遂に、来年度予算案が『100兆円』を突破しました。

今日のテーマは、『遂に、来年度予算案が100兆円を突破しました』です。

 

 

2018年も、あと2週間ほどで終わってしまいますね。

 

 

今年はカレンダー的な巡り合わせもあまり良くなく(?)、

来週いっぱいまで、仕事がある方々も多いのではないでしょうか。

 

 

年末年始休暇が実感できるまでは、もう少し時間がありますね。

 

 

それでも、2018年、年の瀬迫る今日この頃。

 

 

そんな、『師走』も真っ只中の慌しい時期、

政府は、来年度(2019年度)『一般会計予算案』を発表しました。

 

 

結論から言うと、

 

 

『予算案』として、歳出合計金額『101兆円5000億円』。

 

 

金額が大きくなり過ぎて、ちょっとよく分からないですね(笑)

 

 

個人資産で言えば、『現金1億円』でも目の前にしたら迫力もの。

 

 

当たり前の算数問題ですが、その10000倍が『1兆円』という事になります。

 

 

今日取り上げている『予算案』については、

『現金1億円』の『10000倍』の『101倍』です。

 

 

、、、、、、、、余計、わかりにくいですね。

 

 

M-1での『かまいたち』の漫才のようなもので、

敢えて、『分りにくく』説明してみました(笑)

 

 

兎に角、

 

 

『とんでもなく巨大な金額』という事が、お分り頂けたら良いです(笑)

 

 

それで、

 

 

普段、注目していない人には基準が無いでしょうが、

この『100兆円超』の予算案、日本経済として、なかなか厳しい状況になっています。

 

 

少しずつ解説していくと、

 

 

『日本国』が1年間、国家として運営していく時、

その来年度の『ランニング・コスト』を決めるのが、

『一般会計予算』とお考え頂いたら結構です。

 

 

『国家』として運営していく中で、

 

 

あ私たちも、日々様々な『公共サービス』を利用していますし、

現役世代を引退したら、『年金』等の社会保障システムのお世話になります。

 

 

家計でも同じだと思いますが、計画を立てなければ、

無尽蔵にある財源を活用して、生活できる訳ではありません。

 

 

上記を総括して予算決めするのが『一般会計』で、

その総額が、来年度案は『101兆円』という金額を超えました。

 

 

取り敢えず、『支出』はその金額だという事ですね。

 

 

確かに、この金額は大きなものですが、

この数字だけでは、日本国の財政状況の善し・悪しは判断できません。

 

 

と言うのも、

 

 

もし『収入』がその金額を超えてふんだんにあるなら、

毎年、余剰キャッシュも積み上げられて、国家はどんどん富みます。

 

 

仮に、

 

 

『世界恐慌』のようなものが再来して、年金運用が低迷しようと、

『経済的体力』がある状態であれば、全く問題がない訳です。

 

 

では、国家の『収入』とは何でしょうか??

 

 

こちらは、シンプルに『税収』です。

 

 

2019年度、日本国の税収は『約62.5兆円』に上ると言われており、

『預金保険機構の資金繰入れ』等、税外収入は『約6.3兆円』あると考えられています。

 

 

両者を合計すると、総額で『約69兆円』ほどに落ち着きますね。

 

 

、、、、ここで、『ん??』と思えるかどうかです。

 

 

先ほどご紹介した通り、国家の歳出は『101兆円』あると言いました。

並列して描くと分りやすいですが、歳入は『約69兆円』と見込まれています。

 

 

成熟経済にある日本が、戦後復興ばりに経済成長する可能性は低いですから、

歳入『約69兆円』は、間違っても爆発的な伸びはありません。

 

 

それどころか、

 

 

来年10月の『消費増税』も見込んだ試算になっていますから、

もし、『国民消費』が想像以上に落ち込んだら、この数字を下回ります。

 

 

と言うことは、

 

 

まだ来年度が始まっていない段階から、

既に、ぶっちぎりの『赤字』になる予算案を組んでしまっているのです。

 

 

足らずの金額は、

 

 

最近、『お家芸』とさえ化してきている『新規国債発行』で、

民間金融機関にある『国民資産』を原資に購入して、乗り切ります。

 

 

この状況では、

 

 

『国家債務(日本国の借金)』は、増加し続けることはあっても、

減少に転じる可能性は、とても考えにくいですよね。

 

 

先ほど、少しだけ『言葉』が出ましたが、

 

 

『年金』始め『健康保険』『福祉サービス』等を賄う『社会保険料』も、

2015年度『30兆円』の大台を突破してからは、それが当然になり、

来年2019年度は『34兆円』に達するまで増大しました。

 

 

この分野に限れば、

 

 

『1年間で1兆円』という、驚愕のペースで歳出が増大しています。

 

 

今日の記事では詳しく書きませんが、

 

 

『人口ピラミッド』の長期的欠陥が存在する現在の日本では、

『社会保障費』が増大し続けることはあっても、今後、改善することは有り得ません。

 

 

そういった国に、私たちは生活しているのです。

 

 

昨年度(2018年3月)末を以って、

地方債を含めた『国家債務』の合計額は『1300兆円』に上ると言われています。

 

 

対して、

 

 

『国債』購入原資として、現在絶賛活用中の『国民資産』は、

合計『1800兆円』に迫るほどで、ネット・キャッシュは『400兆円』そこそこです。

 

 

来年度、

 

 

予算案時点で、見込まれている『新発国債』は『約33兆円』ですが、

これは、補正予算も含めて、概算で『約40兆円』程まで増大します。

 

 

上記総合して考えると、

 

 

このままのペースで消費し続けたら、原資が枯渇する10年以内、

日本経済は、大きな『』ターニング・ポイント』を迎えることが分かりますね。

 

 

今日、私が述べたことは、知っている人達には『当たり前』過ぎる事です。

 

 

世間全体に『1%未満』で存在するセンシティブな方々は、

当然、そのことを早くから見越して、着々と準備を進めています。

 

 

果たして、あなたは『経済的』な準備が出来ているでしょうか??

 

 

奇しくも、昨日と同じ結びになりますが、

 

 

『国民一人一人が、自立・独立して資産形成する時代』は、

間違いなく、今、私たちの眼の前にやって来ているのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile