自らの『市場価値』を正しく理解しているか??

今日のテーマは、『自らの市場価値を正しく理解しているか??』です。

 

 

予め伝えておくと、今日の記事は『敵(アンチ)』を作ります。

 

 

なかなか、いい感じの『導入』ですね(笑)

 

 

ただし、

 

 

何の計算も無く『敵(アンチ)』を作るのは『誰トク?』状態なので、

きちんと、自身の中では計算が成立している事を、先に述べておきたい。

 

 

まず、

 

 

以前から言っている事ですが、意見がシャープになればなるほど『アンチ』が出来、

その裏側で、表には出てこない、潜在的な『コアなファン』が増加するということ。

 

 

そして、

 

 

その『コアなファン』の方々にとっては、

歯に衣着せぬ言葉は、そのまま私自身の『クレジット(信用)』として蓄積します。

 

 

なので、

 

 

『マイナス』がある一方、大きな『プラス』が蓄積するので、

コアなファンの方々からの『クレジット(信用)』を『ぶっち切りプラス』で獲得します。

 

 

また、

 

 

『歯に衣着せぬ』表現で、個性丸出しで記事を書いた時ほど、

読者の方々の反応は良いし、未集計ながら、離脱率低く記事の最後まで読んでもらえる。

 

 

こう考察していくと、良い事だらけに見えますね。

 

 

もし、上記仮説が完璧に成立しているとしたら、

日々、感じていることを『現代版:徒然草』ばりに書いていく事で、私の仕事は増えます。

 

 

ただ、

 

 

ここに、もう1つの『問題(課題?)』が出現してきて、

今日書こうとする記事は、『お金』『資産形成』と全く関係が無いという事です。

 

 

一応、独立系ファイナンシャル・プランナーなんです。

 

 

そして、

 

 

全国から面談受講者が大阪まで会いに来てくれて、

クライアントも『300組』以上抱えていて、忙しくさせて頂いている身分です。

 

 

でも、

 

 

その状況を自分でもしっかり認識しながら、全く関係無いことを書きますね。

 

 

後は、『バッシング』に耐える『強いメンタル』を持っていれば良いだけです(笑)

 

 

最近、『シングル(独身)の女性』に会う機会が増えました。

 

 

この一文だけで、『男性陣のハート』は鷲掴みに出来た自信があります(笑)

 

 

元々、

 

 

クライアントの方々の中には、シングルの女性も多かったのですが、

それとは別、『仕事』ではない場面で、その類の方々に会う場面が増えたのです。

 

 

ご存知頂いている方もいらっしゃると思いますが、

『会社員』として働いていた20代の頃、私が務めていたのは『製薬企業』です。

 

 

製薬企業の営業職は、別名(?)『MR』と呼ばれていて、

概して、『遊び人』の集団、20代の頃なんて『合コン』のお誘いが死ぬほど入ってきます。

 

 

特に酷い時などは、

 

 

『1つ1つ、合コンを捌いていても埒があかない!!』と思い、

北新地のダーツバーを貸し切って、総勢100名近くのパーティーを定期開催していました。

 

 

そんな時を経て、落ち着き、真面目に働く『今』があります。

 

 

それで、

 

 

その時は『シングルの女性』に出会う機会などザラにありましたが、

空白の時を経て、最近同じような場面に出くわし、『異変』を感じるようになったのです。

 

 

先日、

 

 

出会ったシングル女子一同は、年齢は20台後半ながら、

皆さんとても綺麗で、一見、華やかな雰囲気に見えます。

 

 

ただ、

 

 

口を揃えて『パートナーがいない』『結婚したい』と言うので、

試しに、『じゃあ、どんな男性がタイプなの??』と聞いてみたんです。

 

 

そうしたら、その回答に愕然としたんですね(笑)

 

 

好みはそれぞれあるので一向に構いませんが、

彼女たち、『外見』に関する条件しか上がってこないんです。

 

 

これ、百歩譲って、『20歳』そこそこの大学生なら、むしろ可愛いです。

 

 

ただ、

 

 

それから数年の時を経て、28歳、29歳になり、

『オバハン』という言葉がチラつき始めた人間が、それを言い続けているのは、相当イタイ。

 

 

一人の女の子など、

 

 

男性陣からの評価はそれほど高くないにも関わらず、

ずっと『イケメンが好き!』と言い続けているのです。

 

 

これは、無理や、、、、。

 

 

どこかで『突然変異』が起きない限り、彼女が結婚できる確率は、

34歳の私が、今からプロ野球選手になるのと同等か、それ以上に低いものでしょう。

 

 

他にも、

 

 

『料理が出来ない』『掃除が出来ない』

『実家暮らしで、家事は基本母親がしている』、、、、etc.

 

 

こうなってくると、『市場価値』というものは殆ど皆無になってきます。

 

 

その状況で、周りをしっかり見て、自身の『市場価値』を理解しなければ、

『結婚市場』からも、想像以上に簡単に置いて行かれてしまうと思うのです。

 

 

『リアル』でお会いしている方々には、常々お伝えしてますが、

『恋愛』『結婚』は『ビジネス』的な観点と密接にリンクしていますね。

 

 

どちらか一方が出来ないのに、もう一方が出来ることは無いし、

むしろ、『出来る人間』はどちらも出来てしまうのが現実です。

 

 

考えてみれば当然で、

 

 

どちらも、『相手のニーズ』に応えた人間が勝者となる訳で、

その『相手のニーズ』を見抜く『客観力』というものが必要になってきます。

 

 

こちらも私が提唱する持論ですが、

女性の恋愛を考える歳に、『5年ルール』なるものが存在します。

 

 

何て事はない、シンプルなルールです。

 

 

『20歳』で成人を迎えて『25歳』を迎える5年間の間で、

まず、『市場価値』が高い女性は、根こそぎ『出来る男』にゲットされます。

 

 

冒頭から、物議を醸しそうなルール説明ですね(笑)

 

 

でも、この理論は恐らく『正解』しているので、説明を続けます。

 

 

中学生・高校生の淡い恋愛ではなく、結婚を考える『本気恋愛』として、

25歳をシングルで迎えた女性は、少なくとも1回はリリースされています。

 

 

『男』という生き物は、『女性』の方々がご存知の通り、

小学5年生で精神レベルの成長が止まるので、基本的に『馬鹿』です。

 

 

ただし、

 

 

『この女性を、決して逃してはいけない!!』というセンサーのみ、

その1点に関しては敏感に反応するようプログラムされているので、

結婚すべき女性が現れたら、逃す事はほぼ有りません。

 

 

なので、

 

 

誰しも『25歳』までに一度は『本気恋愛』はしているはずなので、

そのラインをシングルで迎えるという事は、『リリース1回』とカウントされる。

 

 

同様に、

 

 

同じく『5年』が経過して『30歳』を迎えるようになると、

この『リリース回数』が『2回』に増えているという計算です。

 

 

『本気恋愛』で2回見送られたボールは、なかなか『癖』がある。

 

 

この年齢を超えた未婚女子が、一筋縄ではいかないのも納得です。

 

 

むしろ、一度『結婚』してから『シングル』に戻っている女性の方が魅力的に映ります。

 

 

恐らく、

 

 

これは、私の独断と偏見で勝手に述べているだけでは消してなくて、

男なら誰しも、『5年ルール』の思考回路はインプットされています。

 

 

事実、

 

 

30代、40代でも綺麗な女性が増えてきた現代においても、

綺麗であればあるほど、男性陣は『この女性は、何かあるな。』と身構えてしまいます。

 

 

この1点においてのみ、男性も『勘』は鋭いのです。

(*でも、ハニートラップは簡単に引っ掛かりますが。)

 

 

話を元に戻します。

 

 

女性の社会進出が目覚しいどころか『普通』になった今、

『生涯未婚』で過ごしていく男女の数は、凄まじい割合になろうとしています。

 

 

そんな中で、その目標実現しようと思ったら、

まずは、自身の『市場価値』を正確に把握し、

そのレベルに会ったパートナーを探していくことが第一。

 

 

そして、

 

 

それでも、周囲から憧れられるパートナーをゲットしたいなら、

マスターベーション(自己満足)の『女性力・男子力』ではなく、

相手から求められる『市場価値』を向上させていく事です。

 

 

それが、先日であった彼女たちが描く『目標』を、

彼女たち自身が達成する、唯一の方法だと感じました。

 

 

以上、『パーソナリティー』全開の、

好き・嫌いが思いっっっ切り別れてしまう記事を配信しました。

 

 

ただ、

 

 

『コアなファン』で居てくださる方々にとっては、

『クレジット(信用)』がアホほど貯まる記事になったと思います。

 

 

『井上耕太』が、常に、

『本気で思っている事』しか発言しない事がお分かり頂けたと思うからです。

 

 

これからも、時々、『パーソナリティー全開』の記事を配信していきます(笑)

 

 

『パーソナリティー全開』の男が開催する、

本業『ファオナンシャル・プランナー』としての資産形成セミナーがあります。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)に開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile