阪急電鉄の『中吊り広告』が、炎上したことに対する私見。

今日のテーマは、『阪急電鉄の中吊り広告が、炎上したことに対する私見』です。

 

 

昨日、一昨日と、阪急電鉄の『中吊り広告』が世間を賑わしていますね。

 

 

これは、

 

 

『働く人を勇気づける言葉の企画』として、

某コンサルティング会社と阪急電鉄が、審議して選んだもののようです。

 

 

キャッチコピーは『全80種類』有るそうですが、

その中に、今回、一際『世間』の反感を買ったものがあるようです(笑)

 

 

それが、次のフレーズです。

 

 

『毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、

 30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。』(*原文ママ)

 

 

どこかの『自己啓発本』か何かにも、出て来そうですね(笑)

 

 

この手の『question』には見慣れてしまっている事もあり、

正直、最初に見た際は、なぜ『炎上』しているのか分かりませんでした。

 

 

そういった点、私自身も、『世間一般』の感覚とはズレてしまっていますね(笑)

 

 

このフレーズを批判している方々の『ご意見』として、

紹介されているものには、主として次のような『声』があるのだとか。

 

 

『月収の基準が、(世間一般とは)ズレている。』

 

 

『(月収50万円というのは)高級住宅地のある阪急沿線の金銭感覚だ。』

 

 

『そもそも、現時点で月収30万円もらっていない。』

 

 

『生き甲斐を前面に出されても、リアリティが持てない。』

 

 

などなど。

 

 

ほう(笑)

 

 

『当事者』では無いですが、私も『民意』は受け止めました。

 

 

普段、

 

 

(金融機関に所属しない)独立系ファイナンシャル・プランナーとして、

多くの方々の、『ライフプラン提案業務』に関わらせて頂いています。

 

 

その中で、

 

 

会社員、自営業者、会社経営者、リタイアされた方々等、

『社会的立場』としても、様々なステージの方々に接している自負はあります。

 

 

当然、

 

 

『世間一般』の大多数を占める『会社員』の方々もいらっしゃる訳で、私も、

『月収30万円(*)』が、簡単な基準では無い事も理解しているつもりです。

(*恐らく、『手取り』の意味。『額面』支給で月40万円程でしょうか。)

 

 

ただ、

 

 

今回、阪急電鉄が掲載した『中吊り広告』が批判を集めてしまったのは、

個人的には、『金額の問題では無いのではないか??』と考えています。

 

 

そもそも、

 

 

『金銭感覚が阪急沿線のものだ!』という声もありましたが、

乗車する方々が同様の感覚を持っているなら、全く問題になりません。

 

 

関西の方々は分かるでしょうが、

他の『声』が指摘しているように、『阪急沿線』にお住いの方々の所得は高いです。

 

 

私自身、

 

 

大学時代の4年間は、神戸市の『山の手』で過ごし、実際に見て来ましたが、

阪急沿線から上側は、『会社員』では建てられないレベルの豪邸が続きます。

 

 

これが、

 

 

『神戸市』から『芦屋市』『西宮市』『宝塚市』『川西市』等へと続きますから、

『人口規模』では表しきれない、『阪神間』のポテンシャルの高さを感じます。

 

 

それで、

 

 

当然の話、『中吊り広告』は阪急電鉄の車内に掲載されている訳ですから、

『月収30万円』に対する評価が同じ人が見ても、批判は起こり得ません。

 

 

今回、

 

 

批判をしている方々は、恐らく、『阪急沿線』以外の方々でしょうから、

そもそも、『目にしない』のだから、批判する必要性すら無いと考えます。

 

 

例えば、

 

 

遠く離れた異国の地・ボリビアで起こった汚職事件(*)に対して、

私たち『日本国民』が、まったく腹立たしく感じない事と同義です。

*1つの例です。実際にボリビアで『汚職事件』が起こっているかは知りません。

 

 

人間というのは、

 

 

『自分に関係のあるもの』に対しては、善くも・悪くも『強い感情』を抱きますが、

『関係ないもの』『興味のないもの』に対しては、『無関心』な反応を示します。

 

 

そう考えると、

 

 

自身に関係のない『阪急沿線』の感覚など無視すれば良い話で、

わざわざ『遠征』してまで、『批判』する必要性は無いはずです。

 

 

もう1つ例を挙げれば、

 

 

世界中で、想像を超えるレベルで『お金』を稼ぐ人たちは存在する訳で、

私たちは、そういった方々に対して、いちいち『嫉妬』をする事も無い。

 

 

この辺り、『自分とは違う世界のこと』として、

とても良い意味で『割り切って』考えるように出来ています。

 

 

それでは何故、今回、炎上騒ぎになっているのか??

 

 

それは、

 

 

現在、得られている『収入金額』如何とは別の話として、多くの方々が、

『ライフワーク』という概念とはほど遠い人生を生きている事に由来します。

 

 

小学校から大学修了まで、

 

 

多くの方々が『16年間』以上もの間、『受け身』の勉強に慣れてしまい、

社会に出てからも、人生自体を『受け身』で生きる事に慣れ切っています。

 

 

日本の学校教育において、

 

 

それを通して獲得する、最も優れた能力は『忍耐力』ですから、

『指示されたこと』『決められたこと』を、忠実に実行する人間が求められます。

 

 

私自身、

 

 

『会社員』という職業を『7年半』経験したことがありますが、

もしも、『終身雇用』を期待して、『受け身』でこの期間を過ごしていたら、

きっと、30歳で独立を迎える時点では、確実に『思考停止』していました。

 

 

実際はそうではなく、

 

 

『30歳』を迎えた時点での独立・起業を目指していたので、

多くの方々と比較して、非常に『濃密』な20代を過ごした事になります。

 

 

『会社員』という立場を経験していたからこそ、現在、

『ライフワーク』に生きて、得られる『自由』に対しては『格別』に感じます。

 

 

勿論、

 

 

『権利』と『義務』、『自由』と『責任』は共存するものですが、

人生の『主導権』を握っている今の感覚は、自身の価値観の中で最重要なものです。

 

 

『収入の大小』という問題よりは、『生きるステージ』の問題ですね。

 

 

このワードも炎上しそうな要素満載ですが(笑)、

『カースト』のような階級(立場)の違いが、そこには存在していると考えます。

 

 

今回、

 

 

阪急電車の『中吊り広告』のフレーズが炎上した理由は、私見では、

『生きるステージ』の違いによる、我慢して生きている方々の『嫉妬』です。

 

 

自分自身も、『我慢』して生きる事に慣れ切ってしまい、

自身の周りの人間も、同様のステージで、同じ感覚の人間しか存在しない。

 

 

このような環境では、

 

 

『自由に生きられる!』『ライフワークに生きる!』という感覚すら、

そもそも、持ち得ることが出来なくなるのでは無いでしょうか??

 

 

そんな時、

 

 

いきなり『生き甲斐』を優先して、仕事をして生きられる!という人間が出て来た。

自分にとっては『異次元の世界』の事が目の前に出て来て、ある種パニック!(笑)

 

 

その結果が、今回の『批判』に繋がっているのだと考えます。

 

 

勿論、

 

 

何も『準備』せずに達成することは不可能ですが、

『ライフワーク』に生きることは、あなたが本気であれば、必ず出来ます。

 

 

その事をしっかりと理解して、その最初のステップとして、

『資産形成』をスタートして、『経済的基盤』を盤石にして頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮6月27日(木)、大阪・梅田6月28日(金)の日程で開催します。

 

 

■2019年6月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年6月28日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile