自分の『頭』で考え、『眼』で見抜くことの大切さ★

今日のテーマは、『自分の頭で考え、眼で見抜くことの大切さ』です(^_^)★

 

 

一見、『資産形成』の話と関係無いように見えるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

実際は、密接に関係していて、

人生を通して見ると、『お金』以上に大切なことかも知れません。

 

 

最近、

 

 

世間一般多くの方々を見ていると、

『自分の頭で考える』『自分の目で見抜く』という行動が欠落しているように感じます。

 

 

例えば、

 

 

新聞でもテレビニュースでもネットでもなんでも良いです。

 

 

ある物事について、一面的に報道がなされると、

自分の頭でジャッジする間もなく、その情報そのままを『正しい』『真実』と思い込んでしまいます。

 

 

巷の読書ブームなんかにも乗っかって、

『多読』なるものも流行の兆しを見せていますよね。

 

 

そういった方々に多く見受けられるのが、

ただ単に、その本を『読んだか』『読んでいないか』で判断すること。

 

 

読書に限った話では無いですが、

 

 

日本人は一般的に『知識』を重んじる傾向があり、

その情報について『知っているか』『知らないか』で勝負している人が多過ぎます。

 

 

正直、そんなものは全く役に立たず、

 

 

仮に、私がある情報について概念を知らなくても、

その単語でネット検索すれば、書籍を読めば、一定レベルの『知識』は瞬時に得られてしまいます。

 

 

だから、

 

 

その情報を知っているとか、知らないとか、

その書籍を読んだことが有るとか、無いとか。

 

 

その映画を見たことあるとか、無いとか、

そのセミナーを寿王したことが有るとか、無いとか。

 

 

情報過多の今の時代においては、全く意味がありません。

 

 

『情報』が膨大に流れる今の時代において、最も大切なのは、

 

 

もちろん、様々な方向から『情報』を大量にインプットし、

それを自分の『頭』で考え、何が正しいか『眼』で見抜いて、自身の思考に『軸』を通すことです。

 

 

誤解を恐れずに言えば、

 

 

この『思考』することが出来ない大人を大量発生させたのは、

現代の『日本の学校教育』の大きな問題点です。

 

 

小学校から始まる、長期間の義務教育の中で、

 

 

『教科書に書いて有ること』『先生が言ったこと』に対して、

全く疑わず、それを暗記することを『良し』として来ました。

 

 

そして、

 

 

試験で問われることも、教科書に書かれ、授業で教えられた事。

求められた画一的な『答え』を出す人間が、『優秀』という評価基準。

 

 

その『情報』に対して、審議し、自身の考えを述べることは求められておらず、

最も大切な『思考』という行程は、日本の学校教育の中では、恐ろしく非効率な行動になります。

 

 

加えて、

 

 

日本人特有の『ムラ文化』も深く根ざしていて、

『人と違う行動を取ること』『人と違う考えを持つこと』に対して、

多くの方々が、ある種、拒絶のような感情さえ持ち合わせています。

 

 

このように、

 

 

子供の頃から長きに渡る『学校教育』と、『取り巻く環境』の影響もあり、

多くの日本人が、『思考』という最も大切な行動を放棄してしまいました。

 

 

先日、ある報道番組を見ていて、

とても『違和感』を覚える場面がありました。

 

 

大陸弾道間ミサイル『火星15号』の発射実験をした北朝鮮に対する報道で、

司会者はじめ、コメンテーターが画一的に次のような意見を述べた場面です。

 

 

『北朝鮮は、世界の脅威になりつつある。』

 

 

『世界各国が協力して、経済制裁をより強めるべきだ!』

 

 

『場合によっては、軍事制裁も辞さない覚悟で臨まないと!』

 

 

『このままでは、本当に米国との闘いが始まってしまうかも知れない。』

 

 

などなど。

 

 

決してこの番組だけの話でなく、

 

 

私たち日本国民はこれまでの人生における情報被曝の結果もあり、

『北朝鮮』という国に対して、マイナス感情を抱きやすくなっています。

 

 

『権力が極度に集中した独裁国家』

 

 

『日本人が拉致被害にあった野蛮な国』

 

 

『国民は貧困を極め、情報統制もされた貧しい国』

 

 

『世界中が、北朝鮮に対して敵視している』

 

 

このような『考え方』を持った人は、

読者の中にも多くいらっしゃるのでは無いでしょうか??

 

 

予めはっきりとお伝えしておくと、

私は当該国家に対して、『良い感情』も『悪い感情』も持っていません。

 

 

*自国の上空をミサイル通過させ、EZZ内に着弾させることに対して、

 常識的なレベル(防衛本能)の『怒り』の感情は持っていますが。

 

 

ただ、

 

 

日本国民のほとんどが、該当国に対して、

『マイナス』感情を刷り込まれていることに対しては、『大きな疑問』を感じています。

 

 

例えば、

 

 

日本国民は、北朝鮮という国を『世界の悪者』のように捉えていますが、

この国と国交を結ぶ国は、全世界192の国・地域の中で、実に『160』を超えています。

 

 

むしろ、

 

 

北朝鮮という国と国交を結んでいない国は、

日本、アメリカ等をはじめ『26(国と地域)』ほどしかありません。

 

 

『あれっ!?』と思いませんか??

 

 

実は、『国交のない国』の方が、

世界の中では思いっきり『マイノリティ(少数派)』というのが事実です。

 

 

もちろん、

 

 

『国交を結ぶ国』が相手国に対して不信感を抱いている訳がなく、

しっかり、『国家』と『国家』としてお付き合いを進めている訳です。

 

 

確かに、

 

 

米国がギャンギャン言っている現状ですので、世界各国もご機嫌取りで、

現時点は、北朝鮮に対して、ポーズとしての経済制裁をしているかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

多くの日本人が『情報』として抱いていた、

『北朝鮮は、世界の悪者』説は、この事実を知ることで、一瞬で崩れ去ってしまいます。

 

 

また、

 

 

この疑問は、私だけなのでしょうか??

 

 

小さい頃から抱いていた不明点なのですが、

 

 

いくら北朝鮮という国が『世界のならず者』国家だったとしても、

大国アメリカと張り合うだけの体力がどこに有るのだろうか??

 

 

油田があると言っても、大国・米国には確実に敵わない量です。

 

 

土地、人口、資源、経済、軍事レベル、国家間ネットワーク、

どの分野を取ってみても、米国と北朝鮮ではとてつもない差があるのは明らかです。

 

 

よく『子供と大人の喧嘩』と表現されますが、

本当のところを言えば、そんなレベルではないほどの『差』が両国にはあります。

 

 

米国が本気を出せば一瞬でねじ伏せらる小国を、

ここまで野放しにして、泳がせておく意味はどこにあるのでしょうか??

 

 

今回、話題になった『火星15号』も然り、

立て続けに爆破実験を繰り返す『核兵器』の技術も然り。

 

 

そのものを作る技術やノウハウ、そして経済力を、

北朝鮮という小国は、一体どこから得ているのでしょうか??

 

 

ここでは、『答え』は書きませんが、

自分の『頭』で考える習慣のある方々からしたら、簡単に見抜けてしまうことです。

 

 

特に、

 

 

テレビという媒体が顕著になってきていると思いますが、

今の日本に流れる情報は、『思考』を止めるものばかりになっています。

 

 

皆さん、自身の『頭』で考え、『眼』で見抜いていますか??

 

 

『情報』を鵜呑みにしているようでは、人生の『主導権』を放棄します。

 

 

『知っている』『知らない』で勝負するのではなく、

しっかり自分の『頭』をフル活用して、『思考』して生きて行きましょう(^_^)★

 

 

『自身の頭で考え、着実な資産形成をスタートしたい!』という方々には、

最適なセミナーを、今月12月26日(火)大阪・梅田にて開催します。

 

 

■12/26(火)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile