『ブーム』早々に参入して、『売り逃げ』を決め込む業者は良いでしょうが、

後ろで入った人間は、良くて『トントン』か、収益『マイナス』で終える事になります。

 

 

ここまで、

 

 

『ブーム』という言葉を用いて展開して来ましたが、

金融の世界の言葉で置き換えると、『バブル』という表現が当てはまります。

 

 

『現象』としては全く同じで、

 

 

社会全体において、一時的に『需要量(ニーズ)』が高まる事により、

『供給者サイド』として、新規参入する人間が、急増する期間がある。

 

 

それでも、

 

 

暫くは『需要量(ニーズ)』が高まり続ける期間があるので、

『供給量』が、それを上回ったことが認識されにくく、

市場全体として、『正常』に機能しているかのように見える。

 

 

しかし、

 

 

常々、お伝えし続けている通り、

『異次元状態』『市場の歪』が、未来永劫、存在し続ける事は有りません。

 

 

当然、

 

 

『需要・供給バランス』が、正常状態に修正される時が訪れて、

『パーティー』で気分良く踊り続けていた方々が、『現実』へと引き戻されます。

 

 

書いていても思いますが、『典型例』過ぎて、笑えてきますね(笑)

 

 

最近の『タピオカ・ブーム』に学ぶ、『資産形成』の極意は、大きく2つ有ります。

 

 

1つは、

 

 

『短期的』に盛り上がる市場については、『長期安定性』が欠如しているので、

人生全体を通じての『資産形成』という観点では、取り入れてはいけないこと。

 

 

仮に、

 

 

私が、オーナーとしてこの1年間『タピオカ店』を経営したとしても、

ブームが終焉し、閉店後、積み上がる『信用』『経験』『実績』は何も残りません。

 

 

この辺り、

 

 

『コンビニ・バイト』をしているのと、全く同じレベルの話で、

人生において、『ストック型』の付加価値(市場価値)は生まれない事になります。

 

 

また、

 

 

2つ目は、『市場参加者』が明らかに『過剰』、

猫も杓子も入って来るようになれば、『バブル(ブーム)』の終焉は近いことです。

 

 

有名な言葉で、次のようなものもあります。

 

 

『素人が入ってきたら、パーティーは終焉。』

 

 

事実、

 

 

2007年後半から顕在化した『サブプライム・ショック』の終盤には、

スーパーのレジ打ちまでもが、『不動産ブローカー』を名乗っていたと言います。

 

 

今回の『タピオカ・ブーム』が、そのまま重なって見えますね(笑)

 

 

『資産形成』の世界でも、『ビジネス』という分野でも、

常に、『地に足つけた感覚』で、『長期視点』で、臨まれることをお勧めします。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮9月27日(木)、大阪・梅田9月28日(金)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年9月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年9月27日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile