【書籍100日チャレンジ:膨張するパッシブ市場に鳴らされる警鐘】

【書籍100日チャレンジ:膨張するパッシブ市場に鳴らされる警鐘】

 

 

『100日チャレンジ:73日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『膨張するパッシブ市場に鳴らされる警鐘』です。

 

 

昨日の記事では、

来年からスタートされる『積立NISA』の、

組み込みファンド基準をご紹介しました。

 

 

『このファンド選定基準は、積立NISA以外の資産形成の場面でも使える』、と。

 

 

その中でご紹介させて頂いた1つの基準に、

『インデックス運用が、考え方の主軸』というものがあったと思います。

 

 

今日は、これについて少し書いてみようと思います。

 

 

皆さんは、株式投資・ファンド運用等を考える時、

現在、大きく2つの投資スタイルがあることをご存知でしょうか??

 

 

『アクティブ運用:市場インデックス超過のリターンを求める運用スタイル』

 

 

『パッシブ運用:市場インデックスに連動したリターンを求める運用スタイル』

 

 

大きく、この2つです。

 

 

古くから投資の世界では、

『市場の歪み』を誰よりも早く見つけ出す事により、

市場を出し抜く『アクティブ運用』が主流でした。

 

 

しかし、

 

 

ネットワークの効率化に伴い、

『情報』が本当に一瞬で世界に吸収される世の中になり、

この『歪み』を見つける事は困難になりつつあります。

 

 

『日経平均』『S&P500』に代表されるような市場インデックスに連動する商品や、

ETFといった商品の急速な発達もあり、時代はどんどん『パッシブ』に流れていっています。

 

 

①指数連動型なので、一般投資家でも理解が容易である事。

 

 

②ファンドマネージャーを雇う必要がない為、コストが低く運用できる事。

 

 

③市場インデックスを上回り続けるアクティブファンドが、歴史上存在しない事。

 

 

④良くも悪くも、『ボラティリティ:変動幅』が小さい事。

 

 

『パッシブ運用』が高く評価される理由としては、

上記のような事が挙げられると思います。

 

 

実際、最近の『パッシブ市場』への資金流入の流れは凄まじく、

 

 

2016年度の1年間の米国市場では、

『アクティブ』から2660億ドルの資金流出、

『パッシブ』への3070億ドルの資金流入が起こったと言われています。

 

 

また、現在では、

 

 

『アクティブ:3.8兆ドル』『パッシブ:3.3兆ドル』と、

運用資産総額でも、その差は確実に縮まりつつあります。

 

 

しかし、

 

 

世界中がこの流れを汲んで、

『パッシブ運用』を信望し切ってしまっても良いのでしょうか??

 

 

例えば、

 

 

現在の『NYダウ工業種30種平均』は、

トランプ相場の期待感がまだ抜け切らず、市場最高値を推移して加熱気味です。

 

 

それに伴い、『日経平均』も2万円台を突破して、

こちらも同様に加熱気味ですよね。

 

 

奇しくも、『パッシブ』市場に対して、

『アクティブ』に資金が流入するあまり、

市場全体が加熱気味になってしまっています。

 

 

また、

 

 

極端な例にはなりますが、

市場から『アクティブ投資家』が消えてしまって、

全ての人が『パッシブ』で運用をスタートしたらどうでしょう??

 

 

こちらも、市場の『調整機能』が働かなくなり、

『インデックス』が市場を正しく反映しないという『パラドックス』に陥ります。

 

 

個人的には、『人』と『AI』の事例に似ていると思います。

 

 

『AI』が発達したからといって、

『人』が行う全ての仕事が無くなる訳では決してありません。

 

 

『AI』で機械的に行う事ができる仕事でも、

やはり、『人』から受けたいサービスは無くならないのです。

 

 

『じゃあ、要らない』という話では決してなくて、

どちらも必要で、バランスを取る事が大切だと考えます。

 

 

資産形成の話に戻すと、

あなたの資産形成に『パッシブ運用』を組み込むのは有効です。

 

 

しかし、

 

 

それに対して頭から信望し切ってしまって、

全てをそちらに頼ってしまうのも考えもの。

 

 

もちろん、その逆も然りです。

 

 

『投資』『資産形成』においても、

常に自身の頭を働かせながら、バランスを取って取り組んでいきましょう。

 

 

皆さんが『資産形成』について考える『最初のきっかけ』として、

私の著書が、お役立て頂けたら本当に幸いです(^_^)★

 

 

『お金持になるファーストステップ

 -20代から始める、40歳セミリタイアライフプラン-』

 

 

■書籍ご紹介リンクはこちらをクリック■

 

 

『資産形成』にご興味を持たれた方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』にお越しください(^_^)★

 

 

■プライベートセッションご案内はこちらをクリック■

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

『書籍100日チャレンジ』に関しても、

皆さんに、ご協力頂きたい事があります。

 

 

①この記事をFacebookLINE等でシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile