金融業界に蔓延する『不可解な慣例』。

今日のテーマは、『金融業界に蔓延する不可解な慣例』です。

 

 

『第100回記念大会』という節目以上に、

様々な『注目ポイント』が目白押しだった甲子園大会が終わって2日。

 

 

依然、『金足農業フィーバー』は継続中で、

エース吉田投手の進路を巡り、早くもメディアは盛り上がっています。

 

 

また、

 

 

史上初となる『2度目の春夏連覇』を達成した大阪桐蔭も、

『ドラフト指名候補:6名』『1位指名候補:3名』と、

驚愕すべき話題性を持って連日取り上げられている状況。

 

 

甲子園大会が終わってまだ2日ですが、

2ヶ月後のドラフト会議を見据えて、早くもメディアを中心に騒がしくなってきました。

 

 

このように、

 

 

例年以上に大盛り上がりだった『高校野球選手権大会』ですが、

その後ろで、負けず劣らず、ここ1ヶ月は金融業界もニュースが目白押しでした。

 

 

その中でも、

 

 

断トツのトップニュースは、現在も連日報道される、

『不適切融資』が常態化していた『スルガ銀行問題』ですよね。

 

 

東証では、

 

 

昨日は『ストップ安』、今日も『10%値下がり』で取引を終えており、

事態が収束していない事を見ると、ここが『底』では決してありません。

 

 

その話題は明日以降に詳しく触れるとして、

 

 

実は、『ビッグニュース』の陰に隠れて、

『スルガ銀行』ではもう1つ、8月に入ってから『不祥事』が報道されていました。

 

 

それは、

 

 

『スルガ銀行員、顧客の預金を1億6500万円流用』

 

 

事の経緯としては、

 

 

本店営業部勤務の40歳男性行員が、2015年4月から今年2018年6月にかけて、

顧客3人の定期預金合計『約1億6500万円』を不正解約し、流用していたというもの。

 

 

当然、

 

 

該当社員は、事件発覚直後の今月8月13日付で『懲戒解雇』されています。

 

 

流用された資金は、担当する取引先への融資金として使われており、

事務手続きの不手際で、約束期限までの融資が遅れる事を恐れた結果、移した行動です。

 

 

同銀が送付した書面を確認した顧客の一人が、

自身の預金残高が減っていることに気付き、本店に問い合わせた事で事件が発覚。

 

 

その後、内部調査を進めたところ、

該当行員が顧客3人の定期預金を不正解約していたことが判明し明るみに出ました。

 

 

個人的には、

 

 

『私的流用』ではなかっただけでもマシな事例だと感じていますが、

業務上の『過失』を隠蔽する為、該当行員が負った『リスク』は、

『ベネフィット』に対してあまりにも大き過ぎたと感じています。

 

 

『当然』と言えば、『当然』の話かも知れませんが、

該当行員は、前述の通り『懲戒免職』された上、『刑事告訴』も検討されています。

 

 

そして、

 

 

同様の事例は立て続けに起こり、今度は、

『京都』を代表する地銀である『京都銀行』においても不祥事は勃発しました。

 

 

こちらは、

 

 

西山科支店に勤務していた30代の男性行員が、

顧客11人の口座から合計『5634万円』もの資金を『着服』。

 

 

預金額や投資信託等の運用額の変化に気付いた顧客から、

同行へ問い合わせがある形で事件が発覚。

 

 

『着服』した資金については、『飲食代などに使った』と述べているようで、

個人的見解では、『スルガ銀行』の事例より、圧倒的にタチが悪いですよね。

 

 

もちろん、

 

 

こちらの行員も今月8月13日付(奇しくも同じ日)で『懲戒解雇』されてますが、

『着服』した資金については全額返済しているので(*)『刑事告訴』は免れるようです。

 

 

*そもそも、『5000万円』を超える資金を『着服』する人間が、

 その全額を『返済する能力』を持っていたかは大変疑わしいです。

 

 

*個人的には、『大事』になる事を恐れた金融機関サイドが、

 裏で肩代わり等して、ブランドイメージを凋落を最小限に留めたと見ています。

 

 

*『金融機関』という枠を超えて行えば『窃盗』にあたる行為を、

 『全額返済したから』という理由で『刑事告訴』しない事も不可解ですよね。

 

 

このように、

 

 

様々な『大きなニュース』に紛れて、

常識的に考えたら『有り得ないニュース』が、今月(2018年8月)は連続していました。

 

 

いつもこのような事例が勃発した時、

 

 

私が『不可解な慣例だな』と感じるのは、

『該当行員について、実名報道が全く為されない』というポイントです。

 

 

今回の事例も、

 

 

『スルガ銀行』においては『40歳の男性行員』、

『京都銀行』においては『30代男性行員』とだけ報道されており、

大きな罪を犯したにも関わらず、『個人情報』は制限されています。

 

 

この点に『違和感』を感じるのは、私だけでしょうか??

 

 

*もちろん、業界内部では実名は知れ渡っていると考えます。

 

 

*一度でも、そのような『大罪』を犯した人物を、

 他の金融機関が雇用してしまう『リスク』を回避するための情報共有です。

 

 

地方都市の方々は実感持っていただけると思いますが、

地方都市における『地銀さん』は、地元住民から絶大なる信頼を得ています。

 

 

私の地元・岡山県にも、

 

 

世界的なメガバンク『Bank of China』ではない『中国銀行』が有りますが、

岡山県民のほとんどは、『中国銀行』が都市銀行だと本気で考えています。

 

 

地元では『中銀さん』で親しまれていますが、

そのような事例は、全国でも同様に存在しているのではないでしょうか。

 

 

そして、

 

 

これらの報道のような『流用』『着服』では無いにせよ、

相手を信頼し過ぎてしまった故に、『合法的悲劇』も相当数起こっていると想像します。

(*手数料ビジネスの術中にはまった、投資信託・債権等の販売がそれです。)

 

 

私たちが意識しなければいけないのは、

相手も『人』で有り、それが故『誘惑』にも揺らぐので、信用し過ぎてはいけないという事。

 

 

常に『フラット』な視点を保ち続けながら、

『金融機関』とも『冷静に』お付き合いしていくことが大切だと考えます。

 

 

その為にも、日々、自身の『金融リテラシー』を向上させることはとても重要です。

 

 

『金融リテラシーを向上させ、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(月)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile