私たちは、『情報パンデミック』の時代をどう生きるのか??

今日のテーマは、『私たちは、情報パンデミックの時代をどう生きるのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『世界的投資家たちは、虎視淡々と二番底を狙う』と題して、

これから、株式市場を襲うであろう『下落相場』の可能性をご紹介しました。

 

 

しかし、

 

 

昨夜(5月18日)米国市場、本日(5月19日)日本市場とも、

ご紹介した内容と『逆行』する形で、『大幅上昇』を記録します。

 

 

特に、

 

 

新型ウイルスに対する『ワクチン開発』に光が見え始めた為、

米国市場『NYダウ平均株価』は、前日比『+900ドル超』の大幅急進。

 

 

これと比較すると、

 

 

日本市場の勢いは、少し、弱いものとなりましたが、

日経平均株価『2万433円45銭』は、約2ヶ月半ぶりに迎える高値圏です。

 

 

ただし、

 

 

『今後の展開』については、まだまだ『未知数』というのが本音で、

期待される『ワクチン開発』動向如何で、簡単に潮目は逆流します。

 

 

この辺り、

 

 

医療業界・製薬業界ご所属の方は、お分かりでしょうが、

臨床試験初期段階で『好成績』を残したものであっても、

その後、期待した結果が得られず、頓挫するケースは多々あります。

 

 

そうなると、

 

 

『ワクチン開発』という情報が折り込まれて展開していた市場は、

その分の『期待値』が一瞬で無くなり、大暴落を起こす事になる。

 

 

様々な場面に共通しますが、

 

 

スタートの『期待値』が高ければ、高いほど、

その『結果』が得られないことが判明した際、

与えられる『ショック』は甚大なものになります。

 

 

『心理学』にも、通じていますね(笑)

 

 

要は、

 

 

『情報』如何により、世界に対する『評価』は簡単に変わるということですが、

2020年、私たちが経験した『コロナ危機』は、如実にそれを表しています。

 

 

『パンデミック』

 

 

今回のように、ウイルス等の感染症が、世界的に拡大する事ですが、

これまでも存在した言葉ですが、今回の危機で、一気に『市民権』を得ましたよね。

 

 

更に、2020年、新たに生まれた言葉があります。

 

 

『情報パンデミック(インフォデミック)』

 

 

そうです。

 

 

『情報』のパンデミック(世界的流行・拡散)です。

 

 

最も典型的なのは、

 

 

2月末から4月初頭にかけて、全国のドラッグストア等から、

『トイレットペーパー』『ティッシュペーパー』が無くなった現象です。

 

 

今となれば、

 

 

発端とされる『デマ情報』は、殆ど拡散しなかった事が知られますが、

『善意』から発信される『訂正情報』が、SNS等で大規模拡散されて、

あのような惨状が招かれたと言われています。

 

 

その後、

 

 

『マスク』等も入手することが出来ない状況が続きましたが、

こちらも、『情報パンデミック』により弊害の典型的事例と考えます。

 

 

以前の公式ブログで、

 

 

ちょうど100年前に流行したスペイン風邪(インフルエンザ)では、

全世界で『約4000万人』規模の方が無くなったとご紹介しました。

 

 

当時の世界人口は『5億人』にも達していませんから、

この死者数は、まさに『驚異的』ともいえる数字です。

 

 

そこを基準点として考えると、

 

 

今回の『コロナ危機』は、世界で多くの方々を苦しめていると言えど、

『歴史的パンデミック』と比較した際の、『見劣り感』は否めません。

 

 

しかし、

 

 

『経済活動』という観点に与える影響は、『市場空前規模』となっており、

その原因は、確実に『情報パンデミック(インフォデミック)』に有ります。

 

 

仮に、

 

 

前述の『スペイン風邪』流行当時の情報拡散力を『1』とした場合、

2020年現在のそれは、『約150万』に匹敵すると言われます。

 

 

間違わないでください。

 

 

『150倍』では、決してないです。

 

 

実に、150『万』倍の情報拡散力です。

 

 

1920年当時、

 

 

『情報』拡散ツールは、未だ、テレビ、ラジオも普及し切っておらず、

新聞、電話、手紙、書籍等の『原始的なもの』に限定されていました。

 

 

100年の時を経て、

 

 

私たちが『情報』を得る際、前述した方法の依存度は極限に減少し、

インターネット、スマートフォン、SNSがほぼ全てを占めています。

 

 

直近で比較しても、

 

 

SARS流行時の『70倍超』、新型インフル流行時の『8倍超』と、

世界で生み出される『情報量』は、爆発的に増加し続けてきました。

 

 

その環境下で、

 

 

『情報パンデミック』は、過去最高レベルに起こりやすくなっており、

その傾向は、2020年以降も、急カーブで増大すると予想されます。

 

 

まさに、『情報』に翻弄される時代ですね。

 

 

『解決策』は、何かあるのでしょうか??

 

 

お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、

意外にシンプルに、『情報を遮断すること』が挙げられると考えます。

 

 

某エグゼクティブの研修では、

 

 

期間中の約2週間、完全に『外界』からの『情報』を遮断し、

そのことに対して、『慣れる』というステップがあると聞いたことがあります。

 

 

インターネットは勿論、『メール』等の処理もダメです。

 

 

とても『シンプル』なステップなのですが、

日々、『情報』に暴露されている現代人にとっては、厳しいステップですね。

 

 

私自身、実際に行えば、『禁断症状』が出ると思います(笑)

 

 

確かに、

 

 

『情報』が拡散される時代になったことは、災害等が起こった際、

瞬時に情報共有することが出来るので『メリット』も存在します。

 

 

しかし、

 

 

『平時』においては、大きく『影響』を受けてしまう場面が多くあり、

リスク・ベネフィットを考慮した際、『マイナス』超過に偏る傾向にあります。

 

 

私自身、

 

 

公式ブログは『インターネット』にて配信していますが、

『情報』を得る際は、その手段に依存せず、むしろ『距離』を置いています。

 

 

時には、意識的に『情報』を遮断すること。

 

 

『情報パンデミック』時代を生きる、私たちにとって、

自らを『情報暴露』から守る為の『有効な手段』です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile