2020年、日本国の『歳出総額』を知っていますか??

今日のテーマは、『2020年、日本国の歳出総額を知っていますか??』です。

 

 

先日、

 

 

2020年度の『第二次補正予算』が、

参院本会議の場で可決・成立しました。

 

 

某公共放送局において、国会中継も連日絶賛開催中なので、

ご覧になられている方々も、多くいらっしゃると思います。

 

 

また、

 

 

メスメディア等も大きく報道しているので、

当然、どこかで耳に入れられていますよね。

 

 

ただ、

 

 

恐らく、多くの日本人にとって『他人事』であり、

そのインパクト(影響力)の大きさについては、

『まったく伝わり切っていない感』が否めません。

 

 

その証拠に、

 

 

未だに、芸能人の『ゲス不倫報道』が先行して報道されて、

『国家財政』という重要事が、軽視される風潮が有ります。

 

 

皆さん、『前者』については、良くご存知ですよね(笑)

 

 

学生時代に行った『小テスト』などをして頂いたら、

『100点』を連発する方も多くいると想像します。

 

 

しかし、

 

 

本当に大切なことは、前述させて頂いた文章の『後者』であり、

日本国の『国家財政』が、大きな岐路に立たされている事です。

 

 

因みに、タイトル通りの質問をさせて頂きたい。

 

 

2020年、日本国の『歳出総額』を知っていますか??

 

 

いや、

 

 

むしろ、そもそもの『基準値』となる、

直近の『日本国:歳出総額』を知っているでしょうか??

 

 

この質問に対して、

 

 

普段から、多くの方々と接する機会のある肌感覚として、

即座に回答できる方々の正答率は、『10%未満』です。

 

 

確かに、

 

 

『日本国民』全員が、ネバーランドの住人で『子供』であるなら、

この質問に対して『皆目見当も付かない』のも仕方ないでしょう。

 

 

私自身、

 

 

幼少期は、自身の家庭の『経済状況』に始まり、

他人の家庭のそれや、増して、国家全体など興味すら抱きませんでした。

 

 

その頃は、

 

 

『経済』という概念すら有ったかどうかも疑わしく、

ただ単純に、大好きな『野球』を追い求めていた記憶のみです。

 

 

しかし、

 

 

36歳を迎えて、立派(?)な『大人』になった今、

『お金』という概念を全て、すっ飛ばして考える訳にはいきません。

 

 

私たちは、

 

 

『現在資本主義』に生きる以上、霞を食べては生きていけず、

日々、『お金(数字)』の存在を実感しながら生きています。

 

 

話を戻すと、

 

 

当然、私たちが居住する日本国の『国家財政』も、

その身の振り方により、私たちに『大きな影響』を与えます。

 

 

にも関わらず、

 

 

独自肌感覚の試算ですが、9割超の国民がそれを無視する社会は、

個人的には、まさに『異常事態』とも言える世界だと思うのです。

 

 

コア読者の方々は即答出来ますが、

 

 

近年、日本国の『一般会計予算』は年間100兆円を超えており、

対して、歳入の大部分を占める税収は『60兆円』に留まります。

 

 

つまり、

 

 

毎年毎年、『年間40兆円』ペースの借金体質が染み付いた事で、

『1000兆円』を遥かに超える債務を積み上げてしまいました。

 

 

当然、

 

 

対GDP(国内総生産)比『200%』の基準値を、遥かに超えます。

 

 

因みに、

 

 

これまで、この基準値(対GDP比200%)の累積債務を超えて、

無事に済んだ国家は、海外諸国を含めても、存在していません。

 

 

日本国が、『史上初』を達成することを、願うばかりです。

 

 

しかし、

 

 

その僅かな望みも、今回の『コロナ危機』で簡単に打ち砕かれ、

国民・事業者・企業に対する『経済支援』の必要性から、

2020年度の『歳出』は、どんどん、膨張を続けています。

 

 

前述、

 

 

例年の『一般会計予算:100兆円』ほどとお伝えしましたが、

この数字も、年々『過去最高』を更新し、財政圧迫しています。

 

 

そこに、

 

 

本年度は『第一次補正予算』『第二次補正予算』が加わり、

遂に、歳出総額は『年間160兆円』に達してしまいました。

 

 

当然の話、

 

 

歳入である『税収』は、年間60兆円を切ると予想されるので、

今年度だけで、『100兆円』規模の国家債務が発行されます。

 

 

勿論、『返すあて』は、存在しません。

 

 

ご存知の通り、

 

 

『第一次補正予算』『第二次補正予算』共、

その全額を、国債発行で賄われる訳ですが、

原資を突き詰めれば、国民資産に行き着きます。

 

 

2020年現在、

 

 

それ(原資)は『1900兆円』規模で存在すると想像されますが、

それが枯渇するまで、日本国は、国債発行出来ると言われています。

 

 

ただ、

 

 

既に、食い尽くしているものも『1000兆円』規模存在する為、

日本国の『デッド・ライン』は『遠い未来の話』では有りません。

 

 

繰り返しますが、

 

 

ここに来ての、単年『100兆円』を超える国債発行は、まずい。

 

 

もしも、

 

 

先日ご紹介した『2020:東京五輪』開催中止が正式決定したら、

いよいよ、日本国の『ヤバさ』は加速していくことが予想されます。

 

 

更に、

 

 

2024年には、謎の『紙幣刷新』イベントが開催されます。

 

 

『キャッシュ・レス化』が進む現代で、

何故、そのイベントが必要なのかは、今の時点でも不明です。

 

 

私見では、このイベントを挟んで、『有事』が起こると踏んでいます。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の問題もありますが、第二次世界大戦後、

最もエキサイティングな時代を、私達は生きることになりそうです。

 

 

『何もしない』か『危機に備える』かは、

国民一人一人の選択に、任されていると感じています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile