金融庁・日銀主導『ストレス・テスト』、隠された『真意』とは??

今日のテーマは、『金融庁・日銀主導ストレス・テスト、隠された真意とは??』です。

 

 

クリスマスですね。

 

 

相変わらず、『仕事』に明け暮れています(笑)

 

 

2015年元旦に始動した『井上耕太事務所』も、

本年12月31日を以て、設立以来『丸5年間』が経過したことになります。

 

 

長かったような、一瞬だったような、複雑な想いです。

 

 

1つだけ確かなことは、

 

 

設立・始動当初、ここまで来られる明確なイメージは何もなく、

本当に、想像を遥かに超える展開を見せて、多くの『人』に支えられたという事。

 

 

なかなか、きちんとお伝えする機会も無いのですが、

これまで関わって頂いた方々に、心より御礼申し上げたいと思います。

 

 

普段、

 

 

日々、慌ただしく活動し続けていますが、年末年始のこの時期は、

少し、自分自身について、振り返って考える機会も増えてきます。

 

 

国立神戸大学を卒業後、東証一部上場の製薬会社に入社。

 

 

日頃、

 

 

公式ブログでは『一生安泰は存在しない』と述べていますが、

それでも、当時は、そこそこ安定した雇用と収入を確保していたと思います(笑)

 

 

業界的に、

 

 

薬局経営で独立を検討する人間は、比較的多く存在すると思いますが、

私自身、全く関係無いように思われる『独立系FP事務所』を開設して起業。

 

 

ちょうど、『30歳』の節目を迎える時でした。

 

 

直接、繋がりのある方々は、『井上耕太』に対して、

いつも自信満々なイメージを持たれていると思いますが、

正直、飛び出す当初は、かなりの『勇気』が必要でした。

 

 

それでも、

 

 

前述した、短期的視点でも『安定』した雇用・収入を完全に捨てて、

独立・起業に踏み切ったのには、『明確な理由』が存在しています。

 

 

それは、

 

 

『井上耕太』が発信する情報で、1人でも多くの方々に、

自助努力で『資産形成』し、人生の『主導権』を取り戻す勇気を抱いて頂く為。

 

 

また、

 

 

私自身が得た、アドバンテージあるポジション・人間関係を有効活用する事で、

『アクションを起こしたい!』と決断された方々に、『具体的方法』を情報提供する為です。

 

 

その結果、

 

 

『井上耕太』が起点となり、『経済的自由』を達成して、

『自由』を獲得して、『才能』を発揮して生きる仲間が増えていけば最高ですね。

 

 

ただ、

 

 

始動当初は『絵空事』のように思えた、上記の設立理念も、

『5年間』の活動期間を通して、確実に『実現』へと向かって動き続けています。

 

 

これからも、この『良い波動』をどんどん増幅出来るよう、

『信念』を持って、活動継続していきたいと考えています。

 

 

久しぶりに、長い『前置き』になりました(笑)

 

 

時間も無いので、早速、本題に入りますね。

 

 

今年の秋頃、日本国内の金融機関(銀行)において、

『海外送金』が急激に難しくなっている(場合によって不可)事をご紹介しました。

 

 

基本的に、

 

 

日常生活で『海外送金』など経験する方々は少数派なので、

この情報は、大半の方々にとっては、自身とリンクし難い情報でしたよね。

 

 

この時(前回紹介時)、

 

 

持論としては、『海外送金』を抑制する事で、『現金』の海外流出を阻止し、

来る2024年『紙幣刷新』というベントの為、準備を整えていると展開しました。

 

 

これは、恐らく、間違っていないと思います。

 

 

数十年間に渡る『古き良き時代』の経験から、

日本国民は、完全に『平和ボケ』に陥ってしまいました。

 

 

海外諸国から『驚愕』されてしまう国民性としては、

1つに、『国家』という巨大システムに対する『全幅の信頼(忠誠心?)』です。

 

 

80年程前、

 

 

情報統制により『第二次世界大戦』に突き進み、

歴史に残る大敗戦時には、そのツケを一身に背負わされたにも関わらず、

もう既に、その『事実』を忘れ去り、『信頼』を置いてしまっています。

 

 

これは、

 

 

『世界スタンダード』から考えれば、とても『異質』なことで、

ここまで、『国家』というシステムを信頼し切っている国民は、他に居ません。

 

 

海外諸国では、

 

 

勿論、『社会保障』等の恩恵は、順当に享受しながらも、

『国家』とは少し距離をとり、『客観的視点』で関わる方々が多い印象を受けます。

 

 

話が逸れたので、急激に戻します(笑)

 

 

以前にもご紹介した『海外送金抑制』の流れですが、

この件について、少し前に、興味を引く報道が出てきているのに気付きました。

 

 

『金融庁・日本銀行主導で、邦銀のストレス・テストを共同実施』

 

 

表向き、

 

 

超低金利時代、その利益追求の場を『海外』にシフトしつつある邦銀の、

『財務健全性』『海外発リスクの影響調査』を、金融庁・日銀主導で展開する、と。

 

 

対象となるのは、

 

 

『3メガバンク(UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)』に加えて、

『三井住友トラスト・ホールディングス』『農林中央金庫』になる予定です。

 

 

これまで、

 

 

『海外発リスク』に対しては、各金融機関ごとの『想定』『対策』に委ねましたが、

来年以降、両者(金融庁・日銀)介入の上、『共通対策シナリオ』作成の予定です。

 

 

現時点で、

 

 

上記対象となる金融機関は、それぞれ『財務健全性』を保っており、

2020年半ばまでの検証結果により、『資本積増し』等の措置は考えていません。

 

 

ただ、

 

 

これを機に、金融庁・日本銀行は、邦銀に対する監視制度を高めていき、

『金融危機時の金融システム安定性向上』を大命題に、介入を強めていく想定です。

 

 

一見、

 

 

『金融危機時の金融システム安定性向上』と聞くと、メリットに思えますが、

個人的に、監視制度を高める事での、『国民資産監視』を強める事が真意と見ます。

 

 

何と言っても、

 

 

『日本国』は、累積債務の『対GDP比』が主要国間では突出して高く、

その『債務返済』の具体的解決策については、『正攻法』は見当たっていませんから。

 

 

2019年、令和初のクリスマス。

 

 

街には『幸せムード』が充満していると思いますが、

そのような『不穏な動き』がある事も、しっかり把握しておかなければなりません。

 

 

それでは皆さん、良いクリスマスをお過ごしください(^ ^)

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile