私自身が、1番『経済的自由』のメリットを感じています。

今日のテーマは、『私自身が、1番、経済的自由のメリットを感じています』。

 

 

『緊急事態宣言』が発令して、数日が経過しました。

 

 

当初、

 

 

社会全体として、大きな『変化』を求められましたが、

人間の『順応力』『適応力』は凄いと感じていて、

『街の雰囲気』も、少しだけ、落ち着いて来ましたね。

 

 

ただし、

 

 

それが『心の緩み』を生み出してしまい、『感染拡大』に繋がっては本末転倒です。

 

 

実際、

 

 

本国・中国を離れて『大流行』を見せる、南欧スペイン、イタリアでは、

それぞれ『約15万人』の感染者に対して、死者数は『約1割』に上ります。

 

 

勿論、

 

 

医療体制の不備等、『国家的問題』もあると思いますが、

そこに至るまでに、何度か『大きな波』が来ていることも見逃せません。

 

 

現に、

 

 

日本で最も早く流行を見せ、『非常事態宣言』を発した北海道では、

『感染者』の増加が一時期停滞していたものの、『第二波』が来ているとの報道も有ります。

 

 

先日、

 

 

『緊急事態宣言』を発令した東京、大阪を始めとした大都市圏では、

今尚、『閑散とした雰囲気』とは裏腹に、

新規感染者の『過去最高記録』が、連日記録更新され続けています。

 

 

特に、

 

 

『感染経路不明』である『新規感染者』割合は、日増しに増加しており、

今後1ヶ月間での『爆発的増大』は、避けられない事態に陥っています。

 

 

日本政府自身、

 

 

『緊急事態宣言』発令時、直近1ヶ月間での『感染者数』が、

日本全体として、『約8万人』まで増大すると予測していましたよね。

 

 

既に、

 

 

連日、報道され続ける『感染者数』に嫌気がさし、

目を背けている方々も多くいるかも知れませんが、

現時点で、日本全体の感染者数は『5000名超』です。

 

 

そう考えると、

 

 

『感染者数:8万人』の規模が、どれほど社会に対して、

『インパクト』を与えるか、少しだけ、想像しやすくなると思います。

 

 

当初、

 

 

季節が巡れば、解決するものとみられていた『コロナ危機』ですが、

既に、夏の大規模イベントにおける『中止決定』も報道されはじめ、

私たちが想像するより、『異例の長期化』を見せるかも知れません。

 

 

メディアでは、

 

 

企業、事業者に対する『休業補償』についての問題や、

収入減少した方々(会社員、自営業者)に対する『現金給付』問題が取り沙汰されます。

 

 

大阪でも、

 

 

『経済的体力』がある飲食店等は、既に、休業に入っていますが、

大半の経営者にとって、理屈として『最善策』を理解していても、

それを『実行』出来るかは別問題で、営業継続する方々も、多くいらっしゃいます。

 

 

また、

 

 

先日、クライアントさんとZOOM面談していた際には、

『会社員』という立場であっても、『減給』を恐れて、

会社としての『欠勤要請』に対して、難色を示す人がいるそうですね。

 

 

確かに、

 

 

これだけ、日本全体の『経済』が滞れば、『お金』の循環速度も落ちるので、

あらゆる業界、あらゆる業種において、今後の『収入減少』が予想されます。

 

 

また、

 

 

社会全体としての『仕事量』も、絶対的に急減していますから、

普段、『時給換算』で仕事をしている方々も、経済的に追い込まれますよね。

 

 

今朝の報道では、

 

 

『生活費』に苦慮している方々対象の『無利子緊急貸付』に対して、

今月(4月)4日までの10日間、『約2万件』に迫る申請があり、

総額として『約23億円』が貸し出されたというものがありました。

 

 

想像している以上に、『経済的困窮者』は多いと感じます。

 

 

完全なる余談ですが、

 

 

先日の公式ブログで、少しだけ触れていた『地方疎開』は、

現時点、一旦、『白紙』にもどす形で、話を進めています。

 

 

個人的に、

 

 

様々な『対策』を講じての『地方疎開』を検討していましたが、

それでも、『リスク』に対する懸念が、完全払拭できなかった事が要因です。

 

 

勿論、

 

 

ここで言う『リスク』とは、『私自身』に対するものではなく、

疎開先の『地方都市』で生活する方々に、影響を与えてしまう『リスク』です。

 

 

ただ、

 

 

もし仮に、『地方疎開』を実行しなかったとしても、

『完全:Stay Home 戦略』を絶賛開催中の私自身、

大阪における『感染リスク』も、相当、低減出来ていると自負します。

 

 

それもこれも、

 

 

『仕事』をする・しないは勿論、どういう『スタイル』で実行するか、

日頃から、自分自身で『選択権』を持った人生を送っている賜物です。

 

 

『資産形成(投資:経済的基盤)』と『ビジネス』。

 

 

普段から、クライアントの皆さんには、上記『両輪』が稼働する事で、

人生における『自由度』『主導権』が高まると、お伝えし続けて来ました。

 

 

しかし、

 

 

今回、実際に『コロナ・ショック』のような世界的危機に直面して、

私自身が、1番『経済的自由』のメリットを実感・体感しています。

 

 

『経済的自由』『セミリタイア』

 

 

このような言葉を聞くと、どこか『浮世離れ』していて、ともすれば、

『拝金主義』など、完全なる勘違いをされてしまうケースも有ります。

 

 

しかし、

 

 

その『真意』は、このような『経済危機』に直面した際にも、

安定した生活を継続し、人生に対して自ら『主導権』を持ち、

様々な『選択肢』を、自分に対して用意できることを意味します。

 

 

果たして、

 

 

現在の状況で、私と同様の『自由度』『選択肢』を持つ方々が、

日本全体として、『1%』も存在しているのでしょうか??

 

 

この辺り、

 

 

『地方疎開』という言葉が指し示している対象者が、

主に『学生』であることから、大方は予想が立てられますね。

 

 

『SARS』流行が、『2002年』。

 

 

『MERS』流行が、『2012年』。

 

 

そして、

 

 

今年(2020年)に流行しているのが、『新型コロナ・ウイルス』。

 

 

過去、

 

 

歴史を紐解いてみても、このような感染症の流行は、

10年から20年のスパンで、定期的に、継続して起こることが分かります。

 

 

今回の危機が収束しても、

 

 

『人生100年時代』を生きる、私たちの一生涯には、

同様の危機が、今後も、何度か訪れるであろうことは『確実』なのです。

 

 

現状を憂い、悲観することに終始するのではなく、

今回の経験を元に『学び』、今後について『準備』を進めていきましょう。

 

 

『天は、自ら助るものを、助く』は、『真実』と考えます。

 

 

尚、

 

 

今月4月度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile