株式市場が『大幅反発』しても、喜ぶことが出来ない理由。

今日のテーマは、『株式市場が大幅反発しても、喜ぶことが出来ない理由』です。

 

 

世界的な『第二波』襲来リスクの高まりから、

株式市場が、大きく下落したのが先週のこと。

 

 

一転、

 

 

今週に入ると、その『リスク懸念』も、一旦和らぎ(?)、

大きな反発が、日米両市場に見られるようになりました。

 

 

『新型ウイルス』の話を先にすると、

 

 

先日の公式ブログでもご紹介した通り、世界規模で見れば、

『新規感染者』増加速度は、収束どころか加速しています。

 

 

単純に、

 

 

『感染者数』という数字の観点では、これから『本番』を迎え、

その理由は、大量人口を抱える発展途上国で拡大するからです。

 

 

各メディアで、

 

 

『感染者数』推移グラフが掲載されているので、ご覧頂きたいですが、

発生直後から、一貫して、感染者数が増大していることが分かります。

 

 

意外なことに、一度も『鈍化』していません。

 

 

確かに、

 

 

私たちが居住する『日本国』をはじめ、一部地域では、

感染者数が減少に転じ、経済活動も再開し始めました。

 

 

しかし、

 

 

その矢先、日本でも首都圏を中心にクラスターが発生し、

『第二波』の襲来を予感させる雰囲気が出始めています。

 

 

また、

 

 

直近2ヶ月、落ち着きを見せていた震源地・中国においても、

北京の新規感染者が100名を超えて、再封鎖に入りました。

 

 

巷では、

 

 

ワクチン、治療薬開発に関する情報も錯綜しますが、

当初、専門家が予測した開発年数は2〜3年ほどで、

こちらについても、過度な『楽観視』は禁物です。

 

 

そう考えると、

 

 

今後も、世界的な『経済活動減速』の到来は確率が高く、

再び、『自粛生活』を強いられることも予想しておく必要があります。

 

 

にも関わらず、

 

 

冒頭、ご紹介した通り、世界的に『株式市場』は活況であり、

市場参加者の間では、再び、『高揚感』すら漂い始めました。

 

 

これは、どういうことなのでしょうか??

 

 

先ず、

 

 

日本時間昨夜(6月15日)の米国市場に目を向けると、

前半は、前週の雰囲気を引継ぎ停滞ムードだったものの、

後半ジリジリ巻き返し『前日比157ドル超』のプラスで取引を終えます。

 

 

また、

 

 

本日(6月16日)の『日本市場』は大幅反発し、

『日経平均株価』は、前日比『1,051.26円』の上げ幅を記録。

 

 

先週は、

 

 

『2万2000円台』を割り込み心配されていましたが、

僅か数日で、基準値をオーバーする値に戻して来ました。

 

 

前半述べた通り、

 

 

『感染拡大』という観点では、何も解決していないにも関わらず、

このまま行けば『ビフォー・コロナ』の最高値更新も射程圏です。

 

 

一体、何が、市場を動かしているのでしょうか??

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

 

 

日米両市場に『高揚感』が漂いはじめた要因は、

間違いなく、両国政府が打ち出した『経済政策』にあると見ます。

 

 

ここで、

 

 

『経済政策』という言葉を使うと、一気に仰々しく聞こえますが、

最近、その言葉が示す対象は、何でもない『金融緩和政策』です。

 

 

実際、

 

 

昨日、米国・トランプ政権が打ち出した『経済政策』は、

『景気てこ入れ』という名の、『1兆ドル規模』のインフラ支出策。

 

 

勿論、

 

 

『余剰キャッシュ』など全く保有していない、世界覇権国(米国)は、

そのほぼ全額を、『赤字国債(借金)』の増発で工面すると考えます。

 

 

また、

 

 

日本政府も、ベクトル(方向性)としては同じ政策をとっており、

中央銀行・日銀の言うところの『準備』とは

『経済体力』の限り継続する、『金融緩和政策』に他なりません。

 

 

明るい方々は理解されるでしょうが、

 

 

『金融緩和』を行うことは、緩やかなインフレを起こす事であり、

シンプルな話、既存の『保有資産』の価値を目減りさせる事です。

 

 

つまり、

 

 

『株式市場』が活況を見せていても、決して喜ぶことは出来ず、

そのインフレ率に釣り合う上昇を見せて、やっとトントンです。

 

 

この期間、

 

 

市場参加者の中には、『数字上の利益』を上げた方々も多いですが、

『実質的価値』という観点では、あまり勝っていないのが実情です。

 

 

反対に、

 

 

この状況で、『投資市場』に資金投入していない方々は、

自動的に『完全負けゲーム』を展開していることになります。

 

 

日本人の場合、

 

 

『貨幣価値(*数字も同様)』の変動感覚に疎い人が多いですが、

政府が『金融緩和政策』を取れば、取るほど、

皆さんの金融機関口座内の『キャッシュ』は確実に目減りします。

 

 

皮肉な話、

 

 

『安全』を求めて、虎の子の『預貯金』を守り続けた人が、

この世界では、『1番の敗者』になるということなのです。

 

 

お話ししていることが、ご理解頂けるでしょうか??

 

 

『株式市場が大幅反発しても、喜ぶことが出来ない理由』

 

 

それは、

 

 

一見、『数字上の利益』を生んでいるように見えても、

『実質的な価値』は、殆ど、変化していないからです。

 

 

しかし、

 

 

繰り返しになりますが、『現金保有』していた資産については、

確実にその価値を目減りさせており、『完全負けゲーム』です。

 

 

この辺り、

 

 

『(数字上で)勝って、初めてトントン』という事なのですが、

この経済の『基本』といえる原則を、理解する日本人は少ない。

 

 

短期的に、

 

 

1年、2年の話であれば、そこまで『大差』がつきませんが、

それを意識せず、一生涯の『資産形成』に臨むのは無謀です。

 

 

今日ご紹介させて頂いたことを、しっかりと理解して、

長期視点での『資産形成』に臨まれる方が出てこられることを願います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile