破綻への延命措置に必死な『国策』としての『ねずみ講』。

今日のテーマは、『破綻への延命措置に必死な国策としてのねずみ講』です。

 

 

タイトルの中に、怪しい単語を含んでのスタートですね(笑)

 

 

『ねずみ講』

 

 

ウィキペディア先生で検索掛けてみると、

『無限連鎖講と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。』とあります。

 

 

要は、

 

 

『商品』を取り扱うことなく(若しくは、不相応に高額な商品を扱い)、

『お金』だけが特殊ルールで流通する、『無限連鎖システム』の事です。

 

 

(*後者は、厳密言えば『マルチ商法』に分類されるのかも知れませんが。)

 

 

金融の世界では、別名、『ポンジ・スキーム』と呼ばれることもありますね。

 

 

私が生まれるよりも少し前、日本でも大きな問題になりました。

 

 

勿論、

 

 

日本国の法律により、厳しく規制されていて、

現在では、日本国内に『ねずみ講』のシステムは存在しないと言われています。

 

 

考えてみれば、当たり前ですね(笑)

 

 

世界第3位の経済大国まで上り詰め、経済的にも成熟期を迎える国家で、

『平成』が終わろうとする中、『昭和』ど真ん中の違法行為が許されるはずが無い。

 

 

しかし、私は、『ねずみ講』は未だ残っていると思うのです。

 

 

今日のタイトルに含まれる言葉、

 

 

『国策としてのねずみ講』というフレーズを聞いて、

私が何のことを言っているか、皆さん、ピンと来るでしょうか??

 

 

勘の良い方々は、すぐに分かりますよね。

 

 

そう、日本という『国家』が主導して存続し続けている、

『公的年金システム』は、現存する、世界最大級の『ねずみ講』なのです。

 

 

どうでしょうか??

 

 

『ねずみ講』という言葉について、

先ほど、『ウィキペディア先生』に解説して頂きました。

 

 

『商品が無く』『先に参入した人ほど有利で』

『その序列は、未来永劫入れ替わる事は無い』

加えて、『無限連鎖的に繋がっているシステム』、、、、。

 

 

上記の定義に、『年金システム』は完璧に合致していますよね。

 

 

もはや、

 

 

上記の説明文が、『ねずみ講』の説明文なのか、

『公的年金システム』のそれなのかさえ、判別不明な状況になってしまっています。

 

 

公式ブログでも何度かお伝えしていますが、

 

 

『国家権力』という最大の暴力機関が『強制徴収』を謳う為、

私も仕方なく、『国民年金保険料』を支払っていますが、

もし『支払わない』という権利があるなら、即刻行使します。

 

 

これは皆さんも賛同されると考えていて、

 

 

会社員の方は、『保険料』が源泉徴収されて給与天引きされていますが、

『将来、年金で戻ってくる』という幻想を抱く人は、ほぼ存在しません。

 

 

皆さん、

 

 

『将来的に、戻って来ない』と分かっていながらも、

超巨大権力には逆らうことが出来ず、『ねずみ講』に加担し続けているのです。

 

 

それで、

 

 

『公的年金システム』が近く破綻することは明確ですが、

その『Xデー』を少しでも延命しようと、政府は『苦肉の策』を連発しています。

 

 

昨日出てきたニュースでは、次のようなものがありました。

 

 

『厚生年金 企業規模規制を緩和し、パートタイマー・短時間労働者の加入拡大へ』

 

 

現在、

 

 

『厚生年金』は、従業員数501名以上の事業所に加入が義務付けられ、

上記事業規模以下の事業所に関しては、『任意加入』となっています。

 

 

より詳しく言うと、

 

 

(*事業規模条件に加え、)

『週20時間以上労働』『月収8万8000円以上の収入』で強制加入となり、

その条件を満たさない場合、パート職員は『国民年金』の対象として扱われます。

 

 

少し整理すると、

 

 

『国民年金保険料』は、免除対象者などを除いて、

所得に関わらず、一律の『保険料』を支払うルールとなっています。

 

 

対して、

 

 

『厚生年金保険料』は、それぞれ収入により保険料が異なり、

また、事業者サイドと『労使折半』が保険料負担されるというルールがあります。

 

 

この時、

 

 

『事業家サイド』としては『厚生年金』加入の方が負担が大きくなる訳で、

選択出来るのであれば、率先して『ねずみ講』に加担するはずがありません。

 

 

事実、

 

 

先ほど、事業規模要件を満たさず『任意加入』の対象となった企業で、

わざわざ『厚生年金』に加入している企業は、全体の『5.6%』と激少です。

 

 

ここまで順を追って説明してきたので、

この状況も『当然』だと感じて頂けると思います。

 

 

今回出てきた報道では、

 

 

『厚生年金』の加入対象として、この『企業規模要件』を引き下げ、

若しくは、撤廃することにより、対象事業所を増やしていく見込みのようです。

 

 

これは、

 

 

表向きは『パート、短時間労働者の老後貧困リスクを無くす』ですが、

『真意』がそれであるはずがなく、現在の基準では破綻が早まる為、

『年金保険料を、取れる対象者を増やそう作戦』に他なりません。

 

 

本当に、この国の『社会保障システム』は崩壊しています。

 

 

挙げ出せば切りがありませんが、

 

 

今後も、『公的年金システム』の延命措置に関しては、

『苦肉の策』が連発され、私たちを悩ませる事になりそうです。

 

 

政府としても、

 

 

『年金システム』が完全破綻してしまえば、

もはや、『国家としての存在意義』が失われてしまうので必死です。

 

 

*『国家としての存在意義』を他の言葉で言うと、

 『徴税システムの正当性』と表現することも出来ます。

 

 

兎に角、

 

 

『年金システム』という超巨大な『ねずみ講』にライフプランを委ねていたら、

『厚生年金システム』が救ってくれるはずもなく、下流老人に成り下がります。

 

 

『国民一人一人が、自立・独立して資産形成する時代』は、

間違いなく、今、私たちの眼の前にやって来ているのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile